福井の食 美味しいランチ

福井の食べ物についてのブログです

パンクロック

ランチの掲示を見て「パンクロック」に入りました。
子供連れに優しいお店というという事らしく、子供連れのために個室があるようです。
入口のところに、ランチメニューが掲示されていて、季節野菜のミネストローネ800円、でか海老アビーショ850円、越前クラムチャウダー900円って事でした。
店内に入るとパンクロックがかかっている訳ではなく、お客が1人もいないように見えました。
一瞬、カウンター席しか目に入らなかったので、カウンター席に座りました。
メニューが置いてあったので、店員が来たのでミネストローネを指さしてこれって注文しました。掲示には書いてなかったのですが、メニューには税抜きになっていました。つまり季節野菜のミネストローネ864円を注文しました。
メニューを改めてみると、「お好きなドリンク+800円」でお好きなドリンク+季節野菜のミネストローネ+本日のパン2種になっていました。ちなみにドリンクは一番安いので400円(税抜き)です。ランチでドリンク432円も出して食事する気は無かったのですが、特に何も言われなかったので、別に飲み物は頼まなくても良いのかなと思っていました。
しばらく待っていましたが、水が出される気配は全くありませんでした。
店内を見まわすと、大人用のブースがあってテーブルがいくつかありましたが、お客はいないようでした。
子ども泣く声が聞こえていたので、子供連れのお客は来ていたようです。
料理を待っている間に、子供(というより赤ちゃん)連れのお客が入ってきたのですが、席が空いていないと言われ帰って行きました。その後も赤ちゃん連れのお客が数人訪れていましたが席がないということで帰って行きました。
パンクロックは赤ちゃん連れに人気のあるお店のようで、子供連れのための個室は予約して行かないとなかなか空いていないようです。
27分も待たされて、季節野菜のミネストローネと野菜サラダとハード系のパンとソフト系のパンが出されました。
その時に初めて、水はセルフになっていますと言われました。何の説明もなく注文して27分待たされて、水はセルフとの説明でもないと思うんだけど・・・・
パンは別に可もなく不可もなく普通のパンです。サラダも特に工夫も感じられない普通のサラダで、季節野菜のミネストローネは量は少なく、不味くは無いけど美味しくもない特徴のない料理でした。

食事を終えて注文控えを持ってレジに行くと、ドリンクの入力が無いんですけどって言われました。飲み物は飲んでいないんですけどと言うと、怪訝そうな顔をして奥の方に行って相談していたようです。
ランチはドリンク付きが当たり前みたいなシステムになっているようです。
結局、ドリンク無しの価格のまま清算されました。
なんかいい気はしませんでした。

食事もパッとしないし、客応対も良くないし、ドリンク付きにすると値段も高いし、久しぶりに入らなければ良かったと感じたお店でした。

pank.jpg

パンクロックの場所はこちら  福井県福井市学園2丁目1−15

越麺屋

2018年10月23日

越麺屋に再訪しました。
なんかメニューが変わって、料理の種類が減ったようでした。食事した時のコーヒーもサービス価格で無くなったようです。
今日はラクサ(シンガポール風ココナッツカレー麺)大盛853円を頼みました。
フォーに野菜と茹で卵と油揚げを入れて、少しカレー風味を加えたような感じです。麺は塊のまま放り込んだ感じで、最初にほぐしてから食べました。パクチーを大量に入れて、唐辛子も加えて食べました。
美味しかったのですが、ココナッツカレー感があまりなく、ちょっと期待はずれでした。
やっぱり越麺屋ではフォーを食べるのが正解かな

etumenya3.jpg
etumenya4.jpg

2018年9月11日

今日は、2軒のお店で空振りして越麺屋に再訪しました。
今日は、シェフのおすすめのランチ951円を注文しました。
ご飯を白米と雑穀米を選べたので雑穀米を頼みました。大盛を選べたので大盛を頼みました。
シェフのおすすめのランチには、ビーフシチュー、雑穀米、漬物、ニンジンの煮物ゴマかけ、デザートのクレープ、刻みキャベツが中心の野菜サラダが付いていました。

ビーフシチューはトマト味が強かったのは個人的にはマイナスポイントですが、味付けも良く美味しかったです。牛肉の柔らかさはポイントアップでした。
野菜サラダのドレッシングは3種類ありましたが、入り口近くまで行ってかけてこないといけません。ちょっと面倒かな・・・ でも野菜の新鮮さは十分感じられ美味しかったです。さすがに野菜の直売所だけの事はあります。
ニンジンの煮物ゴマかけも美味しかったです。キュウリの漬物も美味しかったです。野菜に対する愛情が感じられます。
雑穀米は大盛ですが、量的には控えめに感じました。普通盛だとかなり少量かと思われます。最初から味付けがしてあって美味しく食べられました。
味噌汁は、かなり塩っぱくて残念でした。
デザートのクレープも美味しかったです。
これで951円は本来は充分満足なのですが、エスニック系を期待してたので、ちょっとがっかりしました。
他にも食べたい料理があるので再訪すると思います。

etumenya2.jpg

2018年6月19日

ベトナム料理を食べられるお店があるというので越麺屋に行ってきました。
カーナビに登録して行ったのですが、近づくに従って、一度行った事がある場所ではないかという気がしてきました。
以前は「食と農 Agri Style ほやほや」というお店だったところでした。
地元の農産物やパンなどの加工品の直売所に併設された食堂です。
入口のところに本日のメニューが掲示されていました。
以前と食堂と販売の位置関係ががらっと変わっているような気がしました。食堂は直売所のずっと奥に位置していて、ちょっと分かりづらいです。
1人だと言うと、カウンター席か2人掛けの席でお願いしますと言われました。
禁煙のようだったので安心してカウンター席に座りました。
すぐに冷たいお茶と紙のおしぼりを持ってきてくれました。

メニューを見ると、シェフのおすすめのランチ951円、ブンチョン(ベトナム式汁なしまぜ麺)691円、ラクサ(シンガポール風ココナッツカレー麺)745円、ブンチャー(ベトナム風冷やしつけ麺)853円、ガーブロール(ラオス風肉そぼろ)1296円、ピザランチ950円、ワンプレートランチ842円、鶏フォー432円、牛フォー540円、鶏フォーまかない丼セット734円、牛フォーまかない丼セット842円などがありました。食事した時のコーヒー(おかわり自由)は130円です。
価格は、撮った写真が不鮮明で、間違っているところもあるかもしれません。
メニューは固定化されていなくて、季節ごとに変わるようです。

食べたいものが、いっぱいあって悩みましたが、鶏フォーまかない丼セットのフォー大盛842円を注文しました。
それほど待たなく鶏フォーまかない丼セットが出されました。
鶏フォーまかない丼セットには、鶏フォーとそぼろの丼が付いていました。パクチーは好きなだけ取っても大丈夫なので、たくさん小皿に乗せてきましたし追加もしました。
フォーは食べ方の説明書も置いてありました。
最初に、そのまま飲んでみて、好みによりレモン汁と唐辛子を加えて、最後にチリソースをかけて食べました。パクチーもいっぱい加えました。
とても美味しかったのですが、ヌクマム(ベトナム風醤油)が置いてなかったのは残念でした。
そぼろの丼もパクチーをたっぷり加えて食べました。
パンの試食もあったので、少しいただきました。
エスニック感いっぱいで、とても楽しめました。

他にも、食べたいものがいっぱいあったので、また行きたいと思いました。
完全に、はまってしまいました。

レジは食堂で無く、オーダー票を物産直売所のレジに持って行って生産する方式になっていました。

途中で気づいたのですが、越麵屋ってベトナムの麺(フォー)のお店っていう意味なんですね。

エンゼルランドに越麵屋の支店が出来たと掲示されていたので、ネットで調べたのですが、フォーはあるけどエスニック料理の種類が少ないようです。

etumenya.jpg

越麺屋の場所はこちら   福井県福井市黒丸町14−48-1

クマゴローカフェ

今日は、クマゴローカフェに入りました。
クマゴローカフェは自分たちでDIYリフォームして開店したということで興味がありました。
ちょっと早めの時間に行ったのですが、店頭に飲み物のメニューしか掲示してなかったので、ランチやってますかと聞いたら、やってますということだったので、入りました。
ネット(ブログだったかな?)に掲載された画像を見ると、結構綺麗に見えて、凄いなあと感心したのですが、実際に見ると、かなりラフな感じでした。完成感は全く無かったのですが、この感覚を狙っていたのかもしれません。
お客はまだいなかったのですが、店内に入ると、お好きな席にどうぞと言われました。
カウンター席もあるようですが、座れるように準備して無かったようなので、中くらいの大きさのテーブル席に座りました。
すぐに、水と、ランチのメニューが書かれた掲示板を持ってきました。いろんな料理が書かれていたので、その中から選ぶのかなと思ったら、その料理が全部ついているということでした。
手羽先の甘辛揚げ、レタスと大根と水菜のサラダ、糸瓜(へちま)のグラタンwithスパイス塩、冷たい半田麺 大分かぼす添え、切り干し大根の揚げさん煮、まんまるファームさんの新米ごはん、オテシオ特製シソの実の佃煮、梨のピクルスが付いて1000円です。

それほど待たずに、今日のランチが出されました。
手羽先の甘辛揚げが冷たかったのと、サラダのドレッシングが少なくて味がついている部分がほとんど無かったのと、御飯の量が控えめなのは残念でしたが、手間をかけて工夫をしているのは感じました。

お客さんは、それなりに入ってきてました。

確か看板をDIYで設置したとネットで見たのですが、無くなっていました。先日の台風で壊れたのかなあ?

kumagoro.jpg

クマゴローカフェの場所はこちら   福井県福井市中央1丁目22−7

旬菜

今日は、旬菜に行きました。
旬菜はJAが運営している野菜中心のバイキングレストランで、以前から行ってみたかったのですが、やっと行くことができました。
PLANT3に隣接していますが、福井中心街からは20分程度離れたところにあります。
夏休みという事もあって、旬菜には子供連れが結構入っていました。
最初に料金(大人は1200円、子供800円、幼児500円、70歳以上1000円)を支払って60分食べ放題というシステムになっています。最初に週替わりの肉料理か魚料理のメイン料理を選びます。
肉料理は豚バラ冷しゃぶサラダ、魚料理は白身魚のトマトソース煮でした。
豚バラ冷しゃぶサラダを選びました。
メイン料理が出来ると、番号を呼ばれるので取りに行きます。
ご飯や味噌汁や総菜、箸、お手拭きなどはセルフになっています。総菜の種類は6種類と想定外の少なさです。その他に、ドリンクバーが付いています。
メイン料理が出来る前に、総菜などを先に食べても良いのですが、メイン料理が出来るのを待っていました。5分ほど待って番号を呼ばれました。
ご飯は少なめに、総菜は6種類を少しづつプレートに乗せました。
さっそく食べてみましたが、豚バラ冷しゃぶサラダは当たり前の味で特にコメントするようなものではありませんでした。
総菜は、チクワのゴマドレッシング味、煮豆、青菜のおひたし、マカロニのカレーマヨネーズ和え、夏野菜の酢炒め、カボチャの煮物でしたが、あまり味付けが良くなくて、お替りして食べようと思うような料理は全く無かったです。
周りを見るとスイカを食べていたので、食べたいと思っていたのですが、総菜のブースにはスイカはありませんでした。後でスイカが出されたのですが、1つの家族が大量に持って行ってあっという間に無くなりました。

すぐにお腹が膨れて、たくさんの量を食べることができないので、あとはスイカを食べて終わりにしようと思って、出るのを待っていたのですが、どれだけ待っていてもスイカが出ません。
そのうちに、豆腐の冷ややっこが出されたので、持ってきましたが、それほど美味しくは無かったです。
しつこくスイカを待っていたのですが、スイカは出ることが無く、温泉玉子がでてきたので持ってきて食べました。こちらのタレの味がいまいちで美味しくは無かったです。

結局、スイカは出ることなく諦めて帰りました。JAがやっているのにスイカぐらいケチらないでどんどん出して欲しいものです。

旬菜に行く前にネットで調べていたのですが、以前は、総菜にグラタン、天婦羅、串カツ、コロッケ、南蛮漬けなど結構美味しそうなものがあって、デザートもおはぎ、ケーキ、ゼリー、アイスクリームなど充実していたように書かれていたので拍子抜けしました。
以前は、肉や魚のメイン料理が無くて、その分野菜料理の総菜やデザートが充実していたのかもしれません。
中途半端なメイン料理を出して、総菜を手抜きするより、いろんな美味しい総菜やデザートを食べられたほうが良かったのになあと思いました。

かなりがっかりしたランチでした。

syunsai1.jpg
syunsai2.jpg
syunsai3.jpg

旬菜の場所はこちら   福井県福井市風巻町27−2

深緑(ふかみどり)

今日は、深緑に入りました。ついでに通る道でもないし、控えめにお店の名前が書かれていて、A4サイズのメニューが2枚貼られているだけなので、前を通っても食事ができてるお店だと気づく人は少ないと思います。
お店に入ると、2人掛けのテーブル席と4人掛けのテーブル席があり、クーラーは入っていましたが、ドアを開けっぱなしになっているので、それほど涼しくはありませんでした。
奥の方の2人掛けの席に座りました。
メニューには、今週の菜食プレートランチ1080円、サラダガレットランチ980円、ひよこ豆のカレーランチ1080円がありました。菜食プレートは毎週内容が変わるようです。テーブルには今週の菜食プレートランチの内容が書かれた紙が置いてありました。こういう配慮はありがたいです。
すぐに冷たい水と紙のお手拭きが出されました。
今日は、今週の菜食プレートランチを注文しました。
飲み物が選べるので、オーガニックコーヒー(HOT、ICE)、カフェインレス穀物コーヒー(HOT、ICE)、有機紅茶(HOT、ICE)、ほうじ茶(HOT、ICE)の中から、オーガニックコーヒー(ICE)を頼みました。

10分程度待って、今週の菜食プレートランチが出されました。今週の菜食プレートランチには、こうや豆腐のはさみ煮、夏野菜の甘酢あんかけ、トマトとゴーヤのチャンプルー、グリーンサラダ、モロヘイヤの味噌汁、玄米ライスが付いていました。
モロヘイヤの味噌汁は味が薄くて物足りなかったし、玄米ライスは量が控えめなのは気になりましたが、料理の味付けは良く、玄米の硬さ加減もちょうど良く美味しかったです。食事が終わって、オーガニックコーヒー(ICE)が出されましたが、シロップもオーガニックのもので健康に良いものに拘っているのが良くわかります。
水が入ったコップは浅くて、すぐに水が無くなるのですが、ちゃんと気配りして追加で入れてくれました。

店内には、センスの良いニューエイジミュージックがかかっていて落ち着いた感じでした。

hukamidori1.jpg
hukamidori2.jpg

深緑(ふかみどり)の場所はこちら   福井県福井市中央1丁目15−6

MAKI高木店

今日はMAKI高木店に入りました。
CAFE TERRACEという事なので、シャレた感じのお店かなと緊張して入りました。
店内に入ると、予想に反して、お客はおじさんばかりでした。しかも年齢層がかなり高いです(笑!)
カウンターとソファーのテーブル席がありましたが、カウンターは常連さんの場所って感じだったので、テーブル席に座りました。
店内に入った時に、タバコの臭いがしたのが気になりました。
すぐに冷たいお水とタオルのお手拭きが出されました。
メニューを見ると、野菜炒め定食700円、ミックスフライ定食700円、アジフライ定食800円、メンチカツ定食800円、鳥唐揚げ定食800円、豚生姜焼き定食800円、カツ定食850円、手作りハンバーグ定食850円、牛丼(玉子とじ)800円などがありました。メニューには掲載されていませんが日替わり定食もあるというので、日替わり定食を頼みました。御飯は白飯と五穀米が選べるという事で五穀米を頼みました。
ちなみに日替わり定食の値段も内容も説明が無かったです(笑!)

5分ほど待って日替わり定食が出されました。
日替わり定食は、そぼろ丼、沢庵の煮物、ブロッコリーのゆで卵和えカレー味、刻みキャベツが中心の野菜サラダ、漬物、味噌汁が付いていました。
五穀米が柔らかめだったのは気になりましたが、どの料理も味付けが良く美味しかったです。
食後に、デザートのコーヒーゼリーが付いていたのは嬉しかったです。

MAKI1.jpg
MAKI2.jpg

MAKI高木店の場所はこちら   福井県福井市高木中央2丁目4109

華むら (はなむら)

今日は華むら (はなむら)に行きました。
場所は、幹線道路からちょっと離れていて、分かりにくい場所にあります。
店頭に、ランチの値段が掲示されていて、安心して入れます。
正午近くに行ったのですが、お客はいなく、お店を出るまで、予約のグループ1組が入っただけでした。
どこでもどうぞと言われたのですが、唯一の2人掛けテーブルに座る事にしました。ちなみにカウンター席はありません。
すぐにメニューと冷たい水とタオルのおしぼりが出されました。
日替わりランチはチキンカツだという事でした。チキンカツで好きではない料理で困りました。しかも先週も他の店で仕方なくチキンカツを注文したので、さすがにチキンカツは無理です。
ランチメニューを見ると、日替りランチ1080円、野菜畑ランチ1620円、ステーキランチ1944円、華むらランチ(平日限定)1728円、ステーキ丼ランチ1296円などがあります。日替りランチ以外はコーヒーが付いています。
今日はステーキ丼ランチ1296円を注文しました。
目の前にコーヒーサーバーが置いてありましたが、コーヒーはセルフでお替りができますと書いてありました。

5分ほど待って、野菜サラダと冷たいスープが出されました。野菜サラダを食事前に食べると太らないと言われていたのですが、最近テレビでそれは嘘だと言っていたので、全部揃うのを待っていました。
さらに7分待ってステーキ丼が出されました。
ステーキ丼は味は濃い目でしたが、お肉も硬くなかったし、とても美味しかったです。
野菜サラダも冷たいスープも美味しくて大満足です。
食事後終わっても、コーヒーが出るよ様子がないので、お店の人に、コーヒーは自分で入れるのですかと聞くと、デザートが今出ますのでと言われました。
メニューは回収されたので、デザートが出ることをすっかり忘れていました。
少し待つと、コーヒーとデザートが一緒に出されました。
デザートのムースもコーヒーも美味しかったです。
どの料理も、とても美味しくて満足しました。

hanamura1.jpg
hanamura2.jpg

華むら(はなむら)の場所はこちら  福井県福井市大町16字古川210-1

味美家

今日は、味美家に入りました。福井駅のすぐ近くなので駐車場は無いものと思っていたのですが、裏の方に、それなりに大きな駐車場がありました。
店頭に、本日の日替わり定食の内容が書かれた掲示がありました。
味美家の日替わり定食850円には肉料理の定食と魚料理の定食があるのですが、今日はチキンカツと鮭の塩焼きと両方とも好きでは無い料理でした。でも暑い中10分も歩いてきたので、入る事にしました。
店内は、カウンターと小上がりの席がありました。
カウンター席に座ると、冷たいお茶とタオルのお手拭きが出されました。
今日はチキンカツの定食を頼みました。
メニューを見ると他に、夏の季節ランチ1300円、女性限定のなでしこ弁当950円、味美家御膳2100円、お造り定食1200円、エビフライ定食1200円、カツ定食980円、唐揚げ定食950円、野菜炒め定食900円、おでん定食900円などがありました。

8分程度待って、チキンカツの日替わり定食が出されました。チキンカツの日替わり定食には大きなチキンカツが2枚、刻みキャベツ・ニンジンのドレッシング掛け、温泉玉子、マヨネーズサラダ、御飯、味噌汁、漬物が付いていました。
チキンカツは柔らくて、衣もサクサクしていて、とても美味しかったです。御飯も含めてボリューム満点でお腹いっぱいになりました。
お茶は飲み干していたのですが、特に配慮は無かったです。

ajimya.jpg

味美家の場所はこちら   福井県福井市日之出1丁目22−16

和ダイニング ひで味

今日は「和ダイニング ひで味」に入りました。
最初、GoogleMapを基にカーナビに登録して行ったのですが、全然見当違いな場所に到着しました。辺りを見回したけど、それらしいものは見当たりません。
せっかく、ここまできたので、ネットで調べなおしてなんとかたどり着きました。結局400m以上離れた場所に、「和ダイニング ひで味」がありました。
ちなみ食べログの地図も見当違いな場所を指定していました。
やっと見つけて、店内に入ると、もわーっと生温い気温で気持ち悪いです。入口のドアが開けっぱなしなのが原因なのか、エアコンが壊れているのか、とにかく気持ち悪いです。
テーブル席とカウンター席がありましたが、カウンター席に座りました。すぐに冷たい水とタオルのお手拭きが出されました。
メニューを見ると、和ランチ1230円、蒸し料理1440円、すき焼きご膳1840円、パスタorリゾットのAランチ1230円、パスタorリゾットのBランチ1480円、パスタorリゾットのCランチ1700円、懐石コース1760円などがありまし。
本日の和風ランチ1050円があるとの事前情報を得て行ったのですが、ちょっとあてが外れました。
今日は和ランチを注文しました。
和ランチは御飯とパンと蕎麦から1つ選べるということなので、蕎麦を頼みました。
ご飯と蕎麦とパンを選べるという事なので蕎麦を選びました。選べるドリンクとデザートがつくという事なので、アイスコーヒーとティラミスを頼みました。デザートは食べたいものがいっぱいあって随分迷いました。

15分ほどして和ランチが出されました。
和ランチには野菜と鶏肉の天婦羅と玉ねぎをトマトスープで煮込んだようなメイン料理と、おろし蕎麦、野菜サラダ、ヒジキの煮物が出されました。
3種の薬味が付いていたので、蕎麦に入れるのですかと聞くと、ご自由にどうぞと言われました。
おろし蕎麦に薬味を入れるのも違和感を感じるし、トマト煮込みに入れるのも変だし、ヒジキに入れるのも変ですよね。結局、おろし蕎麦をいろんな薬味と組み合わせて、いろんな味で試してみました。
蕎麦の麺は、コシがあって良かったのですが、細かく切れているのが多くて、残さずに食べるのが難しかったです。ダシの味が薄くて物足りなかったです。ダシの味が薄いから薬味がついていたのかもしれませんが、普通の濃さの味で薬味が無いほうが良いかなと思いました。
メイン料理のトマト煮込みは、手がかかっているのは認めるけど、家庭料理の域をでていないかなと思いました。
野菜サラダは、もうちょっと工夫が欲しいと思いました。

食事が終わると、アイスコーヒーとティラミスが出されました。ティラミスはボリュームがあり、とても美味しかったです。アイスコーヒーも美味しかったです。

料理は物足りなったのですが、デザートとコーヒーは美味しかったので、まあいっか・・・

帰りに、GoogleMapで検索してお店を探したら迷子になったと言うと、Googleに連絡しても、システム上の事なので対応できませんと言われたそうです。

hideaji.jpg
hideaji2.jpg

和ダイニング ひで味の場所はこちら   福井県福井市加茂緑苑町310

麺屋 輝之介

今日は「麺屋 輝之介」に行きました。店内はシャレた感じで、普通のカウンター席と、窓側のカウンター席とテーブル席がありました。
1人だという事で、カウンター席に案内されました。
すぐに、冷たい水と、箸が出されました。箸は使い捨てでない箸でしたが、先はちゃんと紙の包装をして出されていました。カウンターには割りばしも置いてありました。他人と同じ箸を使うのに抵抗を感じる人もいるんでしょうね。その後ですぐに冷たい水が入れられたピッチャーも出されました。

メニューを見ると、中華そば720円、大盛820円、白とんそば(魚介、濃厚豚骨)830円、大盛970円、赤とんそば(赤唐辛子、濃厚豚骨)830円、大盛970円、黒とんそば(焦がしにんにく油、とんこつ)830円、大盛970円、つけそば各種920円、大盛1060円などがありました。

今日は、赤とんそば(赤唐辛子、濃厚豚骨)大盛970円を注文しました。
7分ほど待って、赤とんそば(赤唐辛子、濃厚豚骨)が出されました。
麺は極太で、スープはドロドロで濃いです。赤唐辛子は粉では無く、オイル状なっていました。それほど辛くはないです。スープといいうよりタレっていう感覚です。
メンマはマチク (麻竹)の原形をとどめていて甘めの味付けがされていました。味玉子も1個入っていてしっかりとした味付けがされていました。チャーシューはトロトロで厚く、あぶってあるので程よい香りがします。
他で味わった事のないオリジナル性を強く感じたラーメンですし、すべてにおいて拘りを感じさせるラーメンでした。
でもスープは飲み干せませんでした。
美味しかったのですが、しょっちゅう食べたくなるタイプのラーメンではありませんでした。

terunosuke.jpg

麺屋 輝之介の場所はこちら  福井県福井市菅谷2丁目10−22