2017.03.07

金沢の新交通システム

先日、金沢市長が金沢の新交通システムを実現したいと発言しましたが、懐疑的な意見も多いとの報道がありました。
山野市長は、山出市長と比べると小者ぶりを感じえないのですが、誠実に頑張っているって印象があります。
でも新交通システムを実現すれば、一挙に存在感が強くなると思います。ぜひ頑張って欲しいものです。
金沢って自動車を持っていないと住めない町ですが、自動車無しでも住める街になるといいなあと思います。
観光の面からも、金沢はバスの乗り方が分かりにくいという感想が多いと聞きますが、この際、お金かかっても地下鉄を導入すればどうかと思います。
金沢駅、武蔵、橋場、兼六園、金沢市役所、西茶屋街、長町武家屋敷跡、金沢駅と循環する地下鉄を作って、石川線(鶴来・野町)を延長して接続し、金沢駅から金沢港を地上の鉄道で接続し、兼六園と金沢大学病院・新県立図書館をつなぐ鉄道を整備すれば随分住みやすくなると思うんだけど。

石川県知事が、金沢の新交通システムは渋滞を招くだけだと、上から目線で発言していたけど、県が金沢市の事に余計な口を出すなっていうのが正直な感想です。

コメント




使用できるタグ:
<a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>