金沢で空き家を買う

空き家を買ってリフォームして大家に お金持ちで無くても家を持てる そのためのヒントにと 実体験する企画です。 2018.10.14

有松2丁目 古家付現況渡しの土地

2018年11月8日

ハトマークサイトに有松2丁目に古家付現況渡しという物件300万円というのがありました。
77.84㎡(公簿)23.54坪です。再建築不可(法令制限等:道路位置指定の関係により再建築はできません。)という事です。地図が正確ならば、路線価は62Eなので480万円の土地です。2018年10月11日公開になっています。
専属専任媒介になっています。
詳しい住所も画像も掲載されていませんでした。
不動産ジャパンにも掲載されていました。不動産ジャパンには地図は無かったのですが、ハトマークサイトには地図がありました。
画像が無いのでどんな建物が建っているのか不明です。

2018年11月9日

有松2丁目の古家付現況渡しという売土地の物件を見に行きました。

ハトマークサイトの地図の場所には、そのような物件は無かったです。住所も画像も掲載してないので、地図の位置が間違っていたら、探しようがありません。
専属専任媒介なのに、そこまで物件を隠さないといけないのかなあと思います。空き家なので、売主が売りに出している事を隠したいという事は無さそうなので、不動産屋が売主からの仲介料と買主の仲介料の両獲りをしたいから情報を隠しているのでしょうけど、売主にとっては著しく不利な扱いです。
自分が売主なら、こんな業者を利用したくないと思います。
ちなみに米泉町の有限会社の不動産屋でした。

2018年12月22日

ハトマークサイトを見たら、消えていました。売れたのかもしれません。
不動産ジャパンには、まだ掲載されています。

2018年12月24日

ハトマークサイトを見たら、復活していました。

2019年1月14日

12月24日に住所を教えて欲しいと知人の不動産屋に依頼していたのですが、やっと今日になって返事が来ました。
専属専任媒介だからレインズに登録されているはずですが、レインズって住所まで載っていないのかなあ?
資料を見ると、住所は記入されていなく地番しか掲載されていませんでした。
一般の人は地番では場所がわからないよね(法務局で地番専用の住宅地図を見れば確認できる)。

売主側の業者が、どうしても他の業者に仲介して欲しくないんでしょうね。

2019年1月15日

合同庁舎に用事があったので、法務局で地籍地図を見てきました。

ついでに、現地を見てきました。
基礎に大きな亀裂が1か所あったものの、建物自体は外から見た範囲では、それほどボロでは無かったです。
地図では前後が道路になっていましたが、実際には後ろは人間が通れるだけの道で、前の道路は思ってたより広かったです。
道路位置指定の関係で再建築ができないということですが、行き止まりの私道なので少なくとも6m幅ないとダメなようです。
手前の家が角地でちゃんとした道路に面しているので、まずは袋地の道路の側をセットバックする事が考えられないので再建築ができないということなんだと思います。
駐車場は無かったのですが、裏が月極駐車場になっていました。駐車場は、いつ建物を建てられてしまうか判らないのでリスクには違いありません。
路線価は56Eなので436万円の土地です。
内部がどうなっているか判らないけど300万円は魅力的だと思います。
角地の人が買えば資産価値がかなり上がると思います。

2019年2月12日

ネットを確認したら、もうありませんでした。
売れたようです。



コメントする