金沢で空き家を買う

空き家を買ってリフォームして大家に お金持ちで無くても家を持てる そのためのヒントにと 実体験する企画です。 2018.10.14

住宅メンテナンスのツボを読んだ

「住宅メンテナンスのツボ 玉水新吾・都甲栄充著」を読みました。
住宅メンテナンスの担当者向けなので、判らない専門用語が当たり前のように出てきますが、完全に判らないながらも、とても参考になります。

手抜き工事をされると、どういう状態になるかなども詳しく説明されています。
でも、建物には定期的なメンテナンスが必要である事がくどいほど説明されていて、建物の維持にはお金がかかるものだなあと気が重たくなっちゃいました。

自分の家を建てる前には、一度読んでおいた方が良いと思います。



日本を守る家

メルカリで「住宅メンテナンスのツボ」を購入したら、おまけに「日本を守る家」という本がついてきました。
せっかくなので読んでみました。
WBC工法というコンクリートのパネルを組み合わせた建物の紹介です。
地震津波にもびくともしない住宅で、火事にも強く、メンテナンスの必要もなく100年住めて、断熱性に優れ、夏は涼しく、冬は暖かいというのです。
阪神・淡路大震災や東日本大震災でも、周りが全滅状態だったにも関わらず、WBC工法の家だけが、ガラス一枚割れなくて残っていたというのだから凄いです。
最近、ボロ家をよく見て周っていたりするのですが、30年そこそこでもボロボロになっている建物を見ると考えさせられます。
それで木造住宅より1割程度のコスト高で済むということなので、自分が家を建てるのなら、WBC工法で建てたいなあと思いました。