金沢観光情報 【 きまっし金沢 】

伏木曳山祭(けんか山)  


伏木曳山祭(けんか山)の画像 伏木曳山祭(けんか山)の画像
伏木曳山祭(けんか山)の画像 伏木曳山祭(けんか山)の画像
伏木曳山祭(けんか山)は毎年5月15日に開催されるのですが2010年は土曜日でした。
伏木曳山祭(けんか山)では,昼間は花笠や彫刻類、神座の大人形で飾られた花山車が町内巡回し,夜は飾りを外され,山車に大量の提灯を取り付けられて,その提灯を揺らしながら山車がぶつかり合い(カッチャ),別名けんか祭りと呼ばれています。
伏木曳山祭(けんか山)の昼の部は10:30から16:30,夜の部は18:30から2:00まで行われ,カッチャは19:15と22:30に本町広場と伏木支所前で行われます。伏木曳山祭の駐車場(万葉埠頭)は伏木曳山祭の巡回路からは徒歩ですぐ近くに位置して,とても便利です。
伏木曳山祭当日には高岡駅から17:00発が始発で30分毎で6本(最終便19:30),伏木駅前から高岡駅へ始発21:00で30分毎で6本(最終便24:00)無料のシャトルバスが運行されています。伏木曳山祭(けんか山)の日は,伏木の市街地は日中から通行止めになるので,自動車で行く場合は,伏木万葉大橋を通って伏木万葉埠頭の駐車場に入るのが良いです。
伏木曳山祭(けんか山)の駐車場(伏木万葉埠頭)から伏木の町に入ったすぐの所に高岡市役所伏木支所がありますが,高岡市役所伏木支所は伏木曳山祭の案内所になっていて,現在の進行状況や今後の予定とかを掲示してありますし,いろいろ説明もしてくれます。高岡市役所伏木支所では,伏木曳山祭のパンフレットも貰えます。パンフレットには曳山の経路やトイレの位置も掲載されていました。
伏木曳山祭(けんか山)のパンフレットを貰って,どこに行けば曳山が見られるか教えてもらい,音のする方向に向って行きました。何台もの曳山がところどころで見かけました。昼の部の曳山は操り人形や花傘やだしで飾られています。曳山は固まって列をなして進行するという感じではなく,間隔をとって進行するようです。最初に綺麗どころの女性達がロープをひっぱり,その後ろに男性達がロープを引っ張ったり曳山を押したりしています。かなり狭い道で方向転回が必要になりますが,そのあたりも1つの見所になります。 曳山が町内を巡回した後,本町広場を通って15時を過ぎた頃におのおのの曳山は山倉に入りはじめます。狭い道では曳山の全体を見渡す事がなかなかできなかったのですが,本町広場ではロープを引く人も含めて曳山の全体をカメラに収める事ができます。
山倉では飾りを解体して,四方に大量の提灯を取り付けられます。いよいよ伏木曳山祭(けんか山)の「かっちゃ」の準備です。解体や提灯の取り付けは大掛かりでクレーン車も利用してました。しばらく曳山の解体や組み立てを見て,こちらも「かっちゃ」を見るための準備です。
高岡市役所伏木支所前のけんか山ロードには多くの露店が出店してました。 かっちゃは本町広場と高岡市役所伏木支所近くの法輪寺前で19:15から同時に行われるのですが,16:30の段階でちらほら場所取りしている人を見かけました。
17:00に法輪寺前で場所取りをしました。その時間には,随分場所取りをしている人が増えてました。なんとか前に障害物のない場所の最前列を確保して折り畳み椅子に座って「かっちゃ」が始まるを待つことにしました。 17:30には大勢の警察官が道路の両側3m間隔で警備を始めました。 18:00には最前列は埋まり,良い場所を確保するのは無理な状態でした。時々,割り込みなど迷惑行為があれば警察に申し出て下さいとアナウンスがありました。
この季節は 夕方になるとかなり寒くなります。周りの人も防寒衣を着てましたが,下着の上から上下ヒートテックを着て,その上に厚めのシャツを着てセーターを着て,そのうえに薄いジャケットを着ても,まだ着足りないような感じでした。 「かっちゃ」が始まる19:15近くになると大勢の人が集まり歩道を通ることもできなくなっている状況でした。

予定の19:15ちょうどに1回目の「かっちゃ」が始まりました。「かっちゃ」は同じ場所で19:15からと22:30からとで2回行われます。 「かっちゃ」は曳山が1対1で行われます。 曳山の真ん中に電信柱みたいな柱が飛び出ていているのですが,50mくらい離れたところから突撃してお互いに柱の断面と柱の断面がぶつかります。その際に提灯は大きく揺れるし凄い音はするし,曳山は破損したりします。 基本的には3〜4回ぶつかりますが,途中で代表者が曳山の破損具合を見て,後何回ぶつかるか相談して決めます。最後には代表者同士で握手します。 これで1回戦が終了です。 2回戦は1回戦の片方の曳山が残り,次の曳山と対戦します。2回戦も1回線同様「かっちゃ」が進められます。 4回戦が終わると1回目の「かっちゃ」が終わります。1回目の「かっちゃ」が終わったのは20:50でした。
1回目の「かっちゃ」が終わると曳山は再び,町内を巡回します。 1回目の「かっちゃ」は最前列の場所を確保したのですが,警官が前に立ちますし,祭の長老達も前に立ちます。結局,観客は最前列にいても立たないと祭を見れません。最前列の人が立ち上がるので後ろの人は祭をほとんど見る事ができません。祭は観客のためのものではなく,祭をする人が主役なので仕方が無いと言えば仕方が無いのですが,工夫の余地があるのではないかと思います。
写真を撮る人は身を乗り出して撮影しますので,三脚は役に立ちません。曳山の高さもそこそこありますし,距離も近いので条件としては決して良くはありません。しかも伏木曳山祭の見所は瞬間的にあらわれますので撮影が難しいです。撮影が目的ならば最前列は決してベストショットではありません。

2回目の「かっちゃ」は22:30から始まりました。 1回目の失敗を教訓に今度は法輪寺の塀のようなところを確保しました。1m程度の高さで幅60cmくらいの傾斜した場所で「かっちゃ」が始まるまでは座っていて「かっちゃ」が始まってからは立ち上がって見学しました。まさしく撮影のベストスポットでした。 「かっちゃ」で撮影するには観客の最後部の高い所が理想的です。高めの脚立を最後部に置いて撮影するのも良いです。
今回はトラブルがあったようで,2回目の「かっちゃ」は3回戦で終わってしまいました。2回目の「かっちゃ」は23:30に終了しました。 「かっちゃ」が終わって帰ることにしましたが,帰りの道路は渋滞していました。


翌年2011年に伏木曳山祭(けんか山)の「かっちゃ」を本町広場で見ました。伏木曳山祭の駐車場に着いたのは17:20でした。駐車場は混雑はしてましたが,適切な誘導があり,特に困ることも無くすんなりと駐車できました。
伏木支所前の案内書でパンフレットを貰って,目的地の本町広場へ向かいました。17:40に本町広場に着いたのですが,もう場所取りをしている人も多かったのですが,なんとか良さそうな場所を確保しました。本町広場のかっちゃ会場は,前回の法輪寺前の道路よりも広くて見やすそうでした。児童公園に本部席のやぐらが設置されていたので,どこで曳山がぶつかるのか,すぐにわかりました。
道路にはフェンスが設置されていたので折り畳みの椅子(100円ショップで300円で売っている)に座って「かっちゃ」が始まるのを待ちました。
18:00になると良い場所はほとんど確保されていて,最前列で見るのは難しくなっていました。伏木曳山祭はフェンスがあり,フェンスより道路側に曳山の関係者が見学するので最善列の人でも立ってみることになります。ですから後ろの人はかなり見難くなります。ですから「かっちゃ」を見に来る人の多くは脚立を持ってきて見ています。
18:45ごろから提灯がつけられた曳山が本町広場を通って行きました。18:50ごろから警察が大勢集まって警備をはじめました。
19:00にアナンウンスがあり,「かっちゃ」が行われる予定の時間の案内や割り込みなど迷惑行為があれば近くの警官に声を掛けてくださいと言ってました。お目当ての「かっちゃ」は19:30前から始まりました。「かっちゃ」は19:30頃と22:00頃の2回に分けて行われ,法輪寺前と本町広場とでほぼ同時に行われます。
本町広場の1回目の「かっちゃ」は町同士の対戦の組み合わせは4通りで20:50まで行われました。
撮影が目的でしたら本町広場のほうが向いているかもしれません。
伏木曳山祭(けんか山)の場所はこちら

伏木曳山祭のかっちゃのスライドショー


伏木曳山祭の地図
金沢城の地図の印刷用PDFファイル(約330KB)


伏木曳山祭(けんか山) 伏木曳山祭(けんか山) 伏木曳山祭(けんか山)
伏木曳山祭(けんか山) 伏木曳山祭(けんか山) 伏木曳山祭(けんか山)
伏木曳山祭(けんか山) 伏木曳山祭(けんか山) 伏木曳山祭(けんか山)
法輪寺前でのかっちゃ
本町広場でのかっちゃ

お熊甲祭 蛸島キリコ祭り 富来八朔祭礼 あばれ祭 寺家キリコ祭り にわか祭 西海祭り 小木袖ギリコ祭り 能登の祭り