金沢で空き家を買う

空き家を買ってリフォームして大家に お金持ちで無くても家を持てる そのためのヒントにと 実体験する企画です。 2018.10.14開設

浴槽のカランから水漏れが

2019年4月14日

浴槽のカランから水漏れがするようになって、修理する事にしました。
カランからの水漏れは、なんども修理しているので、軽い気持ちで取り掛かったのですが、苦戦しました。
ごく普通の、お湯と水と2つのハンドルがある単純なカランのはずだったのですが、30年以上たっているのでハンドルすらなかなか外れませんでした。
なんとかハンドルを外して分解していったのですが、途中で分解を断念しました。
コマの部分を取り出すために外さないといけない部分が、全く動きません。
水とお湯のカランの両方を試してみたのですが、両方とも動きません。
これ以上、無理に力を加えると破損しそうな感じだったので、途中であきらめてTOTOに電話しました。
浴槽やカランを見ても、浴槽にTOTOのマークしかなく規格がわからないので、新築時の設計図を見て浴槽の型番を調べると、KBM1616になっていました。
最初にパーツセンターに電話したら、取り換え方法などはお客様相談室に電話した方が良いということなので、お客様相談室に電話しなおしました。
でも浴槽の型番を言っても、内容が伝わらず、口で説明しても、正確な状況を説明できなく、改めて型番を調べて連絡する事にしました。ただ、お客様相談室に相談しても、お客様が自分で修理する事はお奨めできなく、業者が修理するのが基本なので、修理方法などはお伝えできないかもしれないと言われました。
仕方が無いので、カランは元に戻しました。
そしたら、水漏れが無くなりました。不思議です。
誰か修理方法を知っている人がいらっしゃれば教えてください。

TOTOのお客様相談室においてメールでも問い合わせできるので、画像を添えて問い合わせしました。

yokusou.jpg

2019年4月15日

TOTOのお客様相談室より返事がありました。
画像では製品番号が分からないため、お答えできませんという事でした。
それで製品番号が記入されている場所を示すページのアドレスが記載されていました。
その場所にはTOTOのマークはついているけど製品番号は記入されていませんでした。
これ以上分かりやすいものはないような画像を送っているのに、マニュアル通りの返答でがっかりしました。

2019年4月20日

予想はしていたのですが、再び水漏れがおきています。
画像を増やして、ブログで経過を公開している旨を添えて、改めてTOTOのお客様相談室にメールで問い合わせしました。

2019年4月22日

TOTOのお客様相談室から返事がきました。

「関連部門を通じて確認させていただいております。大変申し訳ございませんが、少々お時間をいただければ幸甚でございます。」

という事でした。やっとちゃんとした返事をいただけそうです。
製品番号がついていないのは、客側の過失じゃ無いですものね。

2019年4月23日

TOTOのお客様相談室から回答がきました。

水栓金具品番は、恐らくTGB51AA型じゃないかという事です。

写真の部品は、スピンドル部というもので、外し方は、ナット部分にスパナを挟み込み左回しに回して外すという事です。

品番がわかっただけで大きな前進ですし、普通にナット部分にスパナを挟み込み左回しに回せば良いということで、安心して作業できます。
全く動こうとしないので破損するのではと思い、気合が入らなかったのですが、大きなスパナでパイプをつけて大きな力を加えようと思います。ナットをつぶしたら具合悪いので、モンキーは使わないでおこうと思います。

2019年4月24日

かなり気合を入れて回してみましたが全く動く気配はありませんでした。

2019年4月25日

ネットでTGB51AAで検索すると、カランの分解図が見つかりました。構造がわかれば、怖い事はありません。
ナットが15mm幅だったので、柄の部分をパイプに入れられる片口のスパナを探しました。15mmのスパナというのは、マイナーな規格らしく片口のスパナは存在しないようです。
工具屋を探すと、コンビネーションスパナが反対側が最も細くてパイプに入りそうなので購入しました。1111円でした。
yokusou2.jpg
水道の元栓を閉めて、小さめのマイナスドライバーでキャップを外し、キャップを外すとハンドルを固定しているプラスボルトが見えるようになるのでプラスドライバーで外し、ハンドルは少しずつ動かして、抜いていきます。
これでやっとスピンドルが見えるようになります。
直径25mm1m超のパイプがあったので、それをコンビネーションスパナにかぶせてテコの原理でやっとこスピンドル部が動き出しました。固いのは最初だけではなく、最後までパイプ無しでは回りませんでした。
yokusou3.jpg
何度もスパナの角度を変えながら、なんとかスピンドルを外すことができました。
yokusou4.jpg
yokusou5.jpg

コマを取り出しましたが、一般的な水道カランのコマとは違っていました。
近くにTOTO専門の会社があったので、見本を持っていったら、THY222-3静音型こまという商品でした。1個500円くらいだったので2個購入しました。
yokusou6.jpg

コマが入っているパイプに水が溜まっていたのでスポイドで吸い取り、新しいコマを入れてスピンドル部を取り付けようとしましたが、なかなかネジ部が入っていきません。
コマを外して取り付けると大丈夫だし古いコマを取り付けて組み立てると大丈夫なんです。
古いコマと新しいコマを比べても、それほど寸法が違う感じでもないんです。
ゴミでも入っているのかなと、いろいろなことろを綺麗にしたり、水をもっと吸い取ったりしてると、なんとか組み立てることができるようになりました。
後から思うに、カランが閉めた状態だから取付がしにくなったのだと思います。カランが空いた状態だと、もっと簡単に組み立てられたのではないかと思います。

今回は、とりあえずお湯のカランのコマだけを交換して様子を見る事にしました。

いまのところ、水漏れは解消しています。



コメントする