« 2016年10月 | 2016年11月 | 2016年12月 »

2016年11月30日

●台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店

2016年11月30日

お気に入りのお店、再訪シリーズで今日は台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店に入りました。
日替わりランチは、620円のままでした。
今日は、ほうれん草と玉子炒めのランチを注文しました。

ほうれん草と玉子炒めのランチには、ほうれん草と玉子炒めの、大根が中心の野菜サラダ、コロッケ、玉子スープ、ご飯、漬物、デザートが付いていました。セルフですがコーヒーも付いています。
野菜サラダはドレッシングが少なく、漬物の量は少なく、玉子スープの量も少なかったです。これも節約なんでしょうか?なんか貧乏くさい感じがしました。以前はこんなんじゃなかったと思うんですけど・・・・
ほうれん草と玉子炒めは美味しかったです。

sikikou4.jpg

2015年12月22日

今日は久しぶりに火曜日の能登だったので、水曜日定休のお店に入ろうと何軒か行ってみたのですが、お休みだったり、駐車場が混んでいたり、営業してなかったりで、結局、台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店まで来てしまいました。
値段は変わっていませんでした。
今日は細切り鶏肉の甘味味噌炒めのランチ620円を注文しました。
細切り鶏肉の甘味味噌炒めのランチには、細切り鶏肉の甘味味噌炒め、大根が中心の野菜サラダ、コロッケ、玉子スープ、ご飯、漬物、デザートが付いていました。セルフですがコーヒーも付いています。

台湾料理 四季紅の細切り鶏肉の甘味味噌炒めのランチ

2015年4月15日

今日は、七尾を出るのが早かったので、jimmyさんが教えてくれたマルシンに行こうと思ったのですが13:40でもう閉まっていて入れませんでした。最近、仕事の都合で七尾を離れる時間が遅くなったので13:40でも閉まっているようなら入れそうもないです。
あの場所で13:40になっちゃうと他に入るお店の選択が極狭くなります。
そういう訳で、久しぶりに台湾料理 四季紅 かほく店に入りました。
ランチは620円になっていて、玉ネギと豚肉炒め、ほうれん草と玉子炒め、細切り鶏肉の甘味味噌炒め、焼肉、回鍋肉、油淋鶏、焼きソバの7種類から選べます。定食の値段は980円で変わっていませんでした。
今日は回鍋肉のランチを注文しました。回鍋肉のランチには、回鍋肉、豆腐の冷奴、玉子スープ、ご飯、漬物、デザートが付いていました。セルフですがコーヒーも付きます。回鍋肉も美味しかったし、豆腐の冷奴、玉子スープ、デザートも美味しかったです。これで620円は大満足です。
台湾料理 四季紅を「能登の食 美味しいランチの飲食店」の1つ星に登録しました。

台湾料理 四季紅の回鍋肉のランチ

2014年3月31日

今日は、台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店に行きました。台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店は、以前からあるのを知っていたのですが、ランチタイムが終わる14:30までになかなか入れなくて、今日やっと入れました。
14:20に入ったのですが、お客はそれなりに入っていました。テーブル席がかなり埋まっていたので、空いている大きめのテーブル席に座りました。水をポットごととコップと紙のおしぼりを持ってきてくれました。
台湾料理 四季紅(しきこう) かほく店の店員さんは全員が中国系(台湾?)の人で、女性の若い店員さんはなかなかの美人でした。
ランチは600円で、エビチリ、油淋鶏、野菜炒め、ニラレバ、八宝菜、麻婆豆腐、焼きソバの7種類から選べます。デザートがついていて、セルフでコーヒーも付きます。料理によって、副菜が野菜サラダだったり、鶏唐揚だったり、棒々鶏だったりします。+150円でスープをラーメンに変更できます。
980円の定食もありました。定食には酢豚、餃子、チヤーハン、中華飯、エビチリ、麻婆豆腐、焼きソバ、鉄板牛肉などがあります。こちらも料理によって、副菜がラーメンだったり、エビフライだったり、鶏唐揚だったり、棒々鶏だったりします。今までの台湾料理店はどの定食もラーメンが入っていたりするのと較べると工夫が感じられます。誰もが大食漢ってわけではないですからね。副菜を選べるともっと良いけど片言の日本語じゃ無理なんでしょう。
今日はエビチリランチを頼みました。
それほど待つことなくエビチリランチが出されました。
エビチリランチにはエビチリとダイコンが中心の野菜サラダと玉子スープと大盛りのご飯とメロンと漬物が付いていました。
それほど美味しいというものは無かったのですが、600円でこの内容だと満足です。
セルフのコーヒーの場所が判らなかったので、コーヒーいいですかと聞くと、いいですよとコーヒーのある位置を指差してくれました。セルフのコーヒーは入口の一番目立つ場所に置いてありました。
台湾料理 四季紅(しきこう) は全国的なチェーン店のようですが、フランチャイズとかそういう感じではなくて組織的なものは不明です。この手の台湾料理のお店はどこもそういう感じですよね。

台湾料理 四季紅 かほく店のエビチリランチ

台湾料理 四季紅 かほく店の場所はこちら  石川県かほく市高松ノ8−1

2016年11月23日

●風和利

今日は家族で風和利で食事をしました。外見は古民家という感じですが、内装は普通の居酒屋という感じです。でも隙間風は避けられないので窓に近いところは少し寒かったです。

huwari0.jpg

風和利は居酒屋ですが、コース料理3500円を予約しておきました。コース料理は予約が必要です。
単品ではサラダ、刺身、揚げ物、酢の物、炙り、炭火焼、その他おすすめ料理、本日のお勧め料理など100品ほどありました。単品でも食べてみたいものはいくつもありました。
最初に飲み物を注文しました。飲み物もシャレた感じの物もありましたが、今日は運転手なのでウーロン茶です。

最初にほうれん草と鶏(だったと思う)の胡麻和えとだし巻き卵が出されました。味がしっかりついていて美味しかったです。

huwari1.jpg

次は、牛タンのサラダが出されました。牛タンは柔らかくドレッシングの味付けも良かったです。これも胡麻味です。

huwari2.jpg

カマスの炙りが出ました。カマスを生に近い感じで食べたのは初めてでした。

huwari3.jpg

エビのだんごのしんじょうが出されました。

huwari4.jpg

ハタハタの唐揚げの南蛮漬けが出されました。味付けが良かったです。

huwari5.jpg

じゃがいもと鶏の煮っころがしが出ました。味付けが良かったです。

huwari6.jpg

味噌汁とご飯が出て料理はお終いです。ご飯にはチリメンジャコのふりかけがかけられていました。

huwari7.jpg
huwari8.jpg

居酒屋なので、素材は高いものを使っていませんが、どの料理も味付けが良く食べたことのない料理が多かったのが良かったです。量的には、お腹一杯という感じではありませんが、美味しいものを食べた満足感はありました。

帰りに気づいたのですがトリップアドバイザーの外国人に人気のレストラン2016TOP30(日本全国)の盾が飾られていました。

そういえば、骨を出したりしないといけない料理が無かったのは食べやすくて良かったのですが、こういうところも外国人に好かれる理由なのかもしれません。

風和利の場所はこちら  石川県金沢市尾張町2丁目6−57

2016年11月22日

●和風レストラン美来里(びっくり)

2016年11月22日

和風レストラン美来里(びっくり)が新しくなったと聞いていたのですが、水曜日定休なのでなかなか行けなかったのですが、やっと行くことができました。
お店に入ると今日の日替わりが掲示されていました。今日は串カツでした。ちょっとがっかりしました。
店内は明るくなっていて、窓に向かうカウンター席が広くとられていて、以前からあったバー風なソファーとカウンターの部分も残されていました。分煙はされていなく、お茶のところに灰皿が置いてありました。あれだけ2つのスペースがはっきり区切られているのなら、分煙すれば良いのにと思いました。
1人なので、窓側のカウンター席に案内されました。すぐに紙のおしぼりと熱いお茶が出されました。
メニューを見ると日替わり定食750円,すき焼き定食980円,とんかつ定食1080円,カツ玉子とじ定食1280円,エビフライ定食1400円,ヒレカツ定食1130円,刺身定食1400円,天ぷら定食1400円,お子様定食750円などがありました。消費税分だけ値上げになっていました。
今日も日替わり定食を注文しました。
日替わり定食には串カツ、野菜サラダ、ポテトサラダ、漬物(大根とゴーヤ)、野菜の豆腐和え、野菜と練物の煮物、味噌汁がついていました。
串カツは、ネギとお肉のバランスが絶妙で、どこを食べても、ネギだけっていうことはなく、必ずネギとお肉が口に入ってきました。こういうことってあり得るのかなあと不思議に感じながら食べていました。とても美味しかったです。
やっぱり、和風レストラン美来里(びっくり)の料理人はただものではありません。
ゴーヤの漬物も初めての経験でしたが美味しかったです。
野菜の豆腐和えは味が全くしなくて物足りなさを感じました。

bikkuri3.jpg

2012年12月26日

今日は、定休日の水曜日なのに和風レストラン美来里が開店していたので入りました。
カウンター席に座ると熱いお茶を出してくれました。
黒板にメニューが掲示されていて、日替定食と白身魚のフライ定食が書かれていました。
今日も日替定食を注文しました。
日替定食が、お盆に乗せて出されました。お盆には紙のおしぼりも乗せられていました。
日替定食には、白身魚のフライと、野菜の煮物、茶碗蒸し、ご飯、貝の味噌汁、漬物、野菜サラダが付いていました。
黒板の掲示は日替定食は白身魚のフライ定食という意味だったようです。
白身魚のフライは熱々でトンカツソースっぽいソースと自家製タルタルソースがかけられていて絶妙な味付けでした。魚のフライは好きではないのですが、和風レストラン 美来里(びっくり)の白身魚のフライは、今まで食べた魚のフライで一番おいしかったです。和風レストラン 美来里(びっくり)の料理人はただものではありません。
野菜の煮物が冷えていたのは気になりましたが、どの料理も味付けが良くて満足しました。ちなみに日替定食は720円と変わっていませんでした。

和風レストラン美来里の日替わり定食

2009年8月11日

和風レストラン美来里は水曜日が定休日で,なかなか行けませんでしたが,今日やっと行けました。

和風レストラン美来里はカウンター席と座敷のテーブル席があり,隣接する喫茶店部分のテーブル席でも座れます。和風レストラン美来里では民宿も併営しているようです。カウンター席に座ると冷たいお茶とタオルのおしぼりを持ってきてくれ,今日の日替わりはイカの天ぷらですと説明してくれました。
和風レストラン美来里のメニューを見ると日替わり定食720円,すき焼き定食940円,とんかつ定食1050円,カツ玉子とじ定食1250円,エビフライ定食1350円,ヒレカツ定食1100円,刺身定食1350円,天ぷら定食1350円,お子様定食730円などがありました。

今日は日替わり定食を注文しました。
和風レストラン美来里の日替わり定食には,イカなどの天ぷら,茄子やピーマンの炒め物,油揚げや野菜の煮物,漬物,味噌汁,ご飯がついていました。
どれも,心のこもった美味しい料理でした。お店の人も感じが良かったです。

和風レストラン美来里の日替わり定食

和風レストラン美来里の場所はこちら   石川県鹿島郡中能登町久乃木ち24 

建物が新しくなりました!

mabo さん、今年も情報提供お願いします。
行ける範囲の能登のお店は、かなり行きつくしてますが、水曜日定休のお店と、ランチが1300円以上するお店は敷居が高いです。
長く続けると投稿するお店も増えますね。自分でもびっくりしています。

俊さん七尾のランチほとんど網羅してますもんね。それでもいくつかありますけど・・・。

「美来里」の2階はとっても広くて、宴会にピッタリです。

和風レストラン美来里は良いお店ですね。ハズレが無く安心して行けるお店だと思います・

最近,まだ行ってなくて良さそうなお店が少なくってきました。そろそろネタ切れです(笑!)

いつも楽しく読ませていただいています。私も能登へ出かけることが多いのですが、美来里さんの定食は定番になっています。日替わりの無い日曜は「すき焼き定食」がおすすめ。びっくりうどんという大きなうどんもあるのですが、いつか挑戦したいと思っています。

2016年11月16日

●ラ・ジーロ(La Jiero)

2016年11月16日

水曜日定休のラ・ジーロ(La Jiero)が、最近開店している事が多いので、休業日がなくなったのかなと思って入ってみました。お店に入ると、今日のパスタ(麺)の種類が掲示されていました。ラ・ジーロ(La Jiero)は自家製パスタが自慢のお店のようです。以前はパンの販売もしていて、パンとパスタを一緒に食べられたのですが、3年前からパンの販売はやめたようです。
以前とテーブルの配置を変えたようで、席に着く時にタバコを吸いますかと聞かれたので、分煙をしているようでした。その辺は進化したようです。冷たい水と紙のお手拭きと食器が出されました。定休日が変わったという掲示がされていました。
メニューを見ると、パスタとピザがメインになっていました。パスタは随分値段が上がっていて、ペペロンチーノが一番安く900円で他のは1200円以上で1250円と1350円が多かったです。
ランチセットとしてパン(+50円)、ミニサラダ(+150円)、カップスープ(100円)、ミニデザート(+150円)、ドリンク(+150円)、フルセット(+450円)も追加できます。
思ってたより、値段が高かったので決められずにいると、ミートソースパスタのワンプレートセットというのもありますよと言われたのですが、メニューを見ても掲載されていません。値段もわからないので、選択の対象にならず、結局カルボナーラ(1200円)にパンをつけてもらう事にしました。
WiFiができないかなと思って使ってみましたが、WiFiは使えませんでした。店内を見渡すと、ミートソースパスタのワンプレートセット(スープ、ガーリックトースト付き)1200円、ミートソースパスタのワンプレートセット(スープ、ガーリックトースト、ドリンク付き)1350円と黒板に書かれていたのに気づきました。
ランチだとスープ、ガーリックトースト、ドリンクが無料で付くくらいにすれば、もっとお客が来ると思うんだけどと思いました。
しばらくして、カルボナーラとパンが出されました。カルボナーラは、ベーコンはからっと揚げられていてちょっと個性的な味でしたが量は控えめでした。1200円出して食べたいと思うパスタでは無かったです。
水は飲み干してあったのですが、特に配慮はなりませんでした。空いているのにこの心づかいの無い対応はレストランとは思えないものでした。
ちょっと残念な昼食でした。

lajiero2.jpg

2007年5月23日

国道159号の鹿島バイパス沿いにあるラ・ジーロ(La Jiero)は見かけは何のお店かわかりません。食べ物のお店であることもわかりません。
でもラ・ジーロ(La Jiero)はパン屋さんなのです。パン屋さんだけどパスタ屋さんでもあります。
ラ・ジーロ(La Jiero)のメニューを見るとあっさりしたパスタ、トマト味のパスタ、クリームのパスタにわかれていました。
一番安いパスタは750円ですが、ほとんどが1000円です。
ラ・ジーロ(La Jiero)のランチタイム(11:30から14:30)はプラス350円でサラダ・パン・飲み物がつきます。
プラス500円でサラダ・パン・飲み物・デザート・スープがつきます。
デザートだけでも350円とか400円なのでセットはお得という見方もあります。

クリームのパスタの中からゴルゴンゾーラチーズ(青かびのチーズ 1000円)のパスタと
パン屋さんのほうから持ってきたブルーベリーカステラ(140円)にしました。パン屋で売っているパンをレストランで食べるのもありのようです。
しばらく待ってゴルゴンゾーラチーズのパスタが来たのですが美味しいです。文句なしの満足です。
ブルーベリーカステラも美味しかったです。
ラ・ジーロ(La Jiero)のゴルゴンゾーラチーズのパスタとブルーベリーカステラの食事は、う~ん最高でした。

ただ、テーブルに灰皿が置いてあったのは料理を美味しく食べてもらおうという姿勢が感じられないし、お客が携帯電話で10分以上(俊の食事中ずっと)大きな声で仕事の話をしっぱなしだったのは不愉快でした。

ラ・ジーロ(La Jiero)のゴルゴンゾーラチーズのパスタ

ラ・ジーロ(La Jiero)の場所はこちら     石川県七尾市飯川町こ2

2016年11月13日

●第7ギョーザの店

2016年11月13日

今日は大学の同窓会のつきあいで第7ギョーザに行きました。12:30に予約をとってありました。
駐車場にぎりぎりで入れて、店内も混んでいました。初めて2階に上がったのですが、びっくりしました。カラオケボックスみたいに(というよりもっと)小さい部屋が10個以上あって70分待ちの掲示されていました。2階以上は有料席になっているみたいです。
2階に上がる時に工場も見えたのですが大勢(10人以上いたような)の人がもくもくと餃子を包んでいました。
予約の20分前に着いたのですが、予約時間まで待たされて3階の座敷に入りました。
個別に注文するのが面倒というので、全員ホワイト餃子定食686円にして希望者は豚汁、ビールを頼みました。
さすがに、あの混雑ぶりからして注文してから料理が出されるまでには時間がかかりました。それは仕方ないのですが、ホワイト餃子が出されてから御飯やスープが出されるまでの時間が極端に長かったです。最初、全部一緒に撮影しようと待っていたのですが、なかなか出されなくて、冷たくなってもしょうがないので、餃子を食べることにしました。餃子を半分食べてもまだ御飯が出されません。これは酷いです。
久しぶりにホワイトギョーザを食べましたが、段々個性が無くなっているように感じました。シナモンの味・香りは薄くなっていたし、衣も薄くなって硬さも以前ほどではなくなったようです。
どちらにしても70分待って食べるようなものでは無いです。本当にみんな美味しいと思って食べてるのかなあと、いつも思います。

dai72.jpg

2008年9月12日

今日、夜に仕事があって、息子に手伝ってもらったのですが、夜食に第7ギョーザのホワイトギョーザを食べたいと言うので、行ってきました。
第7ギョーザは21:00過ぎだったのにお客がいっぱいで満席でした。夕食は食べていたので2人でホワイトギョーザ(10個)を1皿ずつ注文しました。他の客の食べているのを見ると、ホワイトギョーザの他にキムチとバンバンジーサラダも注文している客が多かったみたいです。
第7ギョーザはカウンター席以外は2階の有料座敷になります。
第7ギョーザは紙のお手拭と水はカウンターにあるものをセルフで取るシステムになっています。水は冷たくてお替りが欲しい時は、ポットの水を勝手に注ぎます。
ちなみに、第7ギョーザのメニューで人気のあるものはホワイトギョーザ10個420円、ホワイトギョーザ15個630円、焼きギョーザ5個292円、焼きギョーザ7個407円、蒸ギョーザ5個292円、蒸ギョーザ10個583円、水ギョーザ6個292円、汁ギョーザ4個292円。ホワイトギョーザ定食620円、焼きギョーザ定食607円、バンバンジーサラダ378円、自家製キムチ210円、豚汁158円、ライス大189円、ライス中168円、ライス小147円です。
ちょっと待ってホワイトギョーザがきました。皮は硬くて、中の餡はジューシーでシナモンの味がします。元々、第7ギョーザのホワイトギョーザは美味しくないと思ってたのですが、久しぶりに食べたホワイトギョーザは、まあまあ美味しかったです。最初、熱かったので親子して口の中を火傷しました(笑!)

第7ギョ?ザのホワイトギョーザ

第7ギョーザの場所はこちら   石川県金沢市もりの里1丁目259

つい最近、このレポートの存在を知りました
大変タメになる情報ばかりです
勝手なお願いで恐縮ですが、お店をもっと増やしてください

2016年11月 8日

●カフェ食堂 れんげや

2016年11月8日

今日は久しぶりに火曜日に能登に出かけたので、メニューが変わったと聞いていた「カフェ食堂 れんげや」に行きました。駐車場は変更になって近くなったのですが、6台分しかなくて、1台長い自動車が駐車すると、奥の駐車場が使えなくなるので、なお一層狭く感じます。今日は13:00を過ぎていましたが、やっと1台駐車できたって感じでした。
お店に入ると、お客がかなり入っていてびっくりしました。しかも女性が多い。
店内は以前は普通の民家におじゃましたって感じでしたが、今はテーブル席がたくさん並べられていて、食堂って感じになっていました。
お茶やお水はセルフになっていました。スプーンや箸、紙のおしぼりなどが出されました。
メニューを見ると、以前からは想像できないくらい品数が増えていました。
れんげやの選べるランチ1000円では、前菜プレートがあり、メインディッシュを能登豚の黒酢酢豚、とろとろ煮込みハンバーグ、10種類のスパイスのジャークチキン、豆乳入りれんげや混ぜうどん、和牛肉と特性白ごましょうがタレの鉄板めしの5種類が選べて、飲み物もホットコーヒー、アイスコーヒー、自家製ジンジャーエール、季節の自家製ドリンクの4種類から選べます。
時間が遅かった事もあり、とろとろ煮込みハンバーグは品切れでした。
今日はれんげやの選べるランチでメインディッシュは10種類のスパイスのジャークチキン、飲み物は季節の自家製ドリンクで頼みました。ちなみに今日の自家製ドリンクはイチジクと蜂蜜とヨーグルトのジュースでした。
その他にも、メニューには能登豚丼750円、能登豚のしょうが焼きセット850円、三元豚のデミカツセット980円、とびせるエビフライセット1280円、カルボナーラうどん800円、えびトマトクリームうどん850円、オムライス750円などなど書ききれないほどあります。凄い進化です。
ちょっと待ってれんげやの選べるランチが出されました。お店の人は両手で料理を持ってくるので、必ずお尻で戸(スライド式)を開けて部屋に入ってきます(笑!)
れんげやの選べるランチには、10種類のスパイスのジャークチキン、クリームシチュー、パスタのキノコとナスと貝和え、ごはん、前菜プレート、デザートのヨーグルト、フランスパンの炒り卵添え(写真に写っていない)が付いていました。
10種類のスパイスのジャークチキンは鶏肉って感じはあまりしなく不思議な食感でした。美味しかったしボリュームもありました。クリームシチューもヨーグルト(甘い)も美味しかったです。前菜プレートはボリュームいっぱいの野菜に自家製のドレッシングがかけられ、ポテトサラダもたっくさん付いていました。
パスタのキノコとナスと貝和えは、ちょっと味付けが物足りなかったし、ドレッシングの味は海鮮風だったのですが好みで無かったです。
食事が終わる少し前のちょうど良いタイミングでイチジクと蜂蜜とヨーグルトのジュースが出されました。ジュースも美味しかったです。これで1000円は大満足です。
本当に「カフェ食堂 れんげや」は進化しました。
「カフェ食堂 れんげや」を能登の食 美味しいランチの飲食店1つ星に登録することにしました。かなり2つ星に近い1つ星です。全部の料理が美味しいというわけではないのが残念です。

renge2.jpg
renge3.jpg

2013年4月15日

今日、急に七尾に行かなければならなくなって、せっかくなので水曜日定休のカフェ食堂れんげやへ行くことにしました。久しぶりだったので、見逃さないように慎重に通りました。カフェ食堂れんげやの場所は見つけたのですが、駐車場の場所が変わったようでうろうろしていました。新しい駐車場は村の生活道路の少し七尾寄りで便利になりました。でも、もう少し判りやすい掲示にすればもっとありがたいです。
お店の店頭に「やってますよ」と書かれた大きな立て看板がありました。平日の14:00までコーヒーサービスという掲示もありました。
営業中だというのは判ったのですが、のれんがかかっている訳でもなく、ごく普通の民家の戸しかないので入りにくいです。カフェ食堂れんげやに営業日に来る機会は滅多に無いので勇気をだして戸をあけてみました。
すると、いらっしゃいという声がしたので、どこに入れば良いのですかというと入ってすぐ右の部屋に案内されました。靴を脱いで、部屋に行くと、田舎にありがちな大きな部屋に、テーブルと座卓が置かれていました。
玄関に入って右の部屋に行かないで、まっすぐ奥に行くとカウンターの席があるようですが、そちらは地元の常連の人達のたまり場になっているようで、声が聞こえました。
13:30ということもあって大部屋はお客がいなくて貸切り状態でした。
店主らしい女性の方が、紙のお手拭と、冷たいお茶とメニューを持ってきました。食事には、能登豚の生姜焼きセット800円、デミカツセット980円、能登豚丼750円(小うどんセット880円)、ハンバーグセット880円などがありました。以前は日替わりランチとかあったようですが、今は決まったメニューしか無いようです。
今日はハンバーグセット880円を注文しました。
それほど待つことなくハンバーグセットが出されました。ハンバーグセットには、デミグラスソース系の煮込みハンバーグ、もやしと鶏肉と青菜の和え物、茶碗蒸し、野菜サラダ、天かす入りのミニうどん、ご飯、漬物が付いていました。
煮込みハンバーグは、ちょっとぬるめなのは気になりましたが、味は抜群で美味しかったです。もやしと鶏肉と青菜の和え物は味が無くて美味しくは無かったです。天かす入りのミニうどんは生姜の味がしました。
食事が終わりそうな時にアベックの2人が入ってきました。お店の人が食事用のメニューを持ってきたのですが、その2人は飲み物が欲しかったらしく、飲み物のメニューを貰いに行ってました。
店頭の掲示にコーヒーがサービスと書いてあったので、コーヒーが出るのかなと思って待っていたのですが、結局コーヒーは出されませんでした。お茶は飲み干してあったのですが、特に配慮は無かったです。

カフェ食堂れんげやのハンバーグセット

2012年3月7日

今日、カフェ食堂れんげやへ行ってみました。
カフェ食堂れんげやは、幹線道路(国道)に面していません。幹線道路と平行して村内の生活道路があるのですが、その道路にも面していません。その村の生活道路から狭い道を入った奥にある農家がカフェ食堂れんげやです。
最初、村の生活道路をゆっくり通っていて、カフェ食堂れんげやが見つからず通り過ぎてしまいました。
地図をしっかり調べて2度目に行って、やっとカフェ食堂れんげやを見つけたのですが、奥まっている道があまりにも狭くて入るのを断念しました。
今日が3回目だったのですが、自動車のトラブルを覚悟して、狭い道を入って行き駐車ガレージに入りました。
苦労してカフェ食堂れんげやにたどり着きましたが、お店の前に立ってみると、なんか営業している雰囲気が無いです。結局、今日も入るのを断念しました。
カフェ食堂れんげやの店頭に駐車場の説明図が掲げられていました。道路沿い(神社前)の古川薬局隣の駐車場の道路側3台も駐車できるようです。

カフェ食堂れんげやの場所はこちら   石川県鹿島郡中野登町能登部上八8

駐車場が変わった(近くなった)のでご注意を!電話で教えてもらったほうがいいです!ランチを食べて、スイーツを家へのお土産がおすすめです!

金沢バス実況さん、こんにちは
メニュー増えたのですか?魅力的ですね。れんげやは水曜日定休なので、水曜日以外に能登に行った時には再び寄ってみたいと思います。

れんげやに、先日初めて訪問
もう四年目になるそうです
料理担当のオーナーとスイーツ担当の方もいて開店当初よりメニューがかなり増えたようです、選べるランチってのが、お得です
男性向けのガッツリメニューも多いです
はた坊が閉まっていて残念ですが

俊さん、こんにちは。お好み焼き屋「喜文」はたしか夜だけです。主人は本場大阪で修行してきたみたいです。

ドルアーガさん、こんにちは
お好み焼き屋さんも夜だけ営業ですか?鶏皮が人気のようですね。

俊さん、こんにちは。アンジェの移転は悲しいですね。能登部では駅そばに「喜文」というお好み焼き屋、駅から徒歩10分の「鳥八」がいつもにぎわってます。夜だけなのが残念。

ぬるかった覚えはないのですが・・・。コーヒーはセルフだったと思います。

れんげやの煮込みハンバーグは、確かに美味しい。でも、いつも温度がぬるめなんですか?

ビストロアンジェは5月20日に千葉に移転するみたいですね。とうとう行けなかった・・・・ 

ここのところずっと行ってませんが、れんげやの煮込みハンバーグは美味しいですよね。
アンジェってまだあるんでしたっけ?移転の噂を聞いたのですが・・。

2016年11月 4日

●龍苑 穴水

2016年11月4日

今日は時間的に穴水で昼食をとらないといけなかったので、龍苑に再訪しました。
今日のランチはA.牛肉とアスパラ炒め1080円、B.エビとブロッコリー炒め・ミニラーメン付980円 Cランチ880円でした。
今日はA.牛肉とアスパラ炒め1080円を注文しました。
A.牛肉とアスパラ炒めには、牛肉とアスパラ炒めの他に、野菜サラダ、御飯、スープ、漬物、杏仁豆腐が付いていました。
牛肉とアスパラ炒めは最高に美味しかったです。本当に高級中華料理店の味に負けません。
スープ、漬物、野菜サラダは、いつも感じますが、ちょっと工夫が欲しいと感じました。

ryuuen5.jpg

2015年4月1日

今日は龍苑穴水店に行きました。入店したのが13:50と遅かったのでランチは無く、チーズ辛味ゴマソバ950円を注文しました。それほど待つ事無くチーズ辛味ゴマソバが出されました。それほど辛くはなく、とんとんの坦々麺に似た感じで溶けるチーズとゆで卵が入っていました。950円はちょっと高すぎでしょう

龍苑 穴水のチーズ辛味ゴマソバ

2014年10月29日

今日は時間的に穴水で昼食をとらないといけなかったので、龍苑に再訪しました。
今日のランチはA.牛肉とブロッコリー炒め1080円、B.青椒肉絲・ミニラーメン付980円 C.麻婆豆腐・ミニラーメン付880円でした。
BとCは前回と一緒です。
今日はA.牛肉とブロッコリー炒め1080円を注文しました。
A.牛肉とブロッコリー炒めには、牛肉とブロッコリー炒めの他に、野菜サラダ、御飯、スープ、漬物、杏仁豆腐が付いていました。
牛肉とブロッコリー炒めは最高に美味しかったです。本当に高級中華料理店の味に負けません。
スープの味は薄くてちょっとがっかりしました。漬物も見るからに既製品という感じで微妙です。どうせならザーサイにしてくれるといいんですけど。野菜サラダのドレッシングは美味しかったです。

龍苑 穴水の牛肉とブロッコリー炒めのランチ

2014年6月11日

今日は穴水町の龍苑に入りました。龍苑は同店名のお店は金沢にも数件ありますが、金沢の伝説の中華料理店「ホワイトハウス」系列のお店が龍苑を名乗っているそうです。
店頭に本日のおすすめランチが掲示されていました。A.エビとアスパラ炒め・春巻980円 B.青椒肉絲・ミニラーメン付980円 C.麻婆豆腐(カレー味)・ミニラーメン880円でした。
穴水町の龍苑にはテーブル席、小上がりの席、カウンター席がありましたがカウンター席に座りました。今日は早めに入ったのですが、すでに4人のグループがいました。すぐに冷たい水と紙のおしぼりが出されました。
今日はエビとアスパラ炒め・春巻980円を注文しました。
それほど待つ事無くエビとアスパラ炒め・春巻のランチが出されました。先に来ていた4人のグループもエビとアスパラ炒め・・春巻のランチを注文していたようです。
エビとアスパラ炒め・・春巻のランチには、エビとアスパラの炒め・、野菜サラダ、春巻き、御飯、スープ、漬物、杏仁豆腐が付いていました。最初にエビとアスパラ炒め、御飯、スープ、漬物、杏仁豆腐が出され、野菜サラダ、春巻きは少し後に出されました。
エビとアスパラ炒めの味付けは抜群で、高級料理店に匹敵する味だと思いました。びっくりしました。春巻きも心のこもった丁寧な料理だったし、スープも玉子、豆腐、青菜が入っていて美味しかったです。満足しました。

龍苑 穴水には、チーズ辛味ゴマソバ950円という自慢料理もあるようです。写真を見ると、真っ赤なスープに粉チーズが山盛りに乗っていて、興味をそそられました。

帰る時には、店頭に掲示されていた本日のおすすめランチから、A.エビとアスパラ炒め・春巻980円が消されていました。5人分の材料しか用意してなかったのかなあ?

龍苑 穴水のエビとアスパラ炒め・春巻のランチ
龍苑 穴水のエビとアスパラ炒め・春巻のランチ

龍苑 穴水の場所はこちら   石川県鳳珠郡穴水町此木4−11−1

確かに言えます。

龍苑はランチ以外はさっけた方が・・・。