« 2011年3月 | 2011年4月 | 2011年5月 »

2011年4月27日

●幸楽

今日は和倉温泉の幸楽に行きました。幸楽は鉄板焼のお店で、お店のドアの前にお昼のメニューが掲示されていたので安心して入れました。幸楽の店内はカウンターだけのこじんまりしたお店で、カウンターに座るとすぐにタオルのおしぼりと冷たい水を出してくれました。
幸楽はご夫婦でお店をやっているような感じでした。
幸楽のお昼のメニューにはお好み焼き定食800円,焼きそば800円,豚バラ生姜焼き定食880円,野菜炒め定食880円,豚ホルモン定食880円,鶏の味噌焼き定食880円などがありました。
今日は豚ホルモン定食を注文しました。豚ホルモンは奥さんが目の前の鉄板で焼いてくれました。
待っている時に、ご主人さんが水を飲み干した事に気づいて新しいコップに水を入れて出してくれました。
豚ホルモン定食には豚ホルモンとタマネギの炒め物、だしまき玉子、野菜サラダ、魚入りの味噌汁、漬け物がついていました。割り箸は先が細い割り箸で食べやすかったです。食べている途中にお茶を出してくれました。ご主人さんの1つ1つの動作がさりげなく自然な感じで感心しました。幸楽の料理は、どれも味付けが良く美味しかったです。後でネットで調べたら御主人さんは和倉温泉加賀屋で板前をやっていたとのことです。

幸楽の豚ホルモン定食

クーポンを探す   幸楽の場所はこちら  石川県七尾市和倉町ヨ-5

2011年4月20日

●しろうま弁当

今日は,しろうま弁当に入りました。しろうま弁当は「八幡のすしべん」っぽいお店という印象だったのですが,定食という看板に興味をもって入ってみました。
弁当と書いてあるわりには弁当は置いてなく,おにぎりが数個置いてあるだけのようでした。水やお茶はセルフです。
メニューを見ると各種うどん・そばと,それと組み合わせた定食があるだけでした。
味噌汁定食500円,うどん・そば定食550円,月見うどん・そば定食600円,いなりうどん・そば定食600円,天ぷらうどん・そば定食650円,山かけうどん・そば定食650円,山菜うどん・そば定食650円,天玉うどん・そば定食700円,カレーうどん・そば定食700円,ざるうどん・そば定食750円,牛カルビうどん・そば定食750円などがありました。
今日は月見うどん定食600円を注文しました。
それほど待つことなく月見うどん定食が出されました。しろうま弁当の月見うどん定食には,月見うどんと御飯,冷奴,白身魚のフライ,ナスの天ぷら,漬物,長芋とワカメとキュウリの酢物が付いていました。
白身魚のフライとナスの天ぷらは造り置きしてあるもので冷たかったです。長芋とワカメとキュウリの酢物と月見うどんは美味しかったです。お腹一杯になりました。月見うどんにしたことを少し後悔しました。月見うどんだとダシを飲まないと勿体無いのですが,お腹一杯でダシを飲みきれませんでした。
味噌汁定食はうどんやそばの替りに味噌汁が付くのだそうです。

しろうま弁当の月見うどん定食

クーポンを探す   しろうま弁当の場所はこちら  石川県七尾市白馬町32-19-1

2011年4月13日

●レストランとうりゅう

2011年1月5日

今日はレストランとうりゅうに入りました。レストランとうりゅうは過去に何度か入ったのですが、自動発券機が置いてあるのに稼動していなくて,レジで食券を購入して下さいと書いてあるのに,食堂のレジに職員も誰もいない。隣接しているお土産ブースも無人で,お客も誰もいなくて閑散としているので結局食事をしなくて帰ったことがありました。多分,団体の予約客だけしか相手にしていないお店なんだと思ってました。
今回は久しぶりにレストランとうりゅうに入ったのですが自動発券機は撤去されていて、ショーケースのところに行くと、いらっしゃいませという声がかかりました。あまりの変わりようにびっくりしました。よく見ると改装したみたいで,以前は大きな広々とした食堂だったのですが、今は喫茶コーナーが設けられたりして,ちょっと変わっていました。食堂の奥のほうは広く,海の景色が美しいです。
レンソトランとうりゅうのメニューとしては、とうりゅう定食1575円、能登定食1575円、ステーキ定食1365円、刺身定食1365円、釜飯定食1365円、てんぷら定食1260円、ロースカツ定食950円,サービスランチ735円の他に釜飯840円,能登カキ丼(12月から3月)1000円,ステーキ丼(4月から11月)1200円などがありました。
釜飯は時間がかかりますかと聞くと,そうでもないですということだったので,釜飯定食を食べることにしました。
食堂の入口のところで釜飯定食1365円の食券を購入すると,水と紙のオシボリはセルフなので持って行って下さいということでした。
水と紙のオシボリを持ってテーブルで待ってると,しばらくしてお茶を持ってきてくれました。
結局,釜飯定食が出されるまで20分待ちました。デジカメの電池が切れていて,しかも予備電池を持ってくるのを忘れたので,料理の撮影はできませんでした。
レストランとうりゅうの釜飯定食には釜飯と,刺身と味噌汁と漬物,そして小鉢に黒豆の煮物とレンコンの酢物が付いていました。刺身はサワラとイカと甘エビが付いていましたが新鮮さは感じませんでした。釜飯は,味付けが良くて美味しかったのですが,上に乗っていたカニ身はお粗末でした。
レストランとうりゅうは基本的には団体客がターゲットで,安定して大量に入手できる素材をもとにメニューをつくっているので,そのあたりには限界があるのだと思います。
お茶は飲み干してあったのですが,途中で追加して注いでくれました。

2011年4月13日
今日は早めに食事をしたかったのでレストランとうりゅうに再訪しました。レストランの入口に向かうと喫茶店の店員が「いらっしゃいませ」と声をかけすぐにレジに入ってお客が料理を選ぶのを待つような体制になっていて、以前のように料理を選んでも注文を受ける人が誰もいないという事は無くなったようです。
今日はサービスランチ735円をレジで頼み代金を支払いました。そしたら、サービスランチの食券とサービスコーヒーの食券を渡されました。水とおしぼりはセルフなので自分でテーブルに持っていきます。テーブルに座るとお茶が出されました。
それほど待たされずサービスランチが運ばれてきました。レストランとうりゅうのサービスランチには刺身(イカ、サワラ、甘えび)、タケノコの煮物、揚げ物(鶏の唐揚げ、練りものの団子の揚げ物、春巻、牡蛎フライ)、味噌汁、ご飯、漬け物がついていました。刺身はそれほど新鮮さを感じませんでした。揚げ物は種類が多いですが1個の大きさが小さいので,それほどボリュームはありません。
食後のコーヒーはタイミング良く出てきました。

レストランとうりゅうのサービスランチ

クーポンを探す   レストランとうりゅうの場所はこちら   石川県鳳珠郡穴水町根木ロ160

2011年4月 6日

●そば処 里山

今日は羽咋市の神子原農産物直売所に隣接するそば処 里山に行きました。閉店時間の14:00ぎりぎりだったので空いていました。テーブル席に座ると水を出してくれました。メニューはそば(温)700円,いなりそば(温)800円,とろろそば(温)800円,ごんぼそば(温)800円,ちからそば(温)850円,ざるそば(冷)800円,とろろそば(冷)900円,菜っぱそば(温)800円などがありました。大盛は200円高です。おにぎりは110円で,梅干・昆布・塩の3種類があります。
お店の人に冷たいのと温かいのとどちらが美味しいですかと聞くと,個人的には冷たいのが美味しいと思うと言うので,今日は,とろろそば(冷)と梅干のおにぎりを注文しました。
おにぎりが先に出されたのですが,隣の神子原農産物直売所から持ってきたおにぎりで,パッケージされたおにぎりでした。梅干などの味は良かったのですが,お米の美味しさは感じられませんでした。
それほど待たずに,とろろそば(冷)が出されました。写真を撮ってるのを見られて,綺麗に撮って下さいと言われました(笑!)
そば処 里山のそばは,細めでコシが強いそばで,そばの香りはそれほどしませんでした。汁は甘めの濃い口で好みの味でした。美味しいそばでした。
水は飲み干してあったのですが,特に配慮はありませんでした。そば湯も出てきませんでした。

ついでに神子原農産物直売所も覗いてきました。味噌と生椎茸とおはぎを購入しました。地元の人と思われる人が,それなりに来ていて買い物をしていました。
おはぎは手作りで田舎っぽい素朴な味でした。
生椎茸は今まで見たことの無い大きな椎茸で軸は汁物に入れて,傘は焼いて食べました。なんとも言えないインパクトのある味がして感動しました。
味噌は,最近美味しい味噌に出会えなくて,鶴来や大野でいろいろな味噌を購入して食べていたのですが,神子原農産物直売所の味噌はその中でも最も美味しい味噌だと感じました。ただ1Kg700円と値段も一番高かったです。

そば処 里山のとろろそば

そば処 里山の場所はこちら  羽咋市神子原町は190番地

金沢バス実況さん、情報提供ありがとうございます。
随分、定休日が増えたのですね。そば定食を食べてみたいです。

定休日が、水・木・第三火曜 祝日営業
平日限定、そば定食(数量限定
を、おすすめします

10月ごろ伺ったとき
ざる蕎麦頂きましたが
蕎麦湯出して貰えましたよー
ご参考まで・・

コメントありがとうございます。
茗荷庵はそば処 里山に行く途中に見かけたのですが,水曜日が定休日のようです。
能登へは水曜日に行く事が多いので,行くのに敷居が高いのですが,機会を見つけて行ってみたいと思います。
ちなみに,羽咋近辺には,もう一軒興味をもっている蕎麦屋さんがあります。

更新をいつも楽しみにしています。私が行くのは日曜日になりますが、出かける際は参考にさせてもらっています。
神子原農産物直売所からほんの少し羽咋市街地側に「茗荷庵」という御蕎麦屋さんがあります。
私は里山で食べたことがありませんので直接比較することはできませんが、
茗荷庵の蕎麦も美味しかったです。よろしければ一度お試しください。