« 2008年11月 | 2008年12月 | 2009年1月 »

2008年12月25日

●ル ミュゼ ドゥ アッシュ

めいてつ・エムザからおせち料理とクリスマスケーキの申し込みの案内がきてたので、今年のクリスマスケーキはル ミュゼ ドゥ アッシュのケーキを申し込みしておきました。息子が高山から帰ってくるのが遅くなりそうだったので25日受け取りにしていて、今日がケーキの日になりました。

ル ミュゼ ドゥ アッシュは話題の辻口博啓プロデュースのお店で和倉温泉「加賀屋」がやっているお店です。以前、ル ミュゼ ドゥ アッシュの焼き菓子を食べてがっかりさせられた事があるので、あまり期待していませんでした。まあ辻口博啓氏が国際コンクールで優勝したと言っても細工部門での優勝で、美味しいから優勝したわけでも無いし、まして辻口博啓が直接製作にたずさわっている訳でなく、辻口博啓のレシピにしたがって加賀屋が作っているというだけなので、それほど期待はしてませんでした。

今回購入したのはエヌ フロマージュというエダムチーズを使ったフロマージュですが、生クリームの甘さとフロマージュと柑橘系の味の調和が良くて美味しかったです。とはいえ、金沢には美味しいケーキ屋さんが随分増えたので、それらのケーキ屋さんと較べれば普通レベルのケーキです。フロマージュという意味では小樽ルタオのドゥーブルフロマージュのほうが美味しいです。

tujiguti1.jpgtujiguti2.jpg

2008年12月24日

●いろり割烹 芳

高松町の国道159号線沿いに、昼定食(日替わりもあり)の広告看板にひかれて、いろり割烹 芳に入ってみました。いろり割烹「芳」は大宴会場もあるビジネスホテル「河北亭」の付属施設です。いろり割烹「芳」の店頭には昼定食があるとかいう表示はなく、みるからに割烹っぽい店の造りだったので入りにくかったのですが、意を決して入ってみました。
いろり割烹「芳」は、カウンターと掘り炬燵っぽいテーブルのある座敷がありカウンターに座りました。すぐに熱いお茶と熱いタオルのおしぼりが出てきました。
いろり割烹「芳」のメニューを見ると、日替わりランチ680円、お造り(御津久利)定食1260円、天婦羅定食1050円、焼き魚定食900円、煮魚定食900円、とんかつ定食850円、ひれかつ定食950円、かきふらい定食1050円、海老ふらい定食1260円、豚生姜焼き850円などがありました。日替わりランチ以外の定食にはコーヒーかアイスクリームがつくようです。
日替わりランチは何ですかと聞くと焼き蟹だというのでびっくりしました。今日は日替わりランチを注文しました。
ちょっと時間がかかりますと言われたのですが、今日は時間の余裕があったので待つことにしました。
30分ほど待って、焼き蟹の日替わりランチがきました。ご飯が炊き立てで熱いので注意して下さいと言われました。どうもご飯がなくなったので時間がかかったようです。
焼き蟹の日替わりランチには焼き蟹のほかに、お吸い物、ご飯、漬物、ゴボウなど野菜の胡麻和えがありました。
味付けは、良かったのですが、680円のランチに焼き蟹がたくさんついてくるはずもなく、おかずの量が少なくて物足りなさを感じました。ランチに焼き蟹は不向きだと思います。
お茶は、飲み干していたのですが、特に配慮は無かったです。

いろり割烹 芳の日替わり定食

クーポンを探す   いろり割烹「芳」の場所はこちら   石川県かほく市高松ナ13番地

2008年12月17日

●海道屋

今日は穴水IC近くの海道屋で昼食をとりました。海道屋には定食の大きな看板が出てたので、入ってみたのですが、珍味や海産物のお土産屋「海道屋」の一角に炭火炉のついたテーブルがあり、食堂がたこ焼き屋と一緒になっていて、食堂の名前が「海道屋」なのか「たこ楽」なのかよく判りません。
テーブルの1つに座ったのですが、唯一人の店員は、料理にかかりっきりで注文を聞きに来る雰囲気がありません。とりあえず料理を作り終えるのを待ちました。お土産屋と食堂が一緒になったお店の平日というのは、こういうパターンが多いです。
海道屋のメニューを見ると、日替わり定食800円、豚生姜焼き定食700円、干物定食700円、刺身定食1000円、ネギトロ山かけ丼定食1000円、海鮮丼定食1200円、鉄板焼き定食1000円、かきフライ定食1200円、カキ貝焼き1個150円などがありました。
料理を作り終えて注文を聞きにきたので、日替わり定食は何ですかと聞くと野菜炒めだということでした。野菜炒めというのは、あまりにもそそらないので、かきフライ定食を頼みました。そしたらかきフライ定食は20分以上かかるというのです。なんでもフライを作る油を温めるのに時間がかかるそうです。注文をするのに待たされた上に20分待つのは苦痛だったので豚生姜焼き定食を注文しました。豚生姜焼き定食を作るのを見てたのですが鉄板で豚と玉ねぎを炒めて最後に生姜焼きソースをかけて出来上がりという感じでした。海道屋の豚生姜焼き定食には、豚生姜焼きの他に、岩のりの佃煮、漬物、レンコンと人参の煮物、ご飯、海藻の味噌汁がついていました。
最初に水と紙のおしぼりを出されましたが、水を飲みほしても放置でした。
味についてはコメントすることはありません。

海道屋の豚生姜焼き定食

海道屋の場所はこちら  石川県鳳珠郡穴水町字此木1−72

2008年12月14日

●まっとう 福喜寿司

高校のときの部活の同期会でまっとう福喜寿司に行きました。福喜寿司といえば鶴来店が良く知られていますが松任店であるまっとう福喜寿司は鶴来店から暖簾分けしたお店です。幹事が松任在住といえ、その他の出席者が金沢在住なのに松任で同期会をするということは、よっぽど自信があるのだろうということで、期待していきました。
ほぼ時間通りに全員が揃って料理が一品一品懐石風に出されました。
付け出しはヌタで、その次に刺身の盛り合わせが出されました。まっとう福喜寿司の刺身の鮮度は申し分なく美味しかったです。ハス蒸しあんかけ、のどくろの焼き物と続きましたがのどくろの焼き物は絶品でした。
その後に香箱かに、白子の焼き物、アワビ、寿司盛り合わせとご馳走が目白押しだったのですが、まっとう福喜寿司の料理はどれも文句無しに美味しかったです。満足しました。
同期会の会費は飲み物付で1万円だったのですが、この内容で1万円は安いと思いました。

まっとう福喜寿司のヌタまっとう福喜寿司の刺身まっとう福喜寿司のハス蒸しあんかけ
まっとう福喜寿司ののどくろの焼き物まっとう福喜寿司の香箱かにまっとう福喜寿司の白子の焼き物
まっとう福喜寿司のアワビまっとう福喜寿司の寿司

クーポンを探す    まっとう福喜寿司の場所はこちら   石川県白山市宮永市町471-1   

maboさん、意外なお店を知っていますね。

ランチ1,000円(税別)もお得ですよ(^^♪

2008年12月10日

●キッチンカフェ しなもん

日替わりランチ700円、飲み物付800円の掲示板にひかれてキッチンカフェしなもんへ入ってみました。
キッチンカフェしなもんは、カウンター席と4人掛けテーブルがある明るい感じのお店でした。
どこでも良いですかと聞くと、どこでも良いですよというのでテーブル席に座りました。タオルのおしぼりと冷たい水を持ってきてくれました。
日替わりランチは何ですかと聞くとイカのバター焼きで、鶏の唐揚もできますということだったので、イカのバター焼きのランチを頼みました。100円プラスするとコーヒーか柚子茶がつくそうです。
キッチンカフェしなもんのメニューを見ると他にはパスタ、ピラフ、カレーライス、オムライスなどがありました。
しばらく待つとイカのバター焼きのランチがきました。イカと玉ねぎの炒め物の他に、味噌汁、ロールキャベツ、レンコンの胡麻和え、白菜の漬物、ご飯がついていました。
白菜の漬物は少し古かったようで酸っぱかったのですが、その他の料理は味付けが良く美味しかったです。料理が来たときには水は飲み干してありましたが、特に配慮はありませんでした。
でもキッチンカフェしなもんは感じの良いお店でした。

キッチンカフェしなもんの日替わりランチ

閉店しました

キッチンカフェしなもんの場所はこちら  石川県七尾市小丸山台2-46

2008年12月 3日

●ホットちゃん

今日は穴水町のホットちゃんで昼食を食べました。ホットちゃんは穴水商店街の中心街の川沿いにあるお店で、魚市場として使われていたプレハブの建物を利用したお店です。能登半島地震を機会に被災した人自身が地元を勇気付けるという趣旨で開店したそうです。
何回かホットちゃんの前を通ったことはあるのですが、食堂であるという看板も無く、フリーの客には入りづらい雰囲気だったので入りそびれてました。今日はお昼早めの時間でお客さんが誰もいなかったので入ってみました。ホットちゃんはカウンター5席だけのお店で、なぜかCDなども売っています。
ホットちゃんのカウンターに座るとお茶を出してくれました。メニューを見ると定食としては日替わり定食600円とギョーザ定食600円がありました。
日替わり定食はなんですかと聞くと鶏肉と玉子の煮物やぶっかけうどんだというので注文しました。
お店のおばさんは、とても気さくな人で、いろいろ話しをしました。
そうこうしていると日替わり定食ができました。
ホットちゃんの日替わり定食の内容は鶏肉と玉子とだいこんの煮物(おでんのような感じです)と長芋の切ったのとモズクと生卵が入ったうどん(うどんというより蕎麦のような食感です)と漬物とキウイと柿のデザートとご飯です。ご飯はお替り自由です。味付けが良くて家庭的な味を楽しめて美味しかったです。どの料理を食べてもハズレは無いのだろうと思われます。穴水のもずくは採れるのが遅いので、もずくはもう採れるのですかと聞いたら、冬に獲れたもずくを冷凍保存しているとのことでした。
食事を終えて、ご馳走様と言ってお勘定を払おうとすると、コーヒーも付きますよということでした。この内容でコーヒーがついて600円というのは安いと思います。
もうしばらくするとカキフライとかもメニューにのるとのことでした。ホットちゃんのギョーザやカキフライも食べてみたいなと思いました。

ホットちゃんの日替わり定食

2009年1月28日
前回ホットちゃんに行ったとき冬になったらカキフライもやりますかからって言われていたので、カキフライを食べに行きました。メニューに冬季限定カキフライ800円って書いてあったので、さっそく注文しました。
前回同様、最初にお茶を出してくれて、キザミキャベツとミニトマトが添えられたカキフライと、ご飯と、長芋の切ったのとモズクと生卵が入ったうどんに、漬物(わさび漬も含めて2種)がついてきました。
キザミキャベツに塩をかけて食べたかったので塩を頼んだら、珠洲の塩をだしてくれました。
2月になるとカキが大きくなって美味しいってホットちゃんのお店の人から聞いていた通りカキフライはりっぱなカキで美味しかったです。ただ、フライの衣が厚くて硬かったので、穴水のカキ本来のプリプリな食感が味わえなくて残念でした。ご飯のおかわりはどうですかと聞かれましたが。もう満腹で十分でした。
食後にコーヒーとお饅頭をだしてもらえました。

ホットちゃんのカキフライ定食

閉店しました。

ホットちゃんの場所はこちら   石川県鳳珠郡穴水町川島イ27-1