« 2016年4月 | 2016年5月 | 2016年6月 »

2016年5月31日

●魚がし食堂

今日は魚がし食堂に入りました。魚がし食堂は水産卸会社直営の店という事で気にはなっていたのですが、個人的には魚嫌いなので、敷居が高いんです。今日は好みよりブログ優先です。
14:00を過ぎていたのですが、それなりにお客が入っていました。店頭にランチメニューが掲示されていたので安心して入れました。
ランチメニューには、日替わり魚ランチ918円、お魚大好き定食972円、お刺身と煮魚定食1026円、ミックスフライ定食972円、お刺身とトロホッケ定食1026円、お刺身と天ぷら定食1026円、ジャンボ海老と穴子の天ぷら定食1080円、本マグロ定食1026円、のど黒とお刺身の定食1458円、得盛お刺身定食1080円、お刺身とミックス唐揚げ定食972円、お刺身と焼魚定食1026円、お刺身とお魚づくし1080円、ジャンボ海老フライとヒレカツ定食1080円、本まぐろ丼1026円、唐揚げ定食820円、生姜焼き定食907円、トンカツ定食907円、チキン南蛮定食842円などがあります。ちなみに、生姜焼き定食にも刺身が付いています。
魚がし食堂にはカウンター席とテーブル席があります。水やお茶はセルフになっています。
今日は、日替わり魚ランチ918円を注文しました。御飯は大中小があるということなので、中でお願いしました。
15分程度で日替わり魚ランチが出されました。
とにかくボリュームに圧倒されました。タラ1匹丸ごとの煮物がどーんとあって、これだけでもびっくりです。それに加えて刺身の盛り合わせも十分な量があって、魚のフライがあって、別の魚の煮物、海藻の酢の物、味噌汁が付いていました。御飯も中ですが十分に大盛でした。食べる前から満腹になったような気がしました。
刺身の鮮度は抜群で美味しかったです。あまりの量で、やっとやっとで全部食べることができました。とはいえ、かなり汚く食べて、身をいっぱい残してしまいました。
魚がし食堂はコストパフォーマンスが抜群で、魚好きの人には最高のお店だと思います。

uogasisyokudou.jpg

魚がし食堂の場所はこちら  石川県金沢市東力2丁目159

2016年5月27日

●月とピエロのパン研究小屋

今日は珍しく金曜日に能登に行ったので、「月とピエロのパン研究小屋」に入りました。
元々火曜日と水曜日が休業なので、行っても無駄なのですが、場所だけでも確認しておこうと、「月とピエロのパン研究小屋」には何度が行こうとしたのですが、場所が分かり難くカーナビに登録してもたどり着けなかったのです。
途中で自動車を停めて、徒歩で探し回ってやっと駐車場を見つけた次第です。
そういう訳で、今日は迷わずに辿り着く事ができました。カーナビを登録する場合は駐車場を目指して行けば良いと思います。
駐車場に辿り着いても、「月とピエロのパン研究小屋」の建物はちょっと奥まっていて、しかも地味なので見つけるのはちょっと戸惑います。

tukitopielo1.jpg

店内に入ると、テーブル1つ分のスペースにパンが並べられていて、工場には食パンがたくさん置かれていました。並べられていたパンの値段が高いのでびっくりしました。

tukitopielo2.jpg

どれにしようかわ酔ったのですが。いくつか並んでいた中から、クロワッサン300円とグラタンのキッシュ450円を購入しました。

tukitopielo3.jpg

クロワッサン1個300円って凄いよね。そういう高額なパンをびっくりせずに普通に購入する裕福な人がいるっている事に感心します。
イートインのコーナーがあって、こちらで食べていきますかと聞かれたので、ここで食べられるのですかと聞くと、コーヒーなどの飲み物を注文しないとイートインコーナーを利用できないということだったのでお持ち帰りでお願いしました。
購入したパンは、コンビニでホットカフェオレを購入して駐車場で食べました。
クロワッサンはドンクと比べると大きめで、もちもち感があります。個人的にはドンクのクロワッサンのほうが好きです。
グラタンのキッシュは、とても美味しかったのですが、キッシュの生地が美味しいというよりグラタンの味が良かったように感じます。
「月とピエロのパン研究小屋」らしさが生かされたパンを選ばなかったのかもしれませんが、個人的には、これだけの高い価格に見合った価値のあるパンとは感じませんでした。リピートはありません。
「月とピエロのパン研究小屋」は、パンによっぽどのこだわりがあるマニアの人向きのお店だと思います。

月とピエロのパン研究小屋の駐車場の場所はこちら 石川県鹿島郡中能登町羽坂2-93

2016年5月14日

●ガリビエ (GALIBIER)

2016年5月12日

「ガリビエ (GALIBIER)」のソテーが美味しいソーセージを試してみたくて再訪しました。
お店の人に、ソテーが美味しいソーセージでお奨めのはどれですかと聞くと、和風ソーセージ(大葉の入ったソーセージ)かニュールンベルガー(マジョラムの効いたドイツの焼きソーセージ)がお奨めという事で、ニュールンベルガーを購入しました。今回は3本入りと4本入りがありました。4本入りが155g558円でした。今日は保冷ボックスを用意して行ったので氷は必要ありませんでした。
お店に、「ガリビエ (GALIBIER)」の商品について、種類と食べ方が掲載された説明書(新聞のような紙と印刷)があったのでいただいてきました。
さっそく食べてみましたが、香ばしくて歯ごたえがあって、とても美味しいソーセージでした。ボイル系のソーセージなら、「シャウエッセン」で十分ですが、炒めて美味しいソーセージは価値があります。まさしくプロの味です。気に入りました。

GALIBIER5.jpg

2016年4月28日

シャクナゲが咲く富士写ヶ岳に登山した帰りに「ガリビエ (GALIBIER)」に行きました。「ガリビエ (GALIBIER)」はいしかわ動物園に隣接したシャルキュトリー(豚肉から作ったソーセージやハム、テリーヌ)のお店です。飛騨高山の人気店「キュルノンチュエ」で修行して独立したそうです。

GALIBIER4.jpg

「ガリビエ (GALIBIER)」が扱うシャルキュトリーの種類はかなり多く目移りしたのですが、粗挽きソーセージ(100g360円 4本入りで522円)と砂肝スモーク(100g450円 101gで454円)を購入しました。粗挽きソーセージはボイルして、砂肝スモークはスライスして食べると美味しいということです。帰りまでどれくらい時間がかかりますかと聞かれたので1時間だと言うと袋に入れた氷を同封してくれました。

GALIBIER3.jpg

砂肝スモークはイカの燻製(いかくん)のような味ですが、砂肝独特のコリコリした食感が独特で、凄く美味しかったです。ビールのおつまみには最適です。

GALIBIER1.jpg

粗挽きソーセージも大変美味しいです。でも同じボイル系のソーセージ「シャウエッセン」でも十分に美味しいし2.5倍の値段を考えると、たまの贅沢向けっていう感じかな。4本パックしかないというのは残念です。家族の人数によって5本欲しいという場合には不便です。3本パック、4本パック、5本パックを用意しておけば、希望の本数を購入できると思います。

GALIBIER2.jpg

ガリビエ (GALIBIER)には
ボイルで美味しいソーセージ
フランクフォール  シンプルな粗挽きウィンナー
粗挽きウィンナー  ジューシーな粗挽きウィンナー
フュメ       粗挽きのスモーク香るソーセージ
エルプ       ローズマリー、セージ等ハーブが香るソーセージ
エメンタール    エメンタールチーズの優しい風味が特徴のソーセージ
ストランプール   牛肉を練りこんだコクのある粗挽きソーセージ
ミュンヘナーヴァイスヴルスト   ドイツミュンヘン名物の白ソーセージ
チョリゾー     キエンペッパーの効いたすこし辛めのソーセージ
ビアウィンナー   牛肉が加わったにんにく香るウィンナー
ソテーが美味しいソーセージ
ニュールンブルグ  マジョラムの効いたドイツの焼きソーセージ
トゥールーズ    シンプルな粗挽きのソーセージ
和風ソーセージ   しいたけor大葉の入ったソーセージ
モンベリアール   クミンの効いた粗挽きソーセージ
メルゲーズ     羊肉を使ったスパイシーなアラブのソーセージ
加賀棒茶のソーセージ   加賀棒茶を混ぜ込んだソーセージ
パンチェッタ    熟成生ベーコン
加熱して食べる
ベーコン      豚ばら肉をゆっくり時間をかけ熟成、スモーク
そのまま食べる
シャスール     豚肉の生地のにんにく香るスライスソーセージ
ピエール      牛・豚肉の生地に粗挽き肉を加えたスライスソーセージ
ジャンポン・ピスターシュ  豚の生地にモモ肉の角切りを加えたスライスソーセージ
ロースハム     豚肩ロースを長時間漬け込み熟成させたハム
ボンレスハム    豚モモ肉を長時間漬け込み熟成させたハム
ビーフハム     牛モモ肉を長時間漬け込み熟成させたハム
コッパ       5ヶ月間熟成させたスパイスの効いた肩ロースの生ハム
パストラミ     豚肩ロースのペッパーハム
リオナー(パセリ) イタリアンパセリの入ったスライスソーセージ
ポワブルヴェール  緑胡麻の入った少し辛味のあるスライスソーセージ
オリーブ      オリーブを加えたスライスソーセージ
テリーヌドカンパーニュ  豚肉と豚レバーにオリジナルの香辛料を合わせたテリーヌ
テリーヌ ド グランメール  チキンレバーを使ったテリーヌ
パテ ド カンパーニュ   ポークレバーを使った田舎風パテ
鴨と緑胡椒のテリーヌ   マデラ酒で香り付けした鴨と緑胡椒のテリーヌ
鶏とオリーブのテリーヌ   鶏とオリーブを合わせたさっぱりしたテリーヌ
リエット      豚肉をラードで煮込んだフランスの保存食
レバーペースト   滑らかで食べやすいポークレバーのペースト
牛モモのスモーク  特製ビーフジャーキー
コンビーフ     特製コンビーフ
スライスして食べる
鶏のスモーク    風味豊かにスモークした鶏の胸肉
鴨のスモーク    風味豊かにスモークした鴨肉
砂肝のスモーク   風味豊かにスモークした鶏の砂肝
アイスパイン    柔らかく煮込んだ豚のすね肉
ソシソン セック  表面に白カビをまとわせた乾燥ソーセージ
チョリソ セック  パプリカ風味の辛味のある乾燥ソーセージ
ジョンダルム    クミンが香る乾燥ソーセージ
などといろいろなものがあります。

ソテーはフライパンを温めて、弱火にしてソーセージを入れ、ひっくり返したりして、パリッと張りが出たらOKだそうです。
ボイルは、鍋にお湯を沸かし沸騰したら火を止め、ソーセージを鍋に入れ、そのまま5分から6分温めると美味しく食べられるそうです。

ガリビエ (GALIBIER)の場所はこちら  石川県能美市徳山町ヤ55-1

2016年5月11日

●大阪串かつ屋

今日はミナクルのある「大阪串かつ屋」に入りました。「大阪串かつ屋」は、1月に、ほしとはーとさんに情報をいただいていたのですが、何回か行く度に、今週は昼の営業はやっていませんとか臨時休業とかで休みばっかりだったので入れなかったのです。

お店に入ると2人用のテーブル席とカウンター席がありました。1人なのでカウンター席に座ろうとしたら、お客がタバコを吸っていて半端なく煙たかったので、お店の人にテーブル席でも良いですかと聞いて、タバコの客から一番離れたテーブル席に座りました。
テーブル席には、前の客の食べ終わった食器が置かれたままでした。店員さんが1人だけなのにお客が結構入っていたので、てんてこ舞いだったようです。ミナクルの「庄や七尾駅前店」が昼の営業をやめた為にお客が流れたという面もあったのかもしれません。

ランチメニューには串かつ定食680円、ソースかつ丼定食680円、ミックス丼定食680円、TKG(玉子かけ御飯)定食540円などがありました。串かつは32種類が全て108円です。御飯のお替りは無料のようです。

しばらく待っていたのですが、注文を聞きに来てくれそうもなかったので、調理場に大きな声で串かつ定食を注文しました。
しばらくしてひと段落したようで、前の客の食べ終わった食器が片付けられました。でもテーブルを拭くことは無かったです。
冷たい水も出されました。でもお手拭きを出すのを忘れたようです。
なにかボソボソと言われたのですが、何を言っているのか判らなかったので聞き直しました。そしたら「コメがないですけど良いですか」と言われたのです。メニューを見ると「串かつ定食は、串かつ5本、ミニうどん、漬物って書いてあったので、御飯は書いてないですけど」と言うと、それに「御飯がついているんです」と言うのです。「御飯無かったら、どうなるんですか」と聞くと、「チンした御飯でも良いですか」と言われました。「チンした御飯ってなんですか」と聞くと、「レンジでチンした御飯です」と言うので「それでも良いです」と答えました。そしたら「行ってきます」と言ってお店を出ていこうとするのです。わざわざ御飯を買いに行って、それをレンジで温めて出すという事だと気づいて、「御飯なしで、うどんを普通盛りでも良いですよ」と提案して、話は丸く収まりました。

しばらくして、御飯のかわりに普通盛りのうどんが付いた串かつ定食が出されました。串かつ定食には、玉ねぎ・豚・鶏・エビ・ソーセージの串かつ、漬物、天かす付きのうどん、生キャベツが付いていました。ソースの入った小皿も付いていました。ソースの2度漬けは禁止と書かれていたので、馬鹿正直にソースを1度だけ漬けて食べました。でも小皿だと先っぽ半分しかソースを付けられないのです。キャベツは手で食べて下さいと書かれていたので、馬鹿正直にその通りにして食べました。
串かつを食べて手がギタギタになったので、途中でお手拭きをとってきました。
帰る時に小皿でも2度漬けはダメなんですかと聞いたら、定食の場合はソースが小皿に入っているので、2度漬けして良いし、キャベツも手で食べなくても良いということでした。

串かつ自体は美味しかったのですが、ソースがどろっとしていて味が濃かったのでちょっと不満でした。串かつだけだと思足りないし、ソースを漬けると塩っぱいのです。大阪で食べた串かつのソースは、さらっとしてあっさりした味だったように思います。
鶏が予想外に美味しかったです。
アイスの串かつ(108円)も注文しました。当然ながらアイスの衣は熱くなかったです。単に衣の付いただけのアイスで期待はずれでした。

ランチメニューには税抜きの価格で掲載されていたのですが、税抜きだとの表示がなく、支払いの時に消費税を加えた価格を請求されたので、いい気はしませんでした。御飯が無かったお詫びということで、アイスの串かつはサービスだと言われました。

大阪串かつ屋の串かつ定食

大阪串かつ屋の場所はこちら   石川県七尾市神明町1

2016年5月 5日

●焼肉 時しらず

今日は、焼肉 時しらずに行きました。なかなかの人気店ということで予約してから行きました。お店の前の駐車場は4台分しかなくて、すでに3台駐車してあったのでギリギリセーフです。自動車から出るとお店の人が出迎えていてビックリしました。予約した名前を言うと席まで案内してくれました。焼肉 時しらずの店内はカウンター席とテーブル席と掘りごたつ状の席がありました。予約のときからテーブル席でよろしいですかと聞かれていたので当然テーブル席でした。店内は綺麗でシャレた感じです。
入店したのは18:20くらいでしたが、すでにほぼ満席状態でした。
最初に飲物を聞かれました。ソフトドリンクが各250円というのは比較的良心的です。ウーロン茶はデカンタサイズ400円というのもあります。生ビール中は500円でした。

お肉の種類は少なめです。
牛はタン塩750円、ネギタン塩800円、上タン塩900円、カルビ(たれ・塩)750円、ハラミ(たれ・塩)850円、牛ホホ肉(たれ・塩)500円、特選サーロイン(たれ・塩)2900円、和牛いちば(たれ・塩)1500円、かいのみ(たれ・塩)850円、シロ(たれ・塩・辛口)400円、コブクロ(たれ・塩・辛口)400円、牛シマ腸650円、牛小腸650円、ギアラ550円、牛ハツ(たれ・塩)450円、牛レバー400円、牛ミノ(たれ・塩)650円、牛ホルモン3種盛り(シマ腸、小腸、ギアラ)900円、ホルモン6品盛り800円だけです。
鶏は鶏もも(たれ・塩)400円、皮塩350円、鶏ナンコツ400円、せせり塩焼き380円だけです。
豚は豚バラ(たれ・塩)400円、豚トロ450円、豚ナンコツ380円だけです。
その他に豚足300円、センマイ刺身650円、ローストビーフ刺身850円、ローストビーフユッケ850円などもあります。

タン塩750円、ネギタン塩800円、カルビ(たれ・塩)750円、ハラミ(たれ・塩)850円、牛ホホ肉(たれ)500円、シロ(たれ)400円、牛ホルモン3種盛り(シマ腸、小腸、ギアラ)900円、豚は豚バラ(塩)400円、豚ナンコツ380円、牛ハツ(塩)450円ローストビーフユッケ850円、豚足300円、サニーレタス400円、白菜キムチ300円、クッパ500円、石焼ビビンバ(スープ付)850円などを注文しました。
野菜盛り合わせがサービスで出されました。

注文したものは、それほど待つことなく出されました。1皿にはそれなりの量のお肉が入っていたので5人で食べても楽しめました。
タレに入れる薬味は何もなくて、タン塩にはレモンが付いていませんでした。ちょっと他のお店とは感じが違います。
個人的には、ネギタン塩、ハラミ(たれ・塩)、牛ホルモン(小腸)、ローストビーフユッケ、豚足が美味しかったです。
サービスで出された野菜盛り合わせが予想外に美味しくて、特にエノキダケは絶妙な味でした。今まで焼き野菜はどこで食べても美味しいと思わなかったので驚きでした。
カルビやハラミは、いつもはタレがかかった肉を焼いて、タレにつけて食べるのですが、今回は、たれと塩の両方注文して較べてみました。塩味の肉はそのまま焼いてタレにつけないで食べましたが予想以上に美味しくてびっくりしました。
石焼ビビンバは少し甘めだったのがちょっと違和感を感じました。豆板醤など味を調整するものがあったほうが良かったかな?
とは言え、全体的にハズレなく美味しかったです。

焼き網は交換をお願いすると、すぐに交換してくれました。お勘定は5人でご飯ものも食べて、飲んで(それほど飲んだ訳ではないですけど)15000円を少し越える程度なので、比較的リーズナブルなお店だと思います。レジの時に人数分だけアイスキャンディーをいただきました。

tokisirazu1.jpg tokisirazu2.jpg
タン塩とネギタン塩 野菜盛り合わせ
tokisirazu3.jpg tokisirazu4.jpg
サニーレタス ハラミ
tokisirazu5.jpg tokisirazu6.jpg
ローストビーフユッケ カルビ
tokisirazu7.jpg tokisirazu8.jpg
シロ 牛ホホ肉
tokisirazu9.jpg tokisirazu10.jpg
豚バラ 牛ホルモン3種盛り
tokisirazu11.jpg tokisirazu12.jpg
牛ハツ 白菜キムチ
tokisirazu13.jpg tokisirazu14.jpg
豚ナンコツ クッパ
tokisirazu15.jpg
石焼ビビンバ(スープ付)

焼肉 時しらずの場所はこちら   石川県金沢市鞍月3丁目51−2

2016年5月 3日

●麺屋神やぐら

今日は家族と「麺屋神やぐら」に行きました。お店の前の駐車場は満車でしたが、隣のGEOの駐車場も駐車しても良いと聞いていたので、問題なく駐車できました。「麺屋神やぐら」は土日祝日は11:30からの営業だということだったので開店少し前に行ったのですが、もう開店していて、ほぼ満席に近い状態でした。テーブル席があいていたので案内されました。
最初に発券機で食券を購入します。普通の大きさでもかなりの量だと聞いていたので、自分は「味噌やぐら」720円、家族は「ラーメン肉増」780円にしました。
ちなみに、ラーメン普通サイスは680円、つけめん普通サイスは780円、鬼油そば(汁なし)普通サイスは680円です。
食券には好みの選択が書かれていて、ラーメンは野菜の量、背脂の量、にんにくの量が選べて、味噌やぐらは野菜の量、にんにくの量が選べました。今日は、野菜の量普通、にんにくの量少な目を選びました。肉の種類も鶏肉と豚肉を選べたので、豚肉で頼みました。
テーブルには冷たい水のピッチャー、コップ、ティッシュの箱、テーブルを拭く付近、調味料が置かれていました。調味料の中には味付けを濃くするための醤油たれも置かれていました。茹でた野菜は味が薄めなので、醤油たれがあるのは嬉しいです。トッピングなどの追加の札もテーブルに置かれていて、食券を購入した後で、キムチ、味付玉子、爆辛、肉増、ビール、ギョーザなどを現金で追加注文することができます。
箸は割りばしとそうでない箸と2種類置かれていました。

麺は太麺なので茹でるのに時間がかかるという事でしたが、それほど待たずに頼んだラーメンが出されました。他の人が頼んだラーメンを見ると、野菜が山盛りになっていてびっくりしたのですが、普通盛りは、それほどでもありませんでした。初めて「麺屋神やぐら」を経験する人は、野菜多めを頼むことをお奨めします。驚くこと間違いなしです。
「味噌やぐら」はスープがこぼれんばかりにズルズルで、取り分けの容器をご用意しましょうかと言われたのでお願いしました。
にんにくは、てっぺんに生のすりおろしたのが乗せられていました。野菜普通盛りだと、見た目それほどインパクトはありません。家族は肉増を頼んだのですが、肉の量はそれほどの差があるとは思えませんでした。厚めのチャーシューが1個多いだけのようです。麺は丸い断面の太麺で歯ごたえがかなりあります。
「味噌やぐら」のスープは、かなり濃い目で、野菜や麺を食べるにはちょうど良いのですが、さすがに飲むことはできませんでした。でも飲むのにちょうど良くて、野菜や麺を食べるのに物足りないのよりは良いです。
家族は、あっという間にスープも飲み干して完食しましたが、自分は、食べても食べても減らない感じで、家族に味噌味も食べてみるって聞いて、食べるというので取り分けの容器に少し取り分けて食べてもらいました。
スープもほとんど飲まなくて、野菜も普通盛りなのに、やっとやっとで完食しました。でも美味しかったです。

麺屋神やぐら(神仙と経営が同じ)は経営者や従業員の男3人が、元従業員少年(18)が無断で店をやめたことに腹を立てて、監禁して怪我を負わせたとして 逮捕監禁致傷の罪に問われて逮捕されたという事件を起こしているので、どんな雰囲気なのかなあとドキドキして行ったのですが、活気があって良い雰囲気でした。

麺屋神やぐらのラーメン肉増
麺屋神やぐらの味噌やぐら

麺屋神やぐらの場所はこちら   石川県金沢市元菊町17-13