« 2014年5月 | 2014年6月 | 2014年7月 »

2014年6月 4日

●能登旬菜ダイニング 市左衛門

今日、志賀町の能登旬菜ダイニング 市左衛門に行きました。
まりんすけさんの情報によると同じ敷地内にある本屋さんの家族が経営しているそうです。
店頭にランチメニューが掲示されているので安心して入れます。
能登旬菜ダイニング 市左衛門の店内に入ると広々としたカウンター席とテーブル席と小上がりの席がありました。店内の広さからすると、もっとテーブルを置けそうな気もするけど、かなり余裕のある配置になっています。
テーブル席は少ないので、カウンター席に座りました。すぐにお茶とタオルのおしぼりが出されました。タオルのおしぼりは開いて手渡しで出されました。
お昼のメニューには、日替わり定食800円、ちょっと贅沢定食(日替わり定食にミニ刺身がついたもの)1050円、市市左衛門定食1600円、から揚げ定食900円、能登豚とんかつ定食1050円、天ぷら定食1050円、お刺身定食1500円、お子様ランチ600円です。ご飯大盛りはプラス50円、ご飯お替りはプラス100円です。
日替わり定食関係以外は少し高めの値段設定です。
今日はちょっと贅沢定食を注文しました。
少しだけ待って、ちょっと贅沢定食が出されました。
ちょっと贅沢定食は3種の刺身(ふくらぎ、甘エビ、鯛?)、ホウレンソウのおひたし、魚のホイル包み焼き、漬物、ご飯、味噌汁がついていました。
魚のホイル包み焼きは、モヤシと魚にミルク系のソースをたっぷりかけられていました。味付けがちょっと上品すぎて物足りなかったです。ただ、意欲は十分に感じさせられる料理でした。
刺身は新鮮さを感じさせました。ホウレンソウのおひたしは、とても美味しかったです。
魚のホイル包み焼きは意欲が空回りしたきらいはありますが、他の日はもっと美味しい料理なのではないかと思われます。
ホイル包み焼きの魚は、なにか分からなくて、レジの時に、鯖ですかと聞くと、柳サワラということでした。答えてくれた時の店員さんの笑顔は印象が良かったです。
常日頃、魚の種類は結構判らないまま食べています(笑!)
お茶は飲み干してあったのですが、追加で注いでくれました。
他のお客の注文したのを聞いていたのですが、ほとんどの人がちょっと贅沢定食を注文していました。
帰りに店頭のメニューの掲示を見ると、柳サワラのホイル包み焼きって、ちゃんと書いてありました。

能登旬菜ダイニング 市左衛門のちょっと贅沢定食

能登旬菜ダイニング 市左衛門の場所はこちら  石川県羽咋郡志賀町末吉千古1-6

豚足はシンプルに塩胡椒で焼いて食べています。豚足は安いので食事が安上がりですみます。食べ終わった骨でスープを作っても美味しいです。スープも塩胡椒での味付けになります。

夫が熊本県出身なので結婚してから初めて豚足にトライしました。
最初は臭みとか独特の食感が気になり10年以上手を出していませんでしたが、
数年前に熊本にある豚足専門店で焼き豚足を食べてから大好物になりました♪
ただ関西でもおいしく料理できているお店はなかなかなくて以来、自分で作っています。
材料は鶴橋にある豚足専門店で処理して一度ゆでてあるものを買い、
それを香味野菜と一緒に圧力鍋で再加熱。で、その後グリルでじっくり焼いて
ポン酢に出し汁をミックスした漬け汁で食べています。
関西でも北陸でもまだまだ豚足を食する人は少ないですね。
いなばのタイカレー缶は私も好きです♪

豚足は大好きです。牛のしっぽ(テール)も好きですが、最近美味しいテールに出会っていません。

最近、レトルトのタイカレーを試しています。ヤマモリのタイカレーグリーン(レトルト)といなばのタイカレーシリーズ(缶詰)は美味しかったです。いなばのタイカレーシリーズ(缶詰)は150円程度で買えるのでお得です。

http://kimassi.net/zak/?p=11149

高浜町内には飲食店が少ないので貴重なお店です。
先日帰省した際に夕食を食べに行きましたが
夜は定食1600円1種類のみでした。
それより大発見!
なんとこちらでは珍しい豚足がメニューにあってしかもこれがなかなか秀逸です。
1本600円ぐらいで値段は高いめですが、骨がほろほろ外れるぐらいに
柔らかく蒸したものを表面がカリっとなるまで焼いてあります。
次回ぜひ一度お試しあれ(^_^)