福井の食 美味しいランチ

福井の食べ物についてのブログです

天ぷら お刺身 田 (DEN)

tttさんの情報提供で天ぷら お刺身 田 (DEN)に行きました。
知らない人にとっては、駐車場がネックになると思われます。
お店の横に1台分、お店の前に道路に平行に1台停まれます。裏駐車場の11番も使えるようです。どちらにしても知らないと駐車できないです。
その他に道路の対面側の「システムパーク文京第3」を利用すると駐車料金を負担していただけるようです。
店頭にランチメニューが掲載されていて安心して入れます。
日替りおばんさいご膳(今日はお造りと天ぷらがメイン)、ぶたのやわらか煮ご膳、天ぷらご膳、天丼ご膳がいずれも800円(税込み)です。
店内にはカウンター席と小あがりの席がありましたが1人だと言うとカウンター席にどうぞと言われました。
今日は日替りおばんさいご膳800円を注文しました。ごは小盛、中盛と大盛を選べますと言うので大盛で頼みました。
メニューを見ると、ご飯のおかわりもあるって掲載されていました。ランチタイムに限りコーヒー(HOT・ICE)200円ということです。
お茶とタオルのお手拭きが出されました。割りばしも食べやすい箸でした。
10分ほどで、日替りおばんさいご膳が出されました。
日替りおばんさいご膳には、野菜の天ぷら、2種の魚の刺身、豆腐と野菜のサラダ、シラスの大根おろし、野菜とおからの和えもの、漬物、ご飯、具の種類が多い味噌汁が付いていました。
どの料理も心のこもっていて美味しかったです。天ぷらもサクサク感がありました。ご飯の炊き具合も絶妙でした。
これで800円は奇跡的だと思いました。
超満足しました。天ぷら お刺身 田 (DEN)はお奨めです。
今回は、お店のクオリティを知るため、日替りおばんさいご膳を注文しましたが、個人的にはぶたのやわらか煮ご膳も食べたいので再訪するかもしれません。

den.jpg

天ぷら お刺身 田 (DEN)の場所はこちら   福井県福井市文京3丁目14−1

お食事処 茶柱

2020年5月26日

今日は、最初に入ろうとしていたお店が混雑していて、2軒目に入ろうとしたお店が臨時休業だったので、久しぶりに「お食事処茶柱」に入りました。
日替わり定食770円の大きな看板が出ていました。
お店には自動車が6台駐車してありましたが、時間が遅かったこともあり、店内にお客はいませんでした。
日替わり定食を頼みました。店内には料金が全く掲示されていません。メニューもあったのですが、そちらに、いろんな定食の価格が掲載されていたようです。
冷たいお茶と、お替り用のピッチャーとタオルのお手拭きが出されました。
日替わり定食は、すぐに出されました。
ハタハタの焼いたのと、エンドウ豆と鶏肉の玉子とじ、茹でたホウレン草、漬物、ご飯と、味噌汁が付いていました。食後にアイスコーヒーも出されました。
エンドウ豆と鶏肉の玉子とじは、とても美味しかったのですが、ハタハタの焼いたのは冷たくて生臭かったです。温めて出されたら美味しく食べられたのにと残念に思いました。
食後のアイスコーヒーも、シロップとミルクが出されなかったのは残念でした。スティックの砂糖はあったのですが、アイスコーヒーはシロップでないと溶けにくいです。
なんかいろいろ惜しい面が目につきました。
カウンターに座ったのですが、目の前のお皿に、牛すじ煮込みが置かれていて、とてもそそられました。
惣菜を選んで定食にしてもらえることを覚えていたら、絶対に牛すじ煮込の定食をお願いしたのにと、後で気づき残念に感じました。

tyabasira2.jpg
tyabasira3.jpg

2009年10月7日

以前からお食事処茶柱の前に自動車が停まっていたので気になっていたのですが入ってみました。
お店の中は,テーブルのある座敷と,カウンターがありました。カウンターといっても椅子のあるカウンターではなくて畳の上に座って足元が掘りコタツのようになっているという感じです。
カウンターのところには,惣菜が並んでいました。

カウンターに座るとメニューとお茶を持ってきてくれました。

お食事処 茶柱のメニューにはかんぱち刺身定食1800円,いか刺身定食1500円,たこ刺身定食1500円,ボタンえび刺身定食2000円,あまえび刺身定食1500円,つぶ貝刺身定食1800円,造り盛り合わせ定食2000円,エビフライ定食1800円,とんかつ定食1500円,焼肉定食1800円などがありました。

ちょっと高くて悩みましたが,惣菜を選んで定食にする事もできるということなので,惣菜から鯖の塩焼きを頼んで定食にしてもらいました。

定食には鯖の塩焼きの他に,イモを中心にした煮物と,青菜と油揚げの煮物と,ご飯と,味噌汁,昆布の佃煮がついていました。
鯖の塩焼きは冷えたままで出てきましたが味付け焼き方がちょうど良く美味しかったです。青菜と油揚げの煮物は味が薄かったです。でも全体的にどの料理も美味しかったです。

お茶は飲み干してありましたが,特に配慮はありませんでした。

値段が判らないで食べていたので,ちょっと心配でしたが,800円と安心価格でした。

食事処茶柱の焼鯖の定食

お食事処茶柱の場所はこちら   福井県坂井市丸岡町玄女18-19-1

ゆうさや

今日は、「ゆうさや」に行きました。
「ゆうさや」はランチの掲示を見て随分前から気になっていたのですが、ネットでも営業日と営業時間の情報がバラバラで、ランチを実際やっているか確認できなくて、何度か店の前を通っても営業している日に出会えませんでした。実際には火曜日が休みで、それ以外の曜日の日も臨時休業の日が多かったりしてるようです。
今日は、営業中だったので入ってみたのです。
店内はカウンター席と小上がりの席がありましたが、カウンター席に座りました。

ランチは本日の寿司のセットと、本日の海鮮丼セットと、本日の海鮮丼・寿司ハーフセットがあり、いずれも1000円でした。
すぐに熱いお茶と熱いタオルのおしぼりが出されました。
本日の海鮮丼・寿司ハーフセットを注文しました。

ランチの場合は、お寿司は見習い(?)の店員が作るようになっているようです。なんか、ペタペタと何回も形を整えていたのが気になりました。
握り寿司も海鮮丼もネタにハケで醤油を塗ってありました。

本日の海鮮丼・寿司ハーフセットには海鮮丼ハーフサイズと握り4貫、味噌汁、ポテトサラダ、キノコの酢の物、茶わん蒸しに、おまけに出汁巻玉子が付いていました。
見た感じ、豪華な感じです。
ガリが普通に出てくる薄く切ったものでなく、塊り状に切ったものが添えられていて食べ応えがありました。
茶わん蒸しが、ぬるかったのが残念でした。
寿司と海鮮丼は美味しかったのですが、ネタに関しては、新鮮さは感じませんでした。

yuusaya1.jpg
yuusaya2.jpg

ゆうさやの場所はこちら   福井県福井市三郎丸4丁目202

喜多亭

今日は、福井中央卸売市場にある「喜多亭」に入りました。
福井中央卸売市場のお店は全部行ったつもりでしたが、まだ行っていないお店がありました。
店頭に、しらす丼900円と書かれていたので、勝手に生のしらす丼が食べられると思って入ったのです。
他には、ぶり丼1100円、マグロ丼1100円、いくら丼1600円、いか・いくら丼1300円、おまかせ定食1000円、海鮮丼1300円、フライ定食900円、さば味噌煮定食700円、マグロカツ定食1100円、まぐろ定食1300円、ぶり定食1300円、さしみ定食などがありました。
店内はカウンター席とテーブル席がありますが狭いお店です。常連さんが多そうな感じのお店です。
さっそく、しらす丼を注文しました。
カウンターに冷たいお茶のポットとコップが置かれていてセルフになっていました。
4分ほどして、しらす丼が出されました。
しらす丼には生のシラスではなく普通のシラスとマグロの切り身と半熟卵と千切り大根が入っていました。
その他に漬物と豆腐の冷奴がついていました。
ご飯は酢飯ではなく、普通の御飯で、醤油とワサビが添えられていました。
見た感じは、ちょっと期待外れだったのですが、食べてみたら思いのほか美味しかったです。

kitatei.jpg

喜多亭の場所はこちら   福井県福井市大和田1丁目101

酔菜 吉左右(きっそう)

2019年2月5日

今日は久しぶりに酔菜 吉左右へ行きました。
11:45に入りましたが11:55には完売の札が掲げられていました。
なんでも15人分の料理しか用意してないそうです。
今はご夫婦2人でやっているので無理のない範囲で営業しているそうです。
ランチタイムは定食1種類しか無いので、黙っていても決まった料理が出てきます。
定食には、いわしの刺身と、たらこの煮物、切り干し大根の煮物、野菜サラダ、カボチャの煮物、湯豆腐、里芋の煮物、厚揚げの煮物、漬物、味噌汁、御飯が付いていました。相変わらずバラエティに富んでいます。
イワシの刺身は少し生臭かったですが、そうそう食べる機会はありません。
そういえば9年前に行った時もイワシの刺身がメイン料理でした。
その他の料理は味付けが良く、とても美味しかったです。
値段は1200円に値上げしていました。

kitizau.jpg

2010年8月24日

今日は裁判所近くの酔菜 吉左右へ行きました。店頭にサービスランチの垂れ幕がでていました。酔菜 吉左右には駐車場はあるのですが,ちょっと変則的な入れ方になっていて入りにくい感じでした。
酔菜 吉左右に入るとカウンターと,テーブル席と座敷がありました。ホワイトボードに今日の料理素材は書いてあるのですが,メニューらしきものは見当たりません。
カウンターに座ると冷たいタオルのおしぼりと冷たいお茶を出してくれました。メニューが無いので,とりあえずランチを頼みました。ランチがいくらなのかも判りません。
酔菜 吉左右では昼にはランチだけのようで,全員がランチだったようです。
少し待つとランチが出されました。
スッゴイ豪華なランチでびっくりしました。いわしの刺身をはじめ,熱々のサクサクコロッケ,茄子の味噌煮,たけのこと魚の煮物,青菜のおひたし,かぼちゃの煮物と魚の昆布巻き,魚のあらの煮こごり,漬物,味噌汁,ご飯がついていました。
カウンターで料理を撮影したら,店主から隠し番号は入れてありませんよと冗談を言われました(笑!)
酔菜 吉左右の日替わりランチは,どの料理も味付けが良く美味しかったのですが,特に魚のあらの煮こごりは,骨がこりこりしていて骨ごと食べられて最高に美味しかったです。とても手がかかった料理なのだと思います。
早めに来たお客の日替わりランチでは,いわしの刺身の代わりに鮎の塩焼きだったようです。
食事を終えてお勘定を聞いたら1000円ということでした。この充実したランチが1000円とは驚きです。
酔菜 吉左右はお奨めのお店です。

酔菜 吉左右の日替ランチ

酔菜 吉左右の場所はこちら  福井県福井市春山1丁目1-20

まごころ屋 ますよね

福井市中央卸売市場(ふくい鮮いちば)に久しぶりに行きました。ランチやっているお店が減っていました。
でも「まごころ屋 ますよね」って新店ができていました。
店頭にメニューが掲示されていて興味があったのですが、店員さんが2人立っていたので、よく見えなかったのです。通り過ぎてしばらくして戻って、どうしても気になって、メニューを見ようとしたら、「お昼の食事終わりました?」って聞かれて、まだですと答えると、「それではどうですか?」と言われ、何がありますかと聞くと、「まごころ屋定食が、福井特産品を揃えたお奨めです。」と言われました。日替わり定食は、なんですかと聞くと「甘海老の天ぷらと鯛の漬けです」との事でした。それで日替わり定食を頼んで店内に入りました。
メニューには日替わり定食800円、まごころ屋定食900円、海鮮漬け定食1200円、特製漬け海鮮丼1000円(上1500円)、炙り海鮮丼1000円、生しらす丼900円、炙りウニの3種丼1280円などがありました。御飯大盛が100円高、食後のコーヒー100円などがありました。
ちなみに丼は普通の御飯と酢飯(+100円)を選べます。これはありがたい配慮です。
店内はカウンター席とテーブル席があり、お客はいませんでしたがカウンター席に座りました。すぐに熱いお茶が出されました。
それほど待たずに、日替わり定食800円が出されました。
日替わり定食には、甘海老の天ぷらと鯛の漬け、黄身の玉子焼きと白身の玉子焼き、豆腐、漬物、海藻の味噌汁、御飯、ひじきのふりかけが付いていました。鯛の漬けは異様に柔らかかったです。甘海老の天ぷらも柔らかかったですが、サクサク感はあまり無かったです。
日替わり定食については、物足りなさを感じました。でも生しらす丼900円は興味があるので再訪するかもしれません。
お茶は飲み干してあったのですが、追加で注いでいただけました。

magokoro.jpg

まごころ屋 ますよねの場所はこちら   福井県福井市大和田1-101

日本海寿司

今日は、日本海寿司に行きました。
カウンターに座ると、ランチはこちらですとメニューの掲示を案内してくれました。すぐにタオルのお手拭きが出されました。
にぎり特上寿司1500円、にぎり上寿司1000円、にぎり寿司700円、もり合わせ600円、ちらし特上1500円、ちらし上1000円、ちらし700円がありました。
今日は、ちらし上1000円を注文しました。ちょっと待ってお茶が出されました。
最初に、お蕎麦が出されました。続いて、野菜と肉の煮物が出されました。
せっかく熱いのが出されたので、すぐに食べました。
注文して10分程度で、ちらし寿司とアラ入りの味噌汁が出されました。
ちらし寿司には、ブリ、マグロ、甘エビ、カニ、イカ、イクラ、サーモン、ウニ、うなぎ、玉子焼き、もみじこが付いていました。
どの料理も美味しかったのですが、マグロの解凍が半端でシャリシャリしてたのが残念でした。
それと食事中にカウンター席の客がタバコを吸いだして、タバコの臭いの中で食事を続けないといけなかったのは、とても残念でした。だからカウンター席は嫌いなんです。
でも、これだけ付いて1000円というのは凄いです。
nihonkai1.jpg
nihonkai2.jpg

日本海寿司の場所はこちら 福井県福井市文京4丁目20−9

お食事処 一福

今日もランチパスポートを利用して「お食事処 一福」に行きました。ランチパスポートは5月末までなので、今日が最後になると思います。

「お食事処 一福」の店内には、カウンター席と小上がりの席がありましたが、満席に近くて、カウンター席が1つだけ空いていました。特にメニューも見当たらず、定食とかの掲示もありません。
お店の人が見当たらなくて、しばらく待っていたのですが、他のお客が呼び鈴を押してやっとお店の人が出てきました。少人数でやっているので忙しいようです。
お昼には、定食だけのようで、常連率もかなり高そうな感じです。他のお客は、定食を頼んでいました。
ランチパスポートでお願いしますというと、厨房に向かって、「パスポートランチと定食」とオーダーを伝えていました。ランチパスポートは昼定食800円が540円になっています。
水とお茶はセルフでお願いしますと言われました。
しばらく待って、パスポートランチが出されました。一緒に出された定食と内容は同じでした。でも店員さんが出されたパスポートランチを見て、「すみません、パスポートランチは刺身が3切れ多いんです」と言って、厨房に持ち帰って刺身を増やして、再び出されました。
パスポートランチにはサーモンの刺身、トンカツ、イカリングフライ、ソーセージ、シューマイ、野菜の煮物、春雨の炒め物、かぼちゃの煮物、味噌汁、漬物、御飯がついていました。
刺身も新鮮さを感じました。他の料理も味付けが良く美味しかったです。800円でも十分満足できる内容です。
途中、他のお客が支払いしているのを聞いて、初めて定食の価格を知りました。なんとなんと680円です。びっくりしました。この内容で680円はありえません。刺身の数がパスポートランチより少なくても680円というのは凄いです。それが540円なのですからお得感いっぱいです。ランチパスポートでお得感を感じるのは超珍しいです。
でも昼定食680円に刺身の量を増やして800円だなんて価格にするなんて姑息な事をしなくても、昼定食680円を540円としたほうが宣伝効果あると思うんだけどなあ。
680円の昼定食の画像でも680円と表示されていればインパクトがあるし、それが540円というのなら元が安いだけに十分インパクトがあります。
それは別として、ランチパスポートによる割引があろうと無かろうと、お食事処 一福はお奨めです。

ippuku.jpg

お食事処 一福の場所はこちら   福井県越前市本保町12−1

居肴屋AN六庵

ランチパスポートを利用して居肴屋AN六庵に行ってきました。かなり奥まった住宅街で、ランチパスポートに掲載されなかったら、絶対に気が付かない場所でした。駐車場は空いていて楽に駐車できました。
店頭にランチメニューが掲載されていました。
会席風三段重1620円、お造り御膳1404円、海鮮ちらし1296円、ハンバーグランチ1296円、パスタセット1296円、手打ち十割蕎麦ランチ1296円、しょうがカツ丼セット1080円、石焼ステーキ膳1296円などがありました。
ランチパスポートの料理はにぎり天麩羅御膳1620円が1080円でした。にぎり天麩羅御膳1620というメニューが無いので、何を根拠に1620円なのか不明です。
お店に入って一人だと言うと、いきなりランチパスポートですかと聞かれて、そうですというとカウンターでお願いしますと言われました。・・・・・・
カウンターに座るとタオルのお手拭きと熱いお茶が出されました。お茶の入ったポットも出されました。
ドリンクを選べるということなので、アイスコーヒーを頼みました。

ほとんど待つ事無く、にぎり天麩羅御膳が出されました。あまりの速さにびっくりしました。にぎり天麩羅御膳には、握り寿司、おろし蕎麦、天麩羅、味噌汁が付いていました。

握り寿司は、握り方がめちゃくちゃ強くて押し寿司のようでした。魚も新鮮さを感じませんでした。天麩羅はサクサクして美味しかったです。おろし蕎麦の蕎麦は柔らかくてコシも無く最低でした。

食後にアイスコーヒーと共にデザートが出されました。

1080円なら、こういうもんかなという感じですが、1620円だと、それは無いだろうという感じです。
ランチパスポートを使ったお得感は全く無かったです。

rokuan1.jpg
rokuan2.jpg

居肴屋AN六庵の場所はこちら  福井県福井市大願寺1丁目5−19

おた幸

2017年2月28日

今日は「おた幸」に入りました。カウウターに座って、定食お願いしますって言ったら、ご主人さんに、「どなたさんですか?」って言われました(笑!) 相変わらず常連色が強いお店です。
今日の昼定食は、刺身、サケの焼き物、しらす、味噌汁、漬物、ご飯、昆布の佃煮が付いていました。
サケの焼き物は冷たかったけど、とても美味しかったです。その他の料理も美味しかったです。
「おた幸」の昼定食は1080円のままでした。

otakou2.jpg

2015年8月4日

今日は「おた幸」に入りました。見た感じ駐車場が無さそうですが、よく見ると向かって左側に2台と、向かって右側(道路をはさんで)に3台駐車できるようです。12:50頃に入って、まだ食事できますかと聞くと、きょとんとしてました。あまり知らない人が入ることは無さそうな感じです。食事できそうな感じだったので、昼定食を頼みました。メニューも無かったのですが、お店の向かって右側のところに昼定食11:30から13:00までと書いた看板があったのです。
店内には、カウンターと小上がりの席があります。カウンターからは見えませんが、座敷もあるようです。
カウンターに座ると、冷たいお茶と、熱いタオルのお手拭が出されました。
それほど待つ事無く昼定食が出されました。
昼定食を出された時に、料理の説明を詳しくしてくれました。
昼定食には、タイとスズキの刺身、ササゲの胡麻和え、小松菜とがんもどきの煮物、豆腐とネギの味噌汁、瓜の漬物、ご飯が付いていました。
昆布の佃煮も出されたので、すこし取ってご飯に乗せました。梅干もいかがですかと聞かれたのですが、昆布の佃煮を取ったので、いいですと言うと、自家製で美味しいんですよと言われたので、1ついただきました。
梅干は柔らかくて酸っぱくて美味しかったです。減塩で1度に70kgとか100kg漬けるそうです。
タイとスズキの刺身はコシがあって天然ものだとすぐにわかりました。ササゲの胡麻和え、小松菜とがんもどきの煮物も味付けが良く美味しかったです。漬物も自家製でしたし、味噌汁の味噌もとても美味しかったです。
お茶が減っていたのですが、追加で注いでくれました。その後も何度も減っていないか確認してくれました。漬物を食べ終わっていたのですが、漬物をもっといりませんかと聞いてくれました。ご飯を食べてしまっているのを見て、ご飯のお替りはどうですかと聞いてくれました。
気さくな女将さんで、色々なことを話してくれました。
「おた幸」の昼定食は1080円でした。

おた幸の昼定食


おた幸の場所はこちら   福井県福井市松本3-10-16