石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

ワインとフランス田舎料理 ル・ベルジェ Le berger

今日は「ワインとフランス田舎料理 ル・ベルジェ」へランチに行きました。
ミシュランのビブグルマンに選定されたお店です。
翌日が父の日ということで、娘からご馳走されたんです。予約を12:00に入れて、ぴったりの時間につきました。
店頭にランチ2800円から ディナー(平日 3500円から 土日 3900円から)となっていました。
店内に入ると、カウンター6席と4人掛けのテーブル4脚とこじんまりしたお店です。
予約席のテーブルには飲み物のメニューが置いてありました。すぐにタオルのお手拭きと冷たい水と、瓶に入ったお水が出されました。
娘にご馳走になって飲み物まで頼むつもりは全く無かったのですが、遠慮せんでもいいからと、しつこく言われたので、自家製ぶどうジュース白(400円)を頼みました。ちなみに自家製ぶどうジュース赤というのもありました。
料理は前もって頼んであるということでした。
自家製ぶどうジュースは上品な味で、市販のものとは別物でした。

最初にオードブル2種が出されました。パテとミニシュークリームみたいな形の料理(グジェール)でした。粒マスタードが添えられていて、パテに付けて食べると言われましたが、粒マスタードの味が強くてほんの少しだけ使って、ほとんど残しました。
娘は美味しいと食べていましたが、ちょっと返答に困りました。

Leberger1.jpg

次はポタージュスープが出されました。
ポタージュスープは大好きなんです。とっても美味しかったです。
ただ、テーブルに置いてあったスープスプーンがカップと比べて大きくて、スプーンは使いませんでした。なんか狐と鶴のご馳走を思い浮かべました。

Leberger2.jpg

次にカンパチのカルパッチョが出されました。見た目、美しかったです。ただカンパチの切り身が大きくて、生臭さを感じました。カンパチの切り身はもっと薄くして、味がたくさんついていたほうが嬉しかったです。カンパチの素材を生かそうという意図だったのかもしれませんが個人的には辛かったです。

Leberger3.jpg

次にハード系のパンとオリーブ油が出されました。パンをオリーブ油に付けて食べるのは最近、時々経験します。

Leberger4.jpg

次にホタテ貝とズッキーニの料理が出ました。ズッキーニの中には料理が詰められています。ホタテ貝が柔らかくて美味しかったです。
追加でパンが出されました。

Leberger5.jpg

次には白身魚とエビの揚げ物のクリームソースの料理が出てきました。これは美味しかったです。基本的にクリームソースが好きなんですね。
エビの頭が食べられるのかどうか悩みました。普通はエビの頭は食べないのですが、揚げてあるし、なんとなく美味しそうだったので、少しずつ食べてみました。エビの濃厚な香りがして美味しかったです。
娘はエビの頭を食べませんでした。本当は食べるのを前提に料理してあったのか不明です。
それにしても、これでかこれでもかと海鮮料理が出てきます。
さすがにここまでくると、2800円のコースではない事に気づきました。

Leberger6.jpg

次は待望の肉料理が出ました。牛肉のワイン煮込みです。お肉がとても柔らかかったのですが、個人的にはソースの味が残念でした。

Leberger7.jpg

デザートの前に食器が出されました。アイスクリームかね、フルーツかね、ケーキかねと話していたら、テリーヌショコラと桃とココナッツのソルベが出されました。
テリーヌショコラはチョコレート好きな俊にはたまらない美味しさでした。桃も今年初めてだったので嬉しかったです。

Leberger8.jpg

最後に飲み物は紅茶かコーヒーを選べてアイスでもホットでも良いという事なのでアイスコーヒーをいただきました。

Leberger9.jpg

お店を出たのは14:30を超えていました。2時間30分の食事でした。娘とたっぷりと会話が出来ました。
娘に聞くと5200円のコースだったようです。

ワインとフランス田舎料理 ル・ベルジェ Le bergerの場所はこちら  石川県野々市市押越2-18ホワイトハウス1階


コメントする