XPERIA SOL23を5.1.1にバージョンアップ

2018年11月17日

2018/11/26よりメルカリでAndroid 5.0未満の端末が使えなくなり、ポイントが多く貰える楽天アプリも使えなくなったので、Android4.4.2のXPERIA SOL23では不都合になり、Android6.01のhuawai p9 lite premiumに買い換えました。
電池が減ってしまうので、外ではhuawai p9 lite premiumを使い、家の中ではXPERIA SOL23を使っていました。
でも家の中でもメルカリが使えないのは不便なのでXPERIA SOL23のバージョンを上げる事ができないか調べてみました。

国際仕様のXPERIA SOL23は比較的簡単にバージョンアップができるようですが、国内仕様のXPERIA SOL23はバージョンアップはかなり難しいようです。でも裏技的にバージョンアップする方法があったので試してみる事にしました。

元々入っていた余計なソフトも削除でき、動作も軽くなるメリットもあるけど、おサイフケータイや地デジなど日本だけの特別な機能は使えなくなるようです。

基本的な方法は「Hone.のたま~に戯言」
https://blog.goo.ne.jp/psyna_hone/e/50bb8b4925566b0f2d8ec36eb977f93a
を参考にしました。

まず
・flashtool-0.9.23.1-windows.exe + x10flasher.jar(最新)
・rootkitXperia_20140719.zip
・Z1-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined.zip
・SOL23_14.3.C.0.239_au.ftf
・PRF-Xperia Z1-Customized IN-14.6.A.1.216-signed.zip
・Java SE開発キット8u191
をパソコンでダウンロードしました。

flashtoolは通常の方法でダウンロードできなくてTorrentを使ってのダウンロードになります。Torrentは危ないソフトだというイメージがあるので、ちょっと戸惑いました。

VICPRESSというサイト
https://vicpress.net/?p=11916
を参考にして
https://www.utorrent.com/intl/ja/utweb-index
で無料のBASICタイプのμTorrent(3.5.4 というバージョンになっていました)をダウンロードしました。
インストールする時には、Antivirusをインストールすることに対して拒否(Decline)したほうが良いと思います。

μTorrentを起動して
http://www.flashtool.net/downloads.phpから
flashtoolを入手しました。
最新のバージョンは0.9.25.0になっていました。パソコンはWindowsなのでWindows用のファイルを選択します。トレントを選択してflashtoolがダウンロードできました。
目的が達成した後に、μTorrentはすぐにアンインストールしました。
スタートを右クリック・・・タスクマネージャー・・・スタートアップ・・・μTorrent・・・無効
もチェックします。

アンインストールしてもμTorrentが消せない場合は、キーボードの Windowsキー + Rキー を押して「ファイル名を指定して実行」ウィンドウの入力ボックスに半角でregedit を実行。
HKEY_CURRENT_USERを選択してtorrentを検索する。検索されたファイルを削除します。調子に乗って関係無いものまで削除しすぎると、不具合が出る可能性があるので、明らかなものから少しづつ削除して確認するのが安心です。
これでOKだと思います。

rootkitXperia_20140719.zipはギガジェットというサイト
http://gigadget.net/2015/05/25/185
を参考に
http://cubeundcube.blogspot.com/2014/07/xperiarootgx-z2a2.html
からダウンロードしました。

Z1-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined.zipは
PROJECT KONPETOというサイト
http://konpeto.blog.jp/archives/7317683.html
を参考に
http://nut.xperia-files.com/path/XZDualRecovery
からXZDualRecovery_2.8.26を選択して
Z1-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combined.zipを選び
ダウンロードしました。

SOL23_14.3.C.0.239_au.ftfはGoogleで検索して
https://androidfilehost.com/?fid=24562946973630790
からダウンロードしました。

PRF-Xperia Z1-Customized IN-14.6.A.1.216-signed.zipはSOL23でフォーマットされたMicroSDへコピーしておきます。1.28GBあります。

最初にflashtoolでSOL23にSOL23_14.3.C.0.239_au.ftf(Android 4.4.2 au版)を書き込むということですが、具体的にどうするかわからなく戸惑いました。

https://vicpress.net/?p=11916
というサイトを見つけ、このサイトを参考に進めていきました。
但しANDROID STUDIOのバージョンが変わっていて操作方法も変わっていたので、ちょっと操作に戸惑いました。

https://developer.android.com/studio/
でANDROID STUDIOをダウンロードしてファイルを起動してインストールします。
ここでインストールする場所を必ず設定します。
自分はC:¥SDKで設定しました。
かなり時間がかかります。
ANDROID STUDIOを起動して下のConfigureをクリックするとメニューが現れるのでSDK Managerを選択します。
System SettingsのAndroid SDKを選択して、SDK Platformsで必要なドライバーをダウンロードします。
・Android 5.1.1(API 22)
・Android 5.0.1(API 21)
・Android 4.4W.2(API 20)
・Android 4.4 (API 19)
をダウンロードしておきました。
SDK Toolsで必要なツールをダウンロードします。
・Android SDK platform-tools
・Android SDK Build-tools
・Google USB Driver
をダウンロードしておきました。

http://gigadget.net/2015/03/22/37を参考に
jdk-8u191-windows-x64.exeをクリックして「Java SE」をインストールしました。
その後もhttp://gigadget.net/2015/03/22/37を参考に進めますが
⑥Pathを通すの部分がWindows10では方法が変わっていました。
「Path」をダブルクリックすると環境変数名の編集という画面が表示されるので新規をクリックして
platform-toolsのフォルダのアドレスを記入します。;(セミコロン)は入れなくも良いです。
自分の場合は C:¥SDK¥platform-tools でした。
「cmd」確認をすると正常に動作したのでflashtoolを動作させる準備は完了したのだと思います。

http://gigadget.net/2015/03/22/37を参考に
flashtool-0.9.25.0-windows.exeをダブルクリックしてインストールします。
flashtoolの「drivers」フォルダ内にある「flashtool-drivers.exe」を実行して
Flashmode Drivers
Fastboot Drivers
を選択してインストールしてflashtoolが使えるようになりました。

「Hone.のたま~に戯言」
https://blog.goo.ne.jp/psyna_hone/e/50bb8b4925566b0f2d8ec36eb977f93a の手順によると
flashtoolでSOL23にSOL23_14.3.C.0.239_au.ftf(Android 4.4.2 au版)を書き込み
になっていますが、この方法も判らなく
https://vicpress.net/?p=11916
のAndroidバージョンアップの部分を参考に進めました。
Flashtool64を起動して、Source folderをSOL23_14.3.C.0.239_au.ftfのあるフォルダに指定します。
FirmwaresにSony Xperia Z1が表示されるので、その左側の>をクリックします。SOL23の左側の>をクリックします。auの左側の>をクリックします。14.3.C.0.239を選択して
その後の設定や操作はhttps://vicpress.net/?p=11916を参考にしてROM焼きを実行します。
設定は
・左の「Wipe」の「Sin」
APPS_LOG
USERDATA
・右の「Exclude」の「Sin」
AMSS_FSG
AMSS_FS_1
AMSS_FS_2
PARTITION-IMAGE
・右下の「Misc TA」
FOTA-RESET
にチェックマークです。

お陰で無事完了しました。無事起動もできました。

初期状態に戻ったのでWifi設定やGoogleアカウント設定を行いました。
この時点ではAndroid 4.4.2 au版になったに過ぎません。

「Hone.のたま~に戯言」
https://blog.goo.ne.jp/psyna_hone/e/50bb8b4925566b0f2d8ec36eb977f93a の手順によると次は
USBデバッグON
う~ん、これも判らない。
ネットで調べると「端末情報」の中の「ビルド番号」を連打すると「開発者向けオプション」のメニューが現れるのということでした。
USBデバッグONにチェックします。

PCとUSBにて接続

rootkitXperiaでroot化
これも判らない 困ったもんです。
再び、http://gigadget.net/2015/05/25/185 を参考に処理しました。
rootkitXperiaのinstall.batをクリックしても、
waiting for device… で止まったままになっていたのですが、パソコンを再起動して再び試してみたら動作しました。
* daemon started successfully
でストップしたので、一度SOL23の電源を切って、電源を入れなおしました。
そしたら残りの処理が行われて無事— all finished —が表示されました。
これでroot化が完了です。

「Hone.のたま~に戯言」
https://blog.goo.ne.jp/psyna_hone/e/50bb8b4925566b0f2d8ec36eb977f93a の手順によると次は
Z1-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combinedでSuperSU導入、TWRP 2.8.7導入
これも判りません。
PROJECT KONPETOというサイト
http://konpeto.blog.jp/archives/7317683.html
を参考にZ1-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combinedフォルダ内のinstall.batを実行します。
選択を求められたら1を入力して後は画面の指示に従います。
SOL23のSuperSUを起動しました。
再起動しました。
説明では、再起動でTWRPが起動しますとの指示がありますが、TWRPが起動しません。
パソコンとの接続を外して、SOL23を再起動し「SONY」ロゴが出ている間「ボリューム-(下)」を連打wすると起動する事もありました。

それでもTWRPが起動しない場合は、SOL23のSuperSUを起動してPCとUSBにて接続した状態で、パソコン上でZ1-lockeddualrecovery2.8.26-RELEASE.combinedフォルダ内のinstall.batを実行すると、パソコンの画面で数字の入力を求められるので1を入力します。
SOL23の画面でSuperSUの許可を求められるので許可をクリックします。SuperSUの許可を求められる時間は短いので、すぐにクリックする必要があります。
TWRPが起動しました。

TWRPの使い方は
https://andmem.blogspot.com/2014/08/romwrite-twrp.html
を参考にしました。

Backupを選択してKerel Image、System、Data にチェックマークをつけて記憶するStorageを選びます。SDカードの場合は4GB必要です。今回は持っているSDカードの容量が小さかったので、内部ストレージにバックアップする事にしました。
Swipe to Back Upでバックアップが始まります。

次にTWRPのWipeを選択します。内部ストレージにバックアップしたのでAdvanced Wipeを選択しました。
Wipeする項目の選択があるので、Delvik Cache、System、Cache、Dataにチェックを入れます。
Swipe to Unlock、Swipe to Wipeを実行します。
これでROMのシステムを消せました。

最後にTWRPで新しいROMの書き込みを行います。
TWRPでInstallを選択します。
StorageがSDカードになっていることを確認し、
PRF-Xperia Z1-Customized IN-14.6.A.1.216-signed.zipはSOL23
を選択しSwipe to Confirm Flashを実行します。
かなり時間がたってZip Install Completeが表示されたので、完成のようです。

再起動しました。
XPERIA SOL23のバージョンが5.1.1になっていました。

プレイストアから「systemアプリ削除」をインストールして、最初に「ソフトウェア更新」を削除して、その後、不必要なアプリを徹底的に削除しました。但し削除していけないアプリもありますので要チェックです。
https://andronavi.com/2015/07/355878/2
https://syrup-ftc55.jimdo.com/2016/03/20/xperia-z3-compact%E3%81%AE%E3%82%A2%E3%83%97%E3%83%AA%E3%81%AE%E7%84%A1%E5%8A%B9%E5%8C%96%E3%81%AB%E3%81%A4%E3%81%84%E3%81%A6/

いろいろ動作確認をしましたが、バージョン5以上でしか動作しない楽天アプリやメルカリも問題なく使えました。

起動及び電源OFFに時間がかかります。
起動時WiFiが自動接続しないので手動でWiFiをonにしないといけません。onになるには時間がかかります。
電源を切らなければ、余計な時間がかからないので問題はありません。

アプリ「systemアプリ削除」でSONY関係のアプリを片っ端に削除して内蔵メモリの余裕もたっぷりできたので、音楽ファイルをたっぷり入れました。

ちゃんと動作する事を確認し「SuperSU」も削除します。

LINE(自分はほとんど使ってない)は複数の端末にインストールできないけど、その他のアプリ・データは完全にクローン化できました。

家の中で使う面では全く支障なく使えるサブ端末ができました。やったね。

ネットを調べると、キャリアのSIMとの接続が不安定になったという話もありますので、リスクは皆無では無く、あくまでも自己責任という事のようです。

XPERIA SOL23を5.1.1にバージョンアップが終了した後に、パソコンでGoogle Chromeを起動した時に、WebDiscoverが一緒に起動するようになっていたら、コントロールパネルのプログラムのアンインストールで削除します。
怪しいソフトをダウンロードすると苦労は避けられません(笑!)

2018年11月28日

XPERIA SOL23を5.1.1にバージョンアップしてから、電池の減りが急に速くなりました。
電源を入れたまま放置しておくだけでも、かなり減っていきます。寝ている間に40%ほど減っていたりします。
ちなみに充電池は新品交換して半年しかたっていません。

2018年12月5日

起動時に不具合のあった、もう一台のXPERIA SOL23も5.1.1にバージョンアップできました。

2018年12月29日

5.1.1にバージョンアップした SOL23のデータを初期化しました。
ちゃんとバージョン5.1.1のままでした。

5.1.1にバージョンアップした SOL23にUQモバイルのSIMを入れてみました。
このユーザー名ではこのSIMは使えませんという表示が出ました。

設定—その他の設定—モバイルネットワーク—高度な設定
という項目が無く設定できませんでした。

5.1.1にバージョンアップした SOL23では、UQモバイルの端末としては使えないようです。



XPERIA SOL23を5.1.1にバージョンアップ」への2件のフィードバック

  1. 投稿作成者

    お役に立てて良かったです。
    ちなみに、どこかの携帯電話事業者のsimで使えましたでしょうか?

  2. どこかの学生

    今更ですがメルカリで安かったXperia Z1(SOL23)を購入し、このサイトを参考にAndroid5.1.1化させていただきました。
    とても分かりやすかったです!
    本当にありがとうございました!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。