« 2016年5月 | 2016年6月 | 2016年7月 »

2016年6月28日

●cafe&炭火焼 なぎさGARDEN

2016年6月28日

今日は、穴水町のcafe&炭火焼 なぎさGARDENに入りました。cafe&炭火焼 なぎさGARDENができたのは、随分前から知っていたのですが、水曜日定休なので、なかなか入れませんでした。お店の前に営業中の看板が置いてあったので開店しているのかなと思って入ろうとすると閉店してたり、自動車がたくさん停まっているので開店してるのかなと思って入ろうとすると閉店していたり何度も空振りしていたのです。
どうも道路沿いのところに営業中の看板が立っている時にのみ営業しているようです。

nagisa1.jpg

店内はカウンター席と牡蠣貝を焼く炭火焼用テーブルがありますが、カウンターは食事するには狭い感じだったので、炭火用テーブルに座りました。でも炭火焼用テーブルなので、テーブルがかなり低くて、それに比べて椅子が高めなので食べにくい感じです。元々はバーベキュー小屋だったようで、炭焼きする時に牡蠣貝の殻が顔に飛んだりして怪我をしないようにというのを第一に考えているのかもしれません。、店内は手作り感たっぷりです。見た感じエアコンも無さそうでした。煙突付きのストーブがあったので、冬は寒くないかもしれませんが、真夏は暑いかもしれません。
メニューは黒板に書かれており、本日のおすすめは、刺身定食1080円、天然かきフライ定食1080円、魚フライ定食1080円、ミニ海鮮丼800円、天然岩カキ食べ放題3000円などありました。定食にはコーヒーが付いています。刺身定食の刺身の内容は黒板に書かれていましたが、こういう配慮は嬉しいものです。

cafe&炭火焼 なぎさGARDENは、女性2人でやっているようで、水と紙のお手拭きを持ってきてくれて、刺身はオコゼづくしか、アカイカ・サザエ・ハチメ・マグロの4種盛り合わせから選べると説明がありました。黒板に書かれていた刺身の内容とは違っていました(笑!)
今日は刺身定食で4種盛り合わせのほうを頼みました。
12分待って刺身定食が出されました。刺身定食には、刺身4種盛り合わせの他にご飯、味噌汁(アカモク入)、漬物(自家製)、野菜の煮物、そうめん瓜とキャラブキ(蕗の佃煮)が付いていました。
刺身は鮮度抜群でとても美味しかったし、ボリュームもあって満足しました。味噌汁もアカモクのぬるっとした感覚が新鮮で楽しめましたし、美味しかったです。野菜の煮物、そうめん瓜とキャラブキの味付けも申し分なく美味しかったです。特にキャラブキは絶品でした。キャラブキだけでも買って帰りたかったくらいです。
ご飯は、ちょっと少な目で物足りなさを感じましたが、食べ終わる頃になってご飯は足りましたかと言われたので、お替わりができたのかもしれません。どうせならもっと早く言って欲しかったなあと思いました。食後のコーヒーも美味しかったです。
この内容で1080円は大満足です。
cafe&炭火焼 なぎさGARDENは、能登の食 美味しいランチの飲食店の一つ星に登録しました。

nagisa2.jpg

cafe&炭火焼 なぎさGARDENの隣が魚屋(渚水産)だったので、お店と関係あるのですかと聞くと、渚水産がcafe&炭火焼 なぎさGARDENのオーナーだという事でした。
それで渚水産のパンフレットを渡され、見てみるとイカの丸干しがあったので、美味しいのですかと聞いたら、美味しいですよと言うので、食事が終わってから買いに行きました。イカの丸干しって当たり外れが大きいのです。
魚屋さん(渚水産)は、魚の種類も少なく、金沢の魚屋さんとと比べると冴えない感じでした。田舎の魚屋さんは、だいたいこんな感じです。渚水産は、どうも加工品に重点をおいているお店のようです。イカの丸干しを下さいと言うと、奥の冷凍庫から出してくれました。加工品の売り場を見ると、イワシの味醂干しがあったので、そちらのほうも買いました。でも、よく考えたら、今日は保冷庫を持ってきてなかったのでした。穴水で買い物しようという時には保冷庫を持ってくるのですが、今日は突然だったので用意してかなったのです。金沢まで持って帰っても大丈夫ですかと聞くと保冷バックに入れましょうかと言われました。保冷バック代を払うのは嫌だったし、袋に氷入れて、その中に入れてくれれば良いですと言ったのですが、結局、保冷バックに入れてもらう事になりました。話してる途中で、ひょっとして保冷バックはサービスかなって気はしていたのですが、あまりにりっぱなのでビビリました。しかも大きめの保冷剤を入れてくれました。
余計な物にお金を払うのは嫌だけど、お店に余計な負担をかけるのも嫌なので、保冷バックは次回に返しに来るという事にしました。
ちなみにイカの丸干しは4入りで600円、イワシの味醂干しは6入りで400円、総額1000円でした。家に帰ってパンフレットを改めて見ると、ネット販売にも力を入れているようです。
魚屋さんの方は水曜日も営業しているそうです。cafe&炭火焼 なぎさGARDENによると、季節にはナマコや牡蠣も売っているそうです。最近、穴水では魚屋さんが減って、美味しいナマコや牡蠣貝やモズクが入手しにくくなっていたので期待できるかな?

nagisa3.jpg
nagisa4.jpg
nagisa5.jpgnagisa6.jpg

cafe&炭火焼 なぎさGARDENの場所はこちら 石川県鳳珠郡穴水町曽根ネ-8-5 

2016年6月29日

今日、イワシのミリン干しを食べました。塩っぱくて、甘さがなく美味しくなかったです。家で作るのが何倍も美味しかったです。

2016年7月2日

今日、イカの丸干しを食べました。普通でした。

2016年6月22日

●コイノボリ食堂

今日はかほく市のコイノボリ食堂に行きました。幹線道路には面していないので、知名度はかなり低いと思われます。
カーナビに登録してたどりつきました。
コイノボリ食堂の外観は目立たないので、うっかりしてると通り過ぎてしまいます。

koinobori1.jpg

コイノボリ食堂の店内には靴をぬいで入ります。店内には床に座るテーブル席と、低い椅子のあるカウンター席がありました。
カウンター席に座ると冷たい水と紙のお手拭きが出されました。メニュー(カレー)は日替わりのようで、黒板に掲示してあるだけです。
本日のメニューは野菜カレー1000円とチキンカレー1200円です。いずれも、もう1種類のカレーが付いていて、ひよこ豆カレーと大豆カレーから選べます。副菜には大根のスパイス胡麻和え、キューリとトマトのスパイス炒め、小松菜の炒め物と書かれていました。
今日は、チキンカレー1200円を頼み、もう一種のカレーは、ひよこ豆カレーを選びました。
13分くらいでチキンカレーが出されました。最初に食べ方の説明がありました。最初はライスにひよこ豆カレーだけをかけて食べて、その後、チキンカレーや副菜を混ぜて食べて下さいということでした。辛いのが好みの場合にということで、香辛料(緑色で大根おろしのような外観)も出されました。
言われた通り、最初はライスにひよこ豆カレーだけをかけて食べたのですが、あまり味がしません。辛くも無いです。香辛料を付けたのですが、かなり加えないと辛くはならないです。副菜を混ぜても、あまり味がしないのは一緒です。
キューリとトマトのスパイス炒めは、炒めてあるって感じではなくて単なる生野菜って感じです。小松菜の炒め物も生野菜って感じですが、ドレッシングの味は良かったです。食器はスプーンだけだったのですが、野菜もあってスプーンだけというのは違和感を感じました。
チキンカレーを食べて初めてカレーらしくなりました。ただ、チキンカレーも決して辛くはありません。
パンみたいのものはチャパティっていうのかな。これはチキンカレーをつけて食べました。
食後に、ブルーベリーが入ったヨーグルトが出されました。美味しかったです。
店員さんに、お口に合いましたかと聞かれ、チキンカレーだけのほうが良かったと言うと、ネパールカレーは必ず豆のカレーが付いて、混ぜると美味しいんですよと言われました。
確かに、チキンカレーだけだと普通のインドカレーになってしまいます。

koinobori2.jpg
koinobori3.jpg

コイノボリ食堂の場所はこちら  石川県かほく市高松夕-19-14

2016年6月18日

●ボッテガ ディ タカマッツオ(Bottega di Takamazzo)

今日は、娘のおごりでボッテガ ディ タカマッツオ(Bottega di Takamazzo)に行きました。
ボッテガ ディ タカマッツオ(Bottega di Takamazzo)は石川県でNo1のイタリア料理店だという認識は持っていて、行きたいと思っていたのですが、1人で入るなどと贅沢なことはできないし、かといって家族全員で行くには負担が大きいので行けなかったのです。娘はボッテガ ディ タカマッツオ(Bottega di Takamazzo)が大好きで何度も行っているのです。
ボッテガ ディ タカマッツオに予約入れようとした当日(5月31日)に、ミシュラン石川・富山2016の発表があり、ビブグルマン(3500円以下で食事ができるコストパフォーマンスが高い店)に登録されたので、焦って電話したのですが無事予約できました。

ボッテガ ディ タカマッツオの近くには1時間100円で駐車できるコインパーキングがたくさんあるので安心していたのですが、さすがに土曜日の19:30近くという事で、どこも満車で、結局30分100円の軽専用の狭い駐車場に苦労して駐車しました。娘も運転が上達したなあと感慨も(笑!)
ボッテガ ディ タカマッツオ(Bottega di Takamazzo)には予約時間19:30ちょうどに着きました。店内は5人程度のカウンターと4人掛けのテーブル席1つで満席状態でした。予約できた席は2階でした。2階には4人掛けのテーブル席が2つありました。

座って気づいたのですが、4人掛けのテーブルは2つの2人掛けのテーブルを2つ並べたものでした。2階のテーブル席はいずれも2人での利用でした。2人だとテーブルを分けて使用すれば、もっとお客さんを入れられるのに、そういう事は決してしないようです。娘は2人で来ることが多いけれど、いつも4人掛けのテーブル席を2人で使っているそうです。
19:30に予約をとっていたのですが、ひょっとして開店からそのテーブルは空けておいたのかなあ?そう考えると予約ってお店にとって不利なシステムだなあと思いました。予約をとらなければ、その時間までにもう1グループお客をとれていたのですから。

ボッテガ ディ タカマッツオ(Bottega di Takamazzo)には3人の店員がいて、1人は料理人、1人はチーフの接客(予約の受付・レジ・料理の説明)、もう1人はサブの接客(説明の必要がない料理の出す係)と担当がはっきりと分かれている感じでした。
チーフの接客の人に、案内されて、メニューが出され、本日の日替お奨めメニューと大まかなオーダーの仕方の説明がありました。
ボッテガ ディ タカマッツオ(Bottega di Takamazzo)にはコースが無いのです。メニューは大体が2人分の量で、冷前菜から1品、温前菜から1品、パスタ・リゾットから1品、メイン料理から1品、よろしければデザートから1品、その他飲み物というのが基本ということでした。
注文の時に、サブの接客の人が来たのですが、自分の物覚えが悪いのとブログで料理の内容を書きたかったので、改めて日替お奨めメニューの内容を聞くと、ちょっとチンプンカンな返答でした。パスタのクリームソースをトマトソースのパスタと答えると言うのは、ちょっとお粗末かな・・・・
飲み物は自分はビール700円を頼みました。娘はジュース500円です。 
冷前菜からトスカーナ風前菜の盛り合わせ1600円(×2?)
温前菜からスカモルツァチーズのソテー 野菜添え 800円
本日のおすすめのパスタ(ポルチーニ茸のパスタクリームソース)1600円
本日の肉料理(和牛のトリュフ添え)1800円
デザートは自分はメレンゲの王冠を纏ったケーキ600円、娘は生クリームのプリンと盛り沢山のフルーツ600円
を注文しました。価格は税別で、その他にパン・サービス量として1人300円の請求があります。
総額で11000円でした。
トスカーナ風前菜の盛り合わせは、チーフの接客係が持ってきてくれて、凄い種類の多い料理の1つ1つを説明してくれました。とても覚えきれるのものではありませんが、黒鯛や鰯、甘海老、生ハムなど8種類の料理がありました。どれも美味しく、いろいろな味を楽しめて最高でした。これだけでボッテガ ディ タカマッツオ(Bottega di Takamazzo)に来たかいがあったと思いました。料理によってはソースがかかっていたのですが、ソースは少し甘くてフルーティな味が抜群でした。

Takamazzo1.jpg

スカモルツァチーズのソテー 野菜添えもソースが美味しかったです。

Takamazzo2.jpg

ポルチーニ茸のパスタクリームソースは、ポルチーニ茸が部位によって食感が違っていて楽しめました。麺は少し平べったい形状で、かなり硬めでした。もちろん芯が残っているというような事は無かったです。最近、こういう硬い麺のパスタと出会う事が多いのですが流行りなのかなあ。クリームソースは上品な味付けで個人的は塩を加えたいと思いました。個人的には唯一のハズレでした。

Takamazzo3.jpg

和牛のトリュフ添えはお肉が柔らかく、焼き方もレアでちょうど良く、ソースの味は抜群で最高でした。ボッテガ ディ タカマッツオ(Bottega di Takamazzo)のソースってどれも、ほんのり甘くてフルーティな感じがします。トリュフは食べた事があるとは思うのですが、意識して食べた事が無かったので、トリュフだけで食べてみました。それほど味はしませんでした。トリュフって香りの食物なので、こんなもんなんでしょうね。

Takamazzo4.jpg

デザートは最初は遠慮したのですが、娘が頼めと言うので頼んだのですが、単なるケーキではなく豪華なデザートいう感じで頼んで良かったです。娘と分け合って両方のデザートを食べました。美味しかったです。

Takamazzo5.jpg
Takamazzo7.jpg

総額で11000円だったのですが、計算が合いません。
トスカーナ風前菜の盛り合わせを1つ分として計算すると、11000円より安くなるし、トスカーナ風前菜の盛り合わせを2つ分として計算すると11000円より高くなるし、和牛のトリュフ添えが2人両方で1800円というのは安すぎのような気もするし、よく判りません。トスカーナ風前菜の盛り合わせを2つ分として計算して半端の金額をおまけしたのかもしれません。
どちらにせよ、あの内容で2人で11000円というのは大満足の食事でした。
帰る時(21:30)には1階にはお客はいませんでした。ボッテガ ディ タカマッツオ(Bottega di Takamazzo)のディナータイムは18:00〜22:00です。

ボッテガ ディ タカマッツオ(Bottega di Takamazzo)の場所はこちら  石川県金沢市片町 2-32-10

2016年6月15日

●麺屋まる 羽咋店

今日は、金沢バス実況さんから情報提供していただいた「麺屋まる 羽咋店」に行きました。羽咋駅のロータリーにあるってことなので、場所はすぐにわかりました。
開店の花輪がいくつも並べられていたけど、なんかシャッターが閉まっているような・・・・

marumen2.jpg

駐車場も見当たらないので、羽咋駅に自動車を停めて様子を伺いました。よく見ると2階に「麺屋まる 羽咋店」があるようです。ちょっと入りにくい雰囲気ですが、恐る恐る2階に上がってみると、建物の中は外から見るより広い感じです。テナントが入っていなくてガラガラではあるけど、何軒ものお店が入れるような感じのフロアーです。そんな中に「麺屋まる 羽咋店」がありました。12:50にお店に入ったのですが、お客は誰もいなくて店員がお客の席に座っていたりして寛いでいました。
「麺屋まる 羽咋店」の店内は小上がりの席とカウンター席があり、カウンター席に座りました。
メニューを見ると基本的には和風ラーメンと豚骨ラーメン、焼きラーメンなどがありましたが、何を選べば良いのか判らなかったので、お店の人に、この店の定番は何ですかと聞きました。そしたら和風ラーメン700円と牛すじラーメン780円がお奨めということでした。和風ラーメンは一番安いラーメンですが、それでも700円というのはちょっと高いかなあと感じました。
牛すじは大好きなので、今日は牛すじラーメンを頼みました。大盛はあるのですかと聞くと、大盛は無いけど、替え玉120円があるということでした。ちなみに御飯は小が100円でした。お昼にはセットメニューとして、ミニ焼きめしorミニ牛すじ丼orミニチャーシュー丼とのセット300円というのもありました。御飯+(唐揚げ3個or春巻き2個or餃子4個)のセット300円というのもありました。
カウンターには、冷たい水が入っているピッチャーとコップが置かれていました。お水はセルフのようです。
それほど待つ事無く牛すじラーメンが出されました。
麺は細麺で昔ながらの麺って感じです。牛スジは柔らくぽちゃぽちゃで味付けも良く美味しかったです。スープはあっさり系ですが、塩気がかなり効いています。でも、しょっぱくはなく美味しいスープです。具は牛スジの他に、かまぼこ、ほうれん草、ネギが入っていました。
美味しいラーメンだと思いました。最初は、替え玉を頼もうと思っていたのですが、麺とスープをバランスよく食べていたら、麺を食べ終わった時にはスープはあまり残っていなかったので替え玉は断念しました。
結局、帰る時までお客は入ってきませんでした。
開店の花輪が無くなるとお店の存在感がより希薄になると思うけどお客さん来るのかなあと余計な心配をしました。
駐車場は無いのですかと聞くと、裏側にあるという事でした。

marumen.jpg

麺屋まる 羽咋店の場所はこちら   石川県羽咋市川原町チ   

金沢バス実況さん、情報提供ありがとうございます。
麺’sじむり 寄ってみます。羽咋のインド料理のお店も変わったみたいだし 
行くのが楽しみです。

麺’sじむりの話題
4月22日ランチ営業中始めますと、シャッターに貼り出されました!
2階に、あること、駐車場はが裏にあることが一目瞭然にw
日曜定休です!
古永建設庭園の桜も見頃です!
きどぐちやが一つ星取ったぞ!個人のブログやけどって話されている方がいました!
頑張ってください!

麺sじむり 思いがけず美味しいですよ。
無化調だし、ただお客さんがいないです。

情報提供ありがとうございます。あの場所で夜だけだと来る人がかなり限られると思うんですけどやっていけるんでしょうか?

はじめまして、何時も拝見しています。

この場所の○さん閉店していて今その方が店名を変えて,違うお店やってますよ。夜だけの営業とか?名前は確か(麺’sじむり)だったような?自分も今度行ってみたいと思います(^-^)

1月26日(木)夕方6時にラーメン店として、営業再開しますと、電光掲示板にて宣言中!

金沢バス実況さん、情報提供ありがとうございます。
麺屋まる 羽咋店の場所は、あまりにもインパクト無さすぎですよね。

残念ながら、3ヶ月くらい休んでますね
ネオンには、ラーメン店は、しばらく休ませていただきますと!流れていましたが
一階にでも何か出来ないかなぁ?と

俊さん、わざわざ訪問ありがとうございます!電光看板が付いて半月、旗が立って1週間くらいです!学生さんが二階へ上がっていかれてますね!不定休から月曜休みになったかも?

2016年6月13日

●パティシエ イマムラ

雑誌を見てたら、パティシエ イマムラのレアチーズがブルーベリーがたっぷりのっていて美味しそうだったので買いに行ってきました。本当は、レアチーズを5個買おうと思ったのですが、3個しか売っていなかったので、レアチーズ390円を3個と、ホワイトチョコレート系のケーキ400円を2個買いました。
せっかくなので、分け合って両方とも食べました。
レアチーズは、酸っぱさが控えめで甘さとの調和が絶妙でした。やっぱりチーズケーキとブルーベリーとの組み合わせは最強です。気に入りました。
チョコレート系のケーキもムースたっぷりで、甘さがありながら上品さを感じられるケーキでした。気に入りました。
パティシエ イマムラは存在すら知らないケーキ屋さんだったのですが、大満足でした。

imamura1.jpg
imamura2.jpg

パティシエ イマムラの場所はこちら   石川県金沢市北塚町西455

2016年6月 8日

●soi

今日は、soiに行きました。soiはお弁当屋さんですがイートインもできるということです。
実は先週、soiの場所だけを確認しようと思って前を通ったのですが、通り過ぎてしまい見落としたのです。それで今日はカーナビに登録して行きました。
カーナビに登録したので、たどり着けましたが、七尾方面から通るとお店がある事が全く分からないので見落としても仕方ないと思います。

soi1.jpg
soi2.jpg

最初、奥の建物がお店かなあと思ったのですが、開店している雰囲気はありません。諦めて帰ろうとしたら、手前の小屋のところに人がいて、初めてお店であると気づきました。
特にメニューとかは無いので、お弁当1つというと800円だと言うので支払いを済ませました。御飯の大盛がサービスになっていますということだったので、大盛でお願いしました。お店は姉妹でやっているようです。

お店でお待ちくださいと言われたのですが、お店がどこだか判らなくて、お店ってどこですかと聞くと、屋根のあるところでお好きなところでお待ちくださいということでした。壁が無くて屋根だけあってテーブルと椅子が置かれていたので、ここでも食べられるのですかと聞くと、食べていかれますかと言われたので、ハイと答えました。

テーブルに座ると、レモンとハーブ入りの冷たい水が入ったピッチャーが出されました。爽やかな香りの水でした。

soi3.jpg

5分ほど待って、紙の容器入りのお弁当が出されました。どんな料理が入っているかが書かれた「お品書き」も添えられていました。ドレッシングは下に入れてありますので、食べる時は混ぜて食べて下さいと言われました。

soi4.jpg

お品書きによると、七尾産鰯とエゴマの葉チーズ焼き、鶏唐揚げの黒酢和え、だし巻き卵、香菜ポテトサラダ、干し海老と野菜のオイスター春巻き、夏野菜のナンプラーマリネ、あんがとう農園のサラダ×自家製ドレッシング、御飯のオトモ梅干し、季節のくだものネーブルオレンジということでした。「お品書き」があるってありがたいです。何を食べているか判って食べるのって良いですよね。
soiのお弁当は、どの料理も、心がこもっていて手間がかかっています。味は、エスニック感いっぱいですが辛くはありません。
鶏唐揚げは中に骨があると思って覚悟して食べたのですが、骨が無くて儲けた気がしました。
御飯は大盛ですが、大盛で普通って感じです。御飯には押し麦が混ざっていました。
最初見た時ちょっと高いかなあと感じたのですが、値段だけの価値は十分にあると思いました。美味しかったです。
どこから来たのですかと聞かれて、金沢からですと言うと驚いていました。

soi5.jpg

soiの場所はこちら  石川県鹿島郡中能登町水白22-11-4

soiさん大好きです!
カフェ食堂れんげやさんはもう行きたくないです。

カフェ食堂れんげやは、再訪したいとは思っているのですが、なかなか行けません。水曜定休が残念です。

SOi、ボリュームタップリ、自然の中で食べるのが良いですね!
カフェ食堂れんげや、夏メニュー登場!
※ランチのボリュームが増しました

2016年6月 4日

●和香居

2016年6月4日

久しぶりに和香樓(和香楼)に行ったら店の名前が和香居に変わっていました。
今日は2人で行きました。麻婆飯700円とエビのマヨネーズ小盛り580円、砂肝と双椒強火炒め定食980円を注文しました。
店内に、本日のおすすめ料理の掲示があって、麻婆豆腐が半額で650円が320円、五目炒飯+水餃子5個700円、五目炒飯+麻婆豆腐700円、冷麺orジャージャー麺+中華飯or炒飯or天津飯or麻婆飯800円がありました。
生ビール+揚げピーナッツ+焼き餃子+6種から選べる1品料理980円というのもありました。なんか凄いお得感があります。
麻婆飯は、いつも食べる麻婆豆腐とは味が違っていましたが美味しかったです。エビのマヨネーズは個人的には嫌いなんですが、今まで食べたエビのマヨネーズの中では最も美味しかったです。でも嫌いなものは嫌いです。
砂肝と双椒強火炒め定食には、砂肝と双椒強火炒めの他に、鶏の唐揚げ、御飯、スープ、漬物、野菜サラダ、胡麻豆腐が付いていました。
砂肝と双椒強火炒めは、辛いですが大丈夫ですかとお店の人に言われましたが、それほど辛くなく大丈夫でした。砂肝の独特な食感とチョイ辛で胡椒の効いた味が抜群で凄く美味しかったです。
どれも美味しくてお腹いっぱいで満足してレジに行ったのですが、麻婆豆腐が半額だったからなのか合計1860円でした。2回計算して2回とも1860円だったので間違いでは無いのだと思います。

wakoui1.jpg
wakoui2.jpg
wakoui3.jpg
wakoui4.jpg

2010年11月20日

今日は夕食に和香樓(和香楼)へ行きました。
和香樓の店頭に今日の日替セットが掲示されていました。Aセットは豚肉ときくらげ玉子炒め定食700円,Bセットは特製坦々麺+半炒飯700円でいずれも食後のデザートがついているとのことです。夕食にもこんなにお得なセットがあるというのは嬉しいです。
和香樓の店内にはカウンター席とテーブル席があり3人で行ったのでテーブル席に座りました。
すぐに冷たい中国茶を持ってきてくれました。テーブルには中国茶の入ったピッチャーが置いてあり,自由にお替りできるようになっています。
和香樓のメニューを見ると定食として鶏の唐揚定食600円,鶏肉ともやしの黒胡麻炒め定食650円,豚肉・にんにくの芽四川風炒め定食700円,海鮮と野菜炒め定食750円があり,セット物として回鍋肉+ミニ天津飯530円,ミニ八宝菜+醤油ラーメン+ライス(小)580円,焼き餃子+醤油ラーメン+ライス(小)680円がありました。単品のメニューもかなりありました。
お奨めとして豚の角煮750円の貼り紙がありました。
今日は鶏肉ともやしの黒胡麻炒め定食650円,豚肉・にんにくの芽四川風炒め定食700円,海鮮と野菜炒め定食750円,豚の角煮750円を注文しました。
最初に豚の角煮が出されました。味付けは中国風で3つの角煮のうち1つは少しぬるくて固かったです。下準備してあった角煮を再び煮る時間が短かったので大きめの豚の角煮が煮込み不足だったのだと思います。一緒に入っていた野菜は美味しかったです。
その後,豚肉・にんにくの芽四川風炒め定食,鶏肉ともやしの黒胡麻炒め定食,海鮮と野菜炒め定食が出されました。主菜は3人で分けて食べる事にして取り皿を出してもらいました。
どの料理も,味はちょっと濃い目だったのですが美味しかったです。定食には主菜の他に,玉子ときのこのスープ,中国風漬物,野菜サラダ,ライスがついていました。食後のデザートとして中国風プリンが出されました。
和香樓(和香楼)は料理人が女性で中国の人のようでした。男性(夫婦?)が接客をしていました。
安くて美味しくてお腹一杯で満足しました。

和香樓(和香楼)の豚角煮和香樓(和香楼)の豚肉・にんにくの芽四川風炒め定食
和香樓(和香楼)の鶏肉ともやしの黒胡麻炒め和香樓(和香楼)の海鮮と野菜炒め
和香樓(和香楼)の食後のデザート

和香居の場所はこちら   石川県金沢市間明町1-30

あの辺りには2軒、安くて美味しい中華のお店があったのですが、1軒は営業をやめていました。和香居は、いつまでも営業を続けて欲しいです。

1月28日、土曜の夜に訪問しましたが
続々と、お客が来る繁盛店でした!
ラーメンと、料理がセットになった定食は、平日限定でしたが、料理の定食は、休日も注文可能でした!
麻婆茄子定食を食べましたが、香辛料が効いていて美味しく頂きました!
半額料理もあり

2016年6月 1日

●主婦の店

今日は、七尾市役所裏にある「主婦の店」に入りました。
「主婦の店」は少し前に見つけていて、新しいお店かなと思っていたようですが、かなり前から存在してたようです。そう言えば、以前にも気が付いていたのですが、お弁当が主で、店内での食事をするお店ではないと思っていて存在を忘れていたような記憶があります。
店頭にランチメニューが掲載してあり、今日のランチメニューはAランチ450円がかれいのフリッター、Bランチ550円がポークヒレカツ、Cランチ650円はAランチとBランチのミックスでした。
「主婦の店」の店内は、カウンター席、テーブル席、こあがりの席があり、意外と多くの人が入れるようになっていました。
今日は、Cランチを注文しました。カウンター席に座ると、冷たいお茶が出されました。
注文してからCランチが出されるまで10分ほどかかりました。お手拭きが出されなかったので、手を洗う場所を教えてもらいました。
Cランチはお弁当のトレイに入れられて出されました。味噌汁は別に出されました。
Cランチには、ポークヒレカツ、かれいのフリッター、野菜と竹輪の煮物、野菜サラダ、出汁巻玉子、漬物、果物、ご飯、味噌汁、梅干しが付いていました。
かれいのフリッターってどんな料理かなと思っていたのですが、かれいの天ぷらにドレッシングがかけられた料理でした。期待してなかったのですが美味しかったです。その他の料理は味付けが良くて美味しかったです。
お茶は飲み干してあったのですが、特に配慮はありませんでした。

syuhunomise.jpg

主婦の店の場所はこちら   石川県七尾市袖ケ江町18