掃除の本を読んでみました。

リフォームには掃除がつきものということで、掃除の本を読んでみました。
「プロが教える掃除の速攻ワザ」「ラクラクお掃除新津式汚れ落とし術  新津春子」「プロに教わるシンプル掃除術」「汚れおとし大事典 佐光紀子」「目からウロコのお掃除の裏ワザ  沖幸子」の5冊です。

「プロが教える掃除の速攻ワザ」は、おそうじ本舗という掃除を職業にしている会社の本で、掃除のプロの宣伝みたいな感じで、難しいところはプロに任せましょうって感じです。
あまり参考になりません。

重曹はレンジフード・シンク・排水口のまわり・五徳・便器・下駄箱の消臭・窓ガラス・油汚れ
クエン酸は、シンク・蛇口のまわり、浴槽・洗面台・タバコや生ゴミの消臭
酢は浴室のドアの裏側・洗面台・蛇口まわり・浴槽・鏡
エタノールはドアノブ・冷蔵庫・下駄箱の棚板・洗い物のカゴ・鏡・歯ブラシ立て
カーペットはブラシでかきだして粘着クリーナーでとる
網戸は外側に新聞紙を貼りつけ掃除機で清掃
しつこい油汚れは重曹水を吹き付け、お湯で漬け洗い
水垢はクエン酸(電気ポット、シンク、トイレ)
排水口は重曹の後に重曹の2分の1のクエン酸でぬるま湯を入れて放置して発泡させる

「ラクラクお掃除新津式汚れ落とし術  新津春子」は2013,2014,2016年に世界一清潔な空港に選ばれた羽田空港の清掃スタッフの実技指導者をしている人が著者です。
どちらかというと普段からこまめに清掃して綺麗にしておきましょうというのが基本ですが、汚れのつき方、汚れの種類と洗剤の選び方、汚れ落としの基本などが中心で、理論的に説明していますが、掃除について一種の哲学のような印象も受ける本です。
写真が無いので、ちょっと具体的にイメージが湧きにくいという面があり、また頑固な汚れを落とす参考にはなりませんが、良い本だと思いました。

手垢 酸性   油性
尿・尿石 アルカリ性  水溶性または固着
便 酸性
水垢 アルカリ性  水溶性または固着
黄ばみ・黒ずみ 酸性  水溶性

酸性の汚れは、中性洗剤で落ちない場合はアルカリ性の洗剤で中和して落とす(重曹、石鹸、酸素系漂白剤など)
アルカリ性の汚れは、中性洗剤で落ちない場合は酸性の洗剤で中和して落とす(クエン酸、酢など)
油性の汚れは水で落ちないので油を溶かす処理が必要 中性洗剤など利用
固着の汚れは水・洗剤で落ちない場合は削る落とす・浮かす・溶かすなどの方法を選ぶ

酸性の洗剤やアルカリ性の洗剤を使った後は中和処理が必須

「汚れおとし大事典 佐光紀子」は、自然素材(重曹・クエン酸・石鹸)を使った汚れ落とし方法(方法・使う洗剤・順序)について、604の対象商品ごとに、掲載されいるので便利です。
「ラクラクお掃除新津式汚れ落とし術  新津春子」で基本を勉強してから、「汚れおとし大事典 佐光紀子」を参考にするのが有効だと思います。
ただ、洗剤を自然素材に絞っているのは個人的には物足りなさを感じます。どうしても落ちないような汚れは、強力な洗剤やスチームクリーナーなど使うと落ちますみたいな紹介もあった方が役立つと思います。

「目からウロコのお掃除の裏ワザ  沖幸子」は、全部で96ページで、しかも内容が掃除だけでは無いので、情報量は少ないですが、わかりやすく、一般的に知りたいなと思われている汚れの落とし方が具体的に掲載されているので気軽に楽しく読めます。
楽しく掃除できるようになる本を1冊選ぶとすれば、この本です。

ホコリ対策は濡らしてちぎった新聞紙、湿った茶殻
窓の四隅の汚れは水で濡らしたかたく絞ったタオルに塩
ブラインドのひどい汚れは重曹水で水拭き
網戸は片側に新聞紙をはりつけ掃除機でホコリをとる・清水で両側で挟んで拭く
フローリング・テーブルは使用済みの紅茶の煮出し液、ミカンの皮の煮出し
洗面台は牛乳・レモンの搾りかす
蛇口は歯磨き粉
冷蔵庫の庫内は沸騰したお湯にレモンを入れた洗剤で
におい対策は、コーヒーの出し殻
ガラスは酢水
レンジ台は小麦粉
レンジ台の受け皿と五徳 重曹
換気扇は小麦粉とみかんの皮の煮汁
キッチンの壁はみかんの皮の煮汁
炊飯器は重曹水
コーヒーメーカーは酢水
茶汁は塩・みかんの皮
陶器は牛乳
グラスの曇りはレモン汁
鍋の焦げ 玉ねぎの皮・酢
アルミ鍋の黒ずみ レモン汁
やかん&ポットの水垢 酢
シンクの汚れは 小麦粉・リンゴの皮
シールはがしは酢
お風呂場のカビはビールや日本酒
バスタブはボディソープ・小麦粉+牛乳
トイレの便器 牛乳  ガンコな水垢は酢の湿布

「プロに教わるシンプル掃除術」は、掃除の基礎みたいな内容の本で全く参考になりません。

おそうじの便利帖 おうち中のあきらめ汚れがみるみる落ちる! お掃除の裏ワザ大集合は、落としにくい汚れを綺麗にする方法を掃除箇所別に図解入りで判りやすく説明されています。
しかも自然素材だけでなく、いろんな洗剤を使って、一番良い洗剤を紹介していたりするので実用的です。
掃除用具についても、どこのメーカーのどの商品が優れているかの比較もあるので、どういった商品を購入すればよいか参考になります。
お掃除のお助けグッズも参考になりますし、家にあるものを有効利用して掃除しにくい場所を掃除する方法も紹介されています。

貯まった汚れを綺麗にするときのマニュアル本としては最適だと思います。超おすすめ本です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。