« 2008年6月 | 2008年7月 | 2008年8月 »

2008年7月30日

●洋食屋 たぬき

普段あまり通らない道に洋食屋たぬきという洋食屋さんがあったので入ってみました。
洋食屋たぬきに店内にはテーブル席とカウンター席があって1人でも入りやすい感じのお店でした。コミック本がいっぱい並んでいて、禁煙なのでタバコ嫌いの人がゆっくりくつろぐには良いようです。洋食屋たぬきのメニューを見ると日替りランチ700円というのがあったので、今日の日替りランチは何ですかと聞くとサーモンのカツレツだということなので、日替りランチを注文しました。ちなみに洋食屋たぬきの本日の日替リランチの内容はお店の入口のドアのところに店内からしか見れないように掲示してありました。
洋食屋たぬきのメニューは1ヶ月に1度変わるのか今月のメニューとなってました。日替りランチのほかには単品で豚ロースの生姜焼き810円、白身魚のフライ790円、洋食とんかつ(デミグラスソース)860円、チーズハンバーグ860円、みそチキンかつ790円、とんかつ790円、ソースうすカツ790円やパスタ、カレー、オムライスなどがありました。単品に290円プラスすると定食になり、平日のランチタイムには定食にコーヒーがつくようです。日替りランチ以外は、ちょっと高いかなと思いました。

しばらくして日替リランチがきました。ドレッシングがかかった刻みキャベツにサーモンのカツがどんと乗っていてタルタルソースがたっぷりかかってました。サーモンカツレツの他に、ご飯と味噌汁と漬物、野菜のおひたしがついていました。特筆するものは無かったけど、美味しく食べさせてもらいました。

お水が無くなっていたのに、なかなか気づいてくれませんでしたが、食事の終盤になって気づいてくれて水を注いでくれました。

洋食屋たぬきの日替リランチ

洋食屋たぬきの場所はこちら  石川県七尾市松百町 

2008年7月16日

●ふぁみりぃれすとらんスマイル

穴水のふぁみりぃれすとらんスマイル(ふぁみりぃレストランスマイル)は安くて美味しいと聞いていたので1度行きたいと思っていたのですが、水曜日が定休日ということでなかなか行けませんでした。でも水曜日でも時々開店している日もあるようで、今日は開店してました。
ふぁみりぃれすとらんスマイルに入るとタオルのおしぼりと冷たい水を持ってきてくれ、日替わりランチは掲示板に書いてありますよと教えてくれました。
ふぁみりぃれすとらんスマイルの日替わり定食(ランチ)はおすすめ定食とビジネス弁当があり、今日のおすすめ定食が鶏の唐揚げでビジネス弁当が玉子焼きととんかつで両方とも830円でアイスコーヒー、ホットコーヒー、ウーロン茶のいずれか希望の飲物がつくようです。
ふぁみりぃれすとらんスマイルのメニューにはエビフライ定食1200円、ハンバーグ&エビフライ定食1200円、ビーフ生姜焼き定食1200円、ポーク生姜焼き定食1000円、ハンバーグ(目玉焼付)定食1000円、ポークカツ定食1000円、野菜炒め定食900円、ネギトロ丼900円、ラーメンセット(ラーメン、半チャーハン、付出し、フルーツ)830円、冷メンセット(冷メン、おにぎり、フルーツ)880円、ハントンライス(スープ、サラダ付)830円などがありました。
今日はビジネス弁当を注文しました。飲み物は何にしますかと言われたのでアイスコーヒーをお願いしました。いつ持ってきますかと聞かれたので食後にお願いしますと言いました。
ふぁみりぃれすとらんスマイルの今日のビジネス弁当にはとんかつと玉子焼きのほかに漬物、サラダ、味噌汁、切干大根の煮物、ご飯がありました。ビジネス弁当が来た時、冷茶も持ってきてくれたのですが、水が無くなっているのを見て、水のお替りも入れてくれました。
とんかつは豚肉が柔らかく衣がサクサクしてて、とても美味しかったです。その他の料理も美味しくて、ふぁみりぃれすとらんスマイルでは、どの料理を頼んでもハズレが無いんじゃないかと思いました。
食後のアイスコーヒーを出すタイミングもバッチリでした。
ふぁみりぃれすとらんスマイルは良いお店です。満足しました。

ふぁみりぃれすとらんスマイルのビジネス弁当

クーポンを探す   ふぁみりぃれすとらんスマイルの場所はこちら   石川県鳳珠郡穴水町川島キ102-2

ハントンライスは食べたことは無いのですが嫌いなんです(笑!)
定食とか安くて美味しいものがありあmすか?

最近、色々新しいメニューが増えてましたよ。
その中で焼き鳥丼は結構お勧めです。
スマイルの向かいに有る、お好み焼き九十九のハントンライスもお勧め、是非お試しを!

2008年7月 1日

●氷室まんじゅう

金沢では7月1日に氷室まんじゅうを食べる風習があります。7月1日は前田家が氷室に貯蔵していた氷を江戸の将軍に献上した日で、この日に饅頭を食べると病気にならないということで氷室まんじゅうを食べるのが習慣になったそうです。

氷室まんじゅうと言えば越山甘清堂が定番になっているのですが、俊の家でも嫁さんは越山甘清堂の氷室まんじゅうを買ってきます。
越山甘清堂の氷室まんじゅうは白、緑、赤の3色があるのですが、中身はみんな同じで茶色の漉し餡です。衣はもちもちっとして独特な食感です。俊の好みとしては、もっとふっくらとした衣のほうが好きなんですけど。

そういえば村上の氷室饅頭は外側の色によって中身が違って、ピンクが白の漉し餡、白は茶色の漉し餡、緑は粒餡です。個人的には村上の緑色の氷室饅頭が好きです。

「氷室饅頭」は森八が商標登録して「商標登録 氷室饅頭」って垂れ幕を出してますが、なんかイヤな感じです。森八は、もっと謙虚になれないもんですかね。

越山甘清堂の氷室まんじゅう