掲示板・オークションでの自動車売買
一般に公開されているYAHOOオークションなどの場合は,自動車の運搬や名義変更などの手続きなどの必要がありますが,誰もが参加できます。YAHOOオークションではリサイクル料金1万円程度と自動車税の月割り(1ヶ月分が3000円程度),陸送料が1万円から4万円程度の負担が必要で,自分で名義変更する場合は,その他の諸経費は5000円程度ですみます。車検切れの自動車は車検費用もかかります。それでも通常の中古車会社の上乗せ価格と較べると比較にならないほど安く購入できます。車種も多いので希望の自動車を探す事ができる可能性が大きいです。
地元の掲示板で個人同士が自動車売買できると、実際に自動車を見る事もできますし、陸送料もかかりません。余計な手数料を負担しなくても中古車を売買できるので理想的です。但し,個人同士の中古車売買については相手が自動車の不具合を隠して売り付けたりする場合もありえますのでリスクがあることを充分承知して,売買は慎重に行う必要があります。


きまっし金沢の売ります買います掲示板で自動車を購入した体験記
Yahooオークションで自動車を購入した体験記


掲示板で自動車売買する場合の手順例
きまっし金沢の売ります・買います掲示板を利用すれば,経費をかけなくても自動車売買ができます。但し取引は自己責任になりますので,なるべくトラブルの無い取引ができるように実際に売ります・買います掲示板を使って取引した経験に基づいて手順例を掲載いたします。
基本的にはオークションでも手順は同じですが、オークションの場合には自動車を受取ってから名義変更をすることになります。
売ります掲示板に投稿して買主を探す
「きまっし金沢の売ります・買います掲示板」では画像を大量に表示することができませんので,画像はオンラインの無料フォトアルバム(はてなフォトライフなど)を利用するのが良いです。
売りたい自動車の傷や不具合や事故歴などは漏らさすに掲載しておきましょう。傷や不具合や事故歴の掲載を漏らすと後々のトラブルの原因になります。
走行距離・車検期限・スタッドレスタイヤの有無・煙草臭・純正品以外のパーツの使用・普段のオイル交換などの整備状況も掲載しましょう。
自動車の型番や年式は正確に記載する必要があります。Goo-netに過去に発売された車種の仕様一覧がありますので売りたい自動車の車種が掲載されているページを明記しておくのが良いと思います。
取引に関して,自賠責保険・自動車保険・自動車重量税の残存期間の負担,リサイクル料の扱いなども事前に確認する事が必要ですが,「きまっし金沢の売ります・買います掲示板」では,それらの費用を含んだ金額を掲載することを推奨します。特に明記してない場合は含まれているという前提で取引をして欲しいと思います。
名義変更にかかる経費は買主が負担するのが原則です。売主が用意する印鑑証明書を発行する手数料も買主が負担しましょう。
自動車の引き渡しには名義変更の確認を
自動車を取引しようということになり,実際に自動車も見て最終的にお互いの了解のもとに取引を決定した場合に,自動車を引き取ってお金を払うというだけでは自動車の取引は完了しません。掲示板に掲載されていなかった自動車の著しい不具合がある場合を除いては,最終的に自動車の名義変更が完了し,それを売主が確認してはじめて取引が完了したということになります。
そのためには,自動車の引き渡し時に,売主が名義変更保証金を預かり,自動車の名義変更の完了について確認できた時に買主に返還するか,自動車の名義変更が完了してから自動車の引渡しをするのが良いと思います。
このページでは自動車の名義変更が完了してから自動車の引渡しをするパターンについて紹介します。
お金と必要書類を交換する
買主が石川陸運支局(石川県自動車会館)で自動車名義変更に必要な書類一式を揃えます。
売主は買主に自動車検査証のコピーを渡す(メールで画像ファイルを送っても良いしFAXでも良い)。
自賠責保険の名義を変更する場合は,買主が自賠責保険の損保会社に自動車損害賠償責任保険承認請求書を送ってもらう。
買主は自動車検査証を参考に下記の書類に必要事項を記入して売主に送り捺印をしてもらう。売主の印鑑証明書を用意してもらう。
1.譲渡証明書(所定の用紙 必須です)  売主の実印での捺印。
2.委任状(所定の用紙 必須です)    売主の実印での捺印。
3.自動車売買契約書(任意の用紙で買主の捺印済 任意ですがあったほうが安心 お互いの分で2枚) 売主の実印での捺印。
4.領収書(任意の用紙 任意ですがあったほうが安心)   売主の捺印
5.自動車損害賠償責任保険承認請求書(損保会社所定の用紙)  売主の実印での捺印と電話番号の記入。
上記の書類に捺印されて揃った段階で,買主は自動車代金と売主が負担した印鑑証明書の手数料を支払い,売主は上記の5つの書類と印鑑証明書,自動車検査証,自賠責保険証明書,自動車税納税証明書,リサイクル券,マニュアル類,車検整備記録書を買主に渡します。
自動車税納税証明書,マニュアル類,車検整備記録書は無くても自動車の名義変更ができますが、あったほうが良いです。
最初に車庫証明書(自動車保管場所証明書)を発行してもらう
ほとんどの手続きは車庫証明書(自動車保管場所証明書)がなければ始まりません。申請書類は金沢の場合は金沢東警察署,金沢中警察署,金沢西警察署,石川陸運支局で入手できますが,申請書を出すのは地域によって指定の警察署に提出しないといけません。
車庫証明書は申請してから2日間で完了します。
自動車の名義変更を行う
車庫証明書が発行されて,必要書類に売主の捺印がもらえれば自動車の名義変更ができます。
金沢の場合は石川陸運支局で手続きを行います。必要書類を受付に出すと,500円の収入印紙を購入して,自動車取得税・自動車税申告書の手続きをしてから,もう一度来て下さいということで,同じ敷地内の石川県自動車会館の税金関係の部署で500円の収入印紙を購入して,自動車取得税・自動車税申告書の手続きをします。それで再び陸運局の窓口に揃った書類を提出すると,ちょっと待つだけで新しい車検証を渡されます。
結局,自動車の名義変更にかかった費用は用紙代132円,印鑑証明書(売主・買主で合計2通で)手数料600円,印紙代500円で総額1232円です。業者に頼むと2万円も手数料を請求されます。
ナンバーの県と所有者の居住する県が違う場合はナンバープレートの交換が必要で、新名義人の住民票が必要です。ナンバープレートを交換しても総額2000円程度で名義変更ができます。

自動車の引き渡し
自動車検査証の名義が変更されていることを売主に確認してもらい自動車を受取って自動車の取引が完了します。
自賠責保険証明書の名義変更
自賠責保険書の名義変更は必須ではありませんが、事故が起きた時に手続きが複雑になるので名義変更をしておいたほうが良いです。
自動車検査証の名義変更が完了した段階で,自賠責保険証明書の名義変更に必要な書類(自動車損害賠償責任保険承認請求書,新車検証のコピー,旧の自賠責保険証書)を自賠責保険の損保会社に送ると数日で新しい自分名義の自賠責保険証書が送られてきます。
任意保険の申し込み
任意保険の新規申し込みや任意保険の車種の変更は,前もって損保会社に連絡しておけば,自動車の引き渡し後に速やかに名義変更するという前提の下に自動車の引き渡しの当日から可能です。とりあえずは名義変更前の車検証のままの情報で契約し,名義変更後速やかに新しい車検証のコピーを送ります。