« 2014年2月 | 2014年3月 | 2014年4月 »

2014年3月20日

●海亭 のと吉

今日は珍しく木曜日で、しかもお昼にぽっかり時間が空いたので、輪島の「海亭 のと吉」に行きました。「海亭 のと吉」は水曜日定休なんです。
「海亭 のと吉」には輪島の中心地では珍しく駐車場がたくさんあります。
「海亭 のと吉」の店頭には、「今日のおまかせご膳」のメニューが掲示されていました。今日のおまかせご膳は、季節の寄せ鍋、茶碗蒸し、いか塩辛(麹入り)、地魚南蛮漬け、御飯、味噌汁でした。
店内に入ると、座敷もあるようでしたが、食堂はカウンター席と大きなテーブル席がありました。お店に入っても、店員さんもいないし、注文を聞きに来るような雰囲気もありません。
カウンターにお客がいたのですが、他にお客がいなく、自分が風邪ひいてて咳がでていたので、テーブル席に座ろうと思い、厨房の入口から大きな声で「1人ですけどテーブル席でもいいですか」と聞いて「いいですよ」というのでテーブル席に座りました。
すぐに熱いお茶を持ってきてくれました。
メニューを見ると、のと吉ご膳1800円、朱塗ご膳2500円、お刺身ご膳1500円、海の幸あられ丼1800円、おまかせご膳1350円、かつ鍋ご膳1000円などがありました。
今日のおまかせご膳は、季節の寄せ鍋、茶碗蒸し、いか塩辛(麹入り)、地魚南蛮漬け、御飯、味噌汁でした。
今日は、今日のおまかせご膳を注文しました。
広い店内に御客が少なかったせいか、暖房が効いていなく寒かったです。お茶は飲み干してあったのですが、料理を持ってた時に気づいて注いでくれました。
25分待って、今日のおまかせご膳が出されました。御客が多いわけでも無く、料理の内容を見ても、なんで25分もかかるのか判りません。
季節の寄せ鍋には、タラ、タラコ、牡蠣、キノコ、野菜が入っていました。それほど美味しい味付けでは無かったのですが、牡蠣はプリプリしていて抜群に美味しかったです。穴水産の牡蠣を使っているのだと思います。地魚南蛮漬けはタマネギが苦かったです。いか塩辛(麹入り)は、かなり塩っぱかったです。味噌汁は海草がはいっていて磯の香りがぷんぷんしました。
全体的に、料理としては、ありきたりですが、素材はこだわっているようです。海亭 のと吉は、輪島朝市に近いこともあり、観光客目当てのお店という感じです。帰りにトイレを利用したのですが、ペーパータオルが無くなっていて使えませんでした。

海亭 のと吉の今日のおまかせご膳

海亭 のと吉の場所はこちら   石川県輪島市河井町4部153

2014年3月17日

●末よし庵

今日は末よし庵に行きました。
14:30を過ぎていたので営業しているか心配だったのですが、なんとかやっていました。末よし庵は水曜日が定休日なので、今度いつ行けるか判らなかったので良かったです。
末よし庵に入ると、テーブル席だけでしたが、奥のほうのテーブル席に座りました。すぐに水を持ってきてくれました。
メニューの掲示を見ると、天重定食1300円、とろろそば定食890円、生姜焼き定食890円、冷やしたぬきうどん定食890円、カツ定食1050円、海老フライ定食1300円、カツ丼定食890円、うどん定食890円などがありました。
今日は美味しいとのコメントがあったカツ丼定食890円を注文しました。
ちょっとしてカツ丼定食が出されました。
カツ丼定食には、カツ丼と味噌汁、漬物、そば、お茶がついていました。カツ丼は、かなり甘めの味付けでしたが美味しかったです。ソバは白い色でした。海苔とネギと天かすとワサビが付いていました。天かすは硬かったのですが、バランスは良かったです。
末よし庵の奥さん(?)は高島礼子似の美人でした。

末よし庵のカツ丼定食

末よし庵の場所はこちら   石川県七尾市松百町1-32-3

2014年3月14日

●金沢うら田の愛香菓

今年のホワイトデーは目先を変えて、女性に受ける和菓子ということで金沢うら田の愛香菓を購入しました。
雨が降っていたので、紙の手持ち袋にビニールをかけて濡れないようにしてくれました。こういう心遣いはポイントが高いです。
金沢うら田の愛香菓は説明書によると洋風和菓子でアーモンドとレモン、シナモンの上品な甘さと香りをお楽しみ下さいということでした。
さっそく食べてみましたが、口の中で少しずつ解けて、シナモンの味がしてきました。きな粉をキャナメル状に固めてシナモン風に味付けしたお菓子という感じです。
家族の受けは、まあまあ良かったです。

金沢うら田の愛香菓

金沢うら田の愛香菓

●石川屋本舗のかいちん

今年のホワイトデーは目先を変えて、女性に受ける和菓子ということで、石川屋本舗の「かいちん」にしました。
「かいちん」は村上の割り氷に似た感じで、中が寒天で外がカリっとした砂糖の薄い膜って感じです。うさぎや花びら、瓢箪の形をしたパステルカラーの御菓子で見た目にも可愛らしくて女性に喜ばれそうです。
「かいちん」とは遊具の「おはじき」からとった名前だそうです。
今日は本店に行ったのですが、自動車が全く通らないような目立たない場所にお店があり、看板もかなり控えめです。
石川屋本舗のガラス戸を開けると、倉庫のような造りの、広いフロアに倉庫と工場があり、その一角に机2個が置かれ、それが事務所になっています。工場といっても機械があるわけではなく、手作りって感じです。入り口にはショーケースがありお菓子の見本が置いてありました。
「かいちん」は一番小さいので500円くらいからあります。大きい「かいちん」を頼むと、ちょっとお待ち下さいと行って、どこかに行ってしまいました。
箱をとってきて、お菓子をつめて、包装をしてやっと出来上がりました。結構待ちました。
さっそく家で食べましたが上品な味で家族に受けました。

石川屋本舗のかいちん

石川屋本舗のかいちん

石川屋本舗のかいちん

石川屋本舗のかいちんは、金沢駅百番街と石川県観光物産館でも購入できます。

石川屋本舗の場所はこちら   金沢市示野町西22

2014年3月11日

●花や串焼ラーメン食堂

まりんすけさんに教えていただいた「花や串焼ラーメン食堂」に行きました。志賀町に寄るのも敷居が高いのに加えて水曜日定休なので、なかなか行けなかったですが、やっと入れました。「花や串焼ラーメン食堂」の場所は、凄く判り難くカーナビに登録してやっと見つけました。「花や串焼ラーメン食堂」は目立たなく、入口も目立たない方向にあるので、前を通っても通り過ぎる可能性が大きいです。
「花や串焼ラーメン食堂」の店内に入ると、入口に日替わりのゴーゴーランチ550円の内容が掲示されていました。今日は豚バラしょうがやき、小鉢、ライス、みそ汁でした。
店内にその他にメニューが掲示されていて、豚バラ焼き定食700円、おでん定食800円、からあげ定食、カキフライ定食、エビフライ定食、メンチカツ定食、ハンバーグ定食800円、ロースカツ定食、ビーフメンチカツ定食950円、じゃこ天カツ定食850円などがありました。
「花や串焼ラーメン食堂」にはカウンター席と、テーブル席と小上がりの席がありましたが、かなりお客が多かったのでカウンター席に座りました。すぐに冷たい水と紙のおしぼりを出してくれました。今日はゴーゴーランチ550円を注文しました。
しばらくして、ゴーゴーランチが出されました。
今日のゴーゴーランチには、豚バラしょうがやき、野菜サラダ、パスタサラダ、おから、ライス、漬物、味噌汁がついていました。
豚バラしょうがやきの味付けは絶妙で美味しかったです。「花や串焼ラーメン食堂」は安いだけではありません。満足しました。

「花や串焼ラーメン食堂」のランチは13:30までのようです。

花や串焼ラーメン食堂のゴーゴーランチ

花や串焼ラーメン食の場所はこちら   石川県羽咋郡志賀町高浜町イ22-3