Home > 旅先のお土産

2017.04.11

福井県大野市の醤油を買ってきた

2017年4月11日

福井県大野市の醤油が美味しいということなので、評判の3軒のお店で醤油を購入してきました。
いずれも古い町屋のお店で、いかにも手作りという感じです。

oonosyouyu1

まるいちしょうゆは「丸一醤油(竹田味噌醤油醸造元)」で甘めの醤油らしいです。
添加物にアルコール、甘味料(ステビア、サッカリンNa)、保存料(パラオキシン安息香酸)が含まれています。
oonosyouyu3

蔵出ししょうゆは「山元醤油醸造元」で濃い口のようです。
添加物に甘味料(ステビア、サッカリンNa)、保存料(パラオキシン安息香酸)が含まれています。
oonosyouyu5

大野のおしょうゆは「野村醤油」で濃い口のようです。
添加物にアルコール、甘味料(ステビア)が含まれています。
oonosyouyu7

いずれも1リットル500円程度ですが微妙に値段が違っていました。
成分だけ見ると、大野のおしょうゆ「野村醤油」が人工の添加物が少ないです。

ついでに大野朝市に行ったら、こごみが売られていたので買ってきました。里芋もあったのですが、値段が高めだったので買うのをやめました。春は冬に比べると高いそうです。希少価値ということなんでしょうね。

さっそく、まるいちしょうゆを魚の煮物に使いましたが、美味しかったです。

2017年4月22日

まるいちしょうゆの醤油は少し塩っぱいようです。

2017.04.01

東京からヤフオク購入の軽自動車で帰ってきた

2017年3月28日

ヤフオクで娘の軽自動車を落札したのですが、代行.netに発送の依頼をしたら引き取りが4月4日、配達が4月13日だというのです。転勤時期なので需要が多いのだと思います。
それは、あまりにも遅すぎという事で、東京都町田市まで引き取りに行くことにしました。
自動車で金沢と東京を最短ルートを使って移動するというのは、ホームページのネタとしても興味があるし、息子も遠距離のドライブ(特に下道)が好きなので1度は経験しても良いかなと思ったんです。

2人で、高速バスで横浜まで行って、横浜線で成瀬まで 
横浜には7:40に到着します。

現地から相模原愛川まで33分(11.9km)
相模原愛川から松本まで 首都圏中央連絡自動車道・中央高速自動車道 で2時間20分(188.7km)

談合坂サービスエリア(お土産)
八ヶ岳パーキングエリア(景色が良いので天気が良ければ寄る)
諏訪湖サービスエリア(諏訪湖が見えて景色が良い)
で休憩をとろうと思います。

松本で昼食 千石(センゴク)で山賊焼き

松本から安房トンネルを通って平湯まで1時間(46.9km)

ひらゆの森で温泉に入る

ひらゆの森から富山ICまで1時間30分(75.6km)
  
富山ICから北陸自動車道で金沢東ICまで40分(53.9km)

自動車での移動距離385km、移動時間は6時間28分です。

せっかく横浜に行って、何も観光しないのはもったいないので、朝食は横浜中華街の「馬さんの店 龍仙(リュウセン)」でとろうと思います。朝7時から営業していて、安くて美味しいそうです。お粥が人気なので朝食にちょうど良いです。

高速バスは2人で14800円 横浜線が2人で780円 中央高速自動車道3860円(ETC2830円)、安房トンネル620円(ETC430円)、富山から金沢西まで 北陸自動車道 1310円(ETC920円)  ガソリン代 2500円程度      
総額22260円の経費で陸送費33804円と比べると、かなり安いです。

2017年4月1日

昨日の夜22:30金沢発で息子と高速バスに乗りました。やっぱり高速バスはぐっすりとは眠れません。睡眠薬を飲んですぐ眠れたのですが、早く目が覚めて、それ以降はほとんど眠れなかったです。睡眠薬を飲むと、こういうパターンが多いのですが、全く眠れないよりは良いです。
首都高速で事故があり横浜に7:40に着く予定が8:10になりました。
バスの降車場から横浜駅に行くのに、ちょっと間違えて15分のロスが生じました。
みなとみらい線で元町中華街駅まで行ったのですが、風が強くて傘が壊れそうになりました。
「馬さんの店 龍仙(リュウセン)」に着いたのは8:50でした。その時間なのにお客がいっぱい入っていましたが、なんとか2人座れる席が空いていてラッキーでした。
「馬さんの店 龍仙(リュウセン)」のメニューには単品も安いのですがお得なセットメニューもあり、上海ミニ飲茶セット1512円、飲茶セット1620円、フカヒレ姿煮セット1512円、豚肉キャベツ鍋セット850円、龍仙粥セット1080円、焼餃子セット1080円、点心3点セット1080円、スタミナ定食1080円、2人前のぴったんこカンカンセット3240円などがあります。
「馬さんの店 龍仙(リュウセン)」は龍仙粥が評判という事なので、今日は龍仙粥も付いている2人前のぴったんこカンカンセット3240円を注文しました。1人だとこういうのを注文できないんですよね。
「馬さんの店 龍仙(リュウセン)」は店内で食べる以外に、配達もあるようで、しょっちゅう、店外に料理を運んでいました。
熱いウーロン茶がポット入りで出されました。外が寒かったのでありがたかったです。
最初にザーサイが出されました。ザーサイは元々好きで、中華料理屋さんで定食にザーサイが付いていないとガッカリするくらいなんですが、「馬さんの店 龍仙(リュウセン)」のザーサイは、今まで持っていたザーサイのイメージを遥かに超える美味しさで感動しました。メニューを見るとザーサイのお持ち帰りも出来る(540円)ということなのでお持ち帰りを頼みました。

ryuusen1

次に出たのは海老のチリソースでした。まあ特筆する事は無いけど美味しかったです。海老のチリソースは大好きなので食べられるだけで満足です。

ryuusen2

青梗菜とお餅の炒めは、あっさり味ですが、美味しかったです。

ryuusen3

龍仙おかゆが出ました。「馬さんの店 龍仙(リュウセン)」のお粥は人気があり、その中でも龍仙おかゆは一番人気ということです。
朝にお粥はお腹にやさしく温まって良いです。龍仙おかゆは、鶏のスープで5時間煮込まれているそうで、ホタテの貝柱やエビ、白身の魚、揚げパン、揚げワンタンが入っていました。あっさりして美味しかったのですが、個人的には少し味を加えたいところでした。

ryuusen4

上海五目モチ米焼売と小籠包で出ました。上海五目モチ米焼売はお肉がたくさん入っていて味もしっかりついていて美味しかったし、小籠包はスープがたっぷり入っていて美味しかったです。

ryuusen5

食後にデザートの杏仁豆腐が出ました。

ryuusen6

これで1人分1620円です。感動しました。息子は横浜に来たら、また来たいと言っていました。

食事中も、お客の出入りが多く繁盛していました。

食事を終えて、JR石川町(元町・中華街)駅から 根岸線・横浜線で成瀬駅まで行きました。「馬さんの店 龍仙(リュウセン)」は、みなとみらい線の元町中華街駅とJR石川町(元町・中華街)駅とは同距離にあり、いずれも徒歩8分くらいに位置するんです。

成瀬駅まで自動車で迎えに来てもらうようにお願いしていて横浜駅を出たときに電話するというふうに打ち合わせしていたのですが、東神奈川駅での乗り継ぎがギリギリで電話できませんでした。列車内で携帯電話をしないようにと注意書きがあったのです(苦笑!)
そういう訳で、成瀬駅に着いてから、電話しました。
成瀬駅についたのは10:30でした。
自動車だとすぐだと思っていたのですが、なかなか迎えの自動車が来ません。そうこうしていると電話がかかってきて、もう到着していると言うのです。駅の出口がお互いの思っていたのと違っていたようです。自分は相手側に近いほうだと思っていたのですが、そちらは裏側で、一般的には駅の出口といえば反対側なんだそうです。最初の電話で、近くにある銀行名を言って、バス停があるのでそこで待っていて下さいと言われたのですが、両側によく似た名前の銀行があり、両側にバス停もあったのですれちがいをしてしまいました(苦笑!)。

そういう事がありながらも、無事出会うことができて、自動車で現地に連れて行ってもらいました。地図で見ると近そうだったのですが、意外に遠く、場所もわかりにくかったので、迎えにきてもらって良かったと思いました。

相手の人は、人の好さそうな人で安心しました。現地は自動車の板金の会社でした。
操作方法など、いろいろ説明を受けて、陸送費の返還や、ガソリンの立て替え払いなどお金の清算をして、パソコンを借りて途中経路の雪情報を調べさせていただきました。
陸送に時間がかかる理由を調べてくれたようで、代行.netの場合は価格を下げるため、東京から金沢の場合、名古屋まで船で運び、そこから陸送するので時間がかかるそうです。

4月にもなって、雪の心配など全く眼中になかったのですが、昨日の天気予報で突然、関東や甲信越で積雪予報が出たのでびっくりしていたのです。関東で購入する自動車にスタッドレスタイヤが付いているはずもなく、場合によっては東名高速で帰ろうとも考えていたのですが、昨日の予報と比べて、雪の心配がある道路が極端に減っていたし、天気予報は午後から天気だったので予定の経路で帰ることにしました。

ETCをシガーソケットから電源をとれるように工作したものを取り付け、帰りの経路をメモリしたカーナビを取り付けました。カーナビは購入した自動車にもついているのですが、慣れない装置で記憶させるより、記憶させたカーナビを使ったほうが良いと思ったのです。
ちなみに持って行ったカーナビも取り付けられたカーナビも最近開通した首都圏中央連絡自動車道は登録されていなかったので、関連の経路は息子にストリートビューで予習してもらいました。息子は、こういうのが好きなんです。

現地を11:00に出発しました。予定では9:00には出発のつもりだったので随分遅くなりました。中央高速自動車道へ入る前も道路が混んでいて予想外の時間がかかったし、慣れない自動車で軽自動車だったので中央高速自動車道でも控えめな運転をしました。道路の路肩に新鮮な雪が残っていたり、周辺の集落に雪が残っているところがありましたが、道路には雪が残っていなくて安心しました。

時間が遅れたので、松本の千石(センゴク)で山賊焼きを食べる計画と、ひらゆの森で温泉に入る計画を早々に断念しました。

そういう訳で、談合坂サービスエリアで食事をとることにしました。談合坂サービスエリアには13:00に着きました。
談合坂サービスエリアはグルメスポットとしても評判が良いという情報を得ていたのですが、少なくても食堂に関しては全くの嘘です。食べたいなと思うようなお店は全くなく、「甲州グルメ B-1チャンピオン」の「田舎の豚まん」400円を食べました。

dangouzaka

リトルマーメイドの「談合坂あんぱん」(粒あんとバタークリーム入り)237円も食べたかったのですが売り切れでした。「田舎の豚まん」は餡がいっぱい入っていて美味しかったですが皮が必要以上に厚くて違和感を感じました。
お土産に東京プディングキャラメリゼバウムと冷凍のいか塩辛を購入しました。眠気覚ましで「強強打破」も購入して飲みました。
「強強打破」は全く効果が無く残念でした。談合坂サービスエリアからは運転を交代して自分で運転しました。

天気が悪かったので、八ヶ岳パーキングエリアは断念しました。

諏訪湖サービスエリアには15:00に着きました。
諏訪湖サービスエリアは、諏訪湖のすぐ横に位置していて、とて景色が良いです。上り線側は、まさしくすぐ横なので景色が良いのは当然なのですが、下り線側も、高台になっているので景色が良いです。

suwako

諏訪湖サービスエリアには上下線ともに温泉の入浴施設(590円)があります。
諏訪湖サービスエリアでは、まるたかの野沢菜漬けかワカサギの甘露煮のどちらかを購入しようと思ったのですが、息子が野沢菜漬けのほうが良いというので野沢菜漬けを購入しました。
諏訪湖サービスエリアの外の売店にワカサギの甘露煮の串(4匹入り100円)が売られていたので購入して食べました。お土産を野沢菜漬けにして良かったです。
諏訪湖サービスエリアからは息子が運転しました。

suwako2

中央高速自動車道を松本で降りて、安房トンネルを目指しました。その頃には雪の事はすっかりと忘れていました。乗鞍高原への入り口からは何度か通った道なので、もう安心って感じでした。

安房トンネルに入る前に、出口は雪の案内が表示されていました。トンネルの中では何度も出口に雪の表示があり、急に不安になりました。
安房トンネルを出ると、そこは別世界でした。道路にこそ雪は残っていませんでしたが、霧がかかった状態で周りは真っ白、道路沿いの樹木には積もったばかりの新雪が残っていました。しかも気温が-1℃です。完全にびびりました。
時速40kmの速度で、ゆっくりと通行しました。途中何度も広くなった路肩に停車して後続の自動車に先に行ってもらいました。奥飛騨温泉郷を過ぎたあたりからやっと積雪が少なくなり安心しました。

途中、神岡の道の駅で休憩しようと思ったのですが、以前あった場所の道の駅は廃止されていて、代わりにスカイドームのところに道の駅が移転していました。道の駅スカイドームでは地元物産の販売ブースが開いていなくて、飲食ブースだけの営業でした。
後から調べると、有料だと思っていたスカイドームの施設は無料で、奥の方に地元物産の販売ブースがあったようです。外から見ると販売ブースの営業感が感じられなかったのですが、お客が入りやすくするよう、ちょっと工夫が必要だと思いました。
自動販売機に「ペプシストロング5.0GV」が売られていたので購入しました。ちょっと瞼が重くなっていたのですが、一挙に目が覚ました。

自宅に帰宅時間が19:30になることを連絡して、金沢に向かいました。そこからはジャクソンブラウンを聴きながら自分で運転しました。自分はジャクソンブラウンを聴いて元気が出たのですが、息子には曲のテンポが緩すぎたようで眠ってしまいました。

途中、道の駅 細入に寄ろうと思っていたのですが、18:00を少し過ぎていて閉店していました。道の駅 細入の営業は18:00までだったのです。道の駅 細入では、ラッキョウが名物らしいので買って帰ろうと思っていたのに残念でした。

富山ICから北陸自動車道を利用して帰宅したのは19:30でした。燃料タンクの容量が30リットルしかないのに、ガソリンはまだ半分ほど残っていました。軽自動車は、なにかと安上がりです。

エンジンの調子も良く、ヘッドライトの自動点灯もあり、カーナビの混雑・事故情報のメッセージもあって文句なしの状態の良い自動車でした。

息子は有意義な旅だったと大喜びでした。

2016.11.28

道の駅 織姫の里なかのと

2016年12月3日

丸干しイカ(もみいか)は堅くて美味しくなかったです。
水ようかんは美味しかったです。福井の水ようかんより小豆の味が強かったのが気に入りました。

2016年11月30日

中能登町でジビエ料理で盛り上がっているみたいなので、ひょっとして「道の駅 織姫の里なかのと」でもやっていないかなと思って行ってみたのですが、やっていなかったので、物販ブースを見てきました。丸干しイカ(もみいか)と水ようかんを買ってきました。
丸干しイカ(もみいか)を買おうと、よく見ると消味期限が11月28日になっていました。もう過ぎてしまっています。品質管理ができていないですねえ。
もちろん、購入は消味期限がきていないのを選びました。

momiika

2014年4月30日

「道の駅 織姫の里なかのと」に行ってきました。地物旬彩 おり姫で食事をしましたが、ちょっと高めのように感じました。
「道の駅 織姫の里なかのと」の物販ブースは結構広くて、能登広域の物産品や野菜や山菜などが売られていました。野菜や山菜の値段は少し高めです。どちらかというと「道の駅 こまつ木場潟」と似た感じです。個人的には、道の駅「ころ柿の里しか」のように地元のものだけを販売し値段が安いほうが存在価値があると思います。
たらの芽とこごみと、カタハを買ってきました。

道の駅 織姫の里なかのと

地物旬彩 おり姫 道の駅織姫の里なかのとの場所はこちら  石川県鹿島郡中能登町井田ぬ部10番地1 

2016.07.04

Danielのカヌレ

娘が、神戸土産にDanielのカヌレを買ってきてくれました。
洋菓子で、焼き菓子でカステラ風なのに餅っとした食感で、味はほのかに甘くて大人の味です。今まで食べた事のない感じで気に入りました。
Danielは芦屋に2軒とJR大阪駅に1軒お店があります。

daniel

2016.05.19

名古屋のB級グルメ

名古屋へ日帰りで行くことになったのですが、名古屋ってあまり楽しい事が連想できないんです。そういう訳で、せめてB級グルメを楽しもうという事で、いろいろ調べてみました。
名古屋といえば、ひつまぶしが有名ですが、最近うなぎが高いので断念しました。手羽先はやっぱり夜の食べ物なので断念しました。
そうなると残りは、山本屋本店の味噌煮込みうどんと、中国台湾料理 味仙の台湾ラーメンということになります。

名古屋駅に11:30に着いて、真っ先に名古屋駅地下街エスカに向かいました。山本屋本店にはすでに待ち列が出来ていましたが、それほど待つ事無く店内に入れました。山本屋本店の店内には大きなテーブルがあって、大勢が効率よく席に着くことができます。席に着くと冷たい水か厚いお茶か、どちらが良いですかと聞かれました。味噌煮込みうどんが熱くて塩っぱいのは知っていたので、冷たい水を頼みました。メニューを見ると味噌煮込うどん1296円、スタミナもつ入り味噌煮込みうどん2376円、天ぷら入り味噌煮込うどん1890円などと結構な値段しています。今日は味噌煮込うどんを注文しました。玉子を入れても良いですかと聞かれたので大丈夫ですと答えました。
最初に漬物が出されました。漬物は白菜・きゅうり・玉ねぎが入っていました。玉ねぎは味が付いていないので、醤油ダシをかけて食べて下さいと言われました。漬物はお替りが出来るという事でした。生玉ねぎは好きではないのですが、食べてみたら、凄く美味しかったです。10分ほどして味噌煮込うどんが出されました。なんか汁を飛ばして服を汚しそうな不安があったので、紙エプロンを頼みました。味噌煮込うどんは面がかなり硬めでコシがめちゃ強いです。ダシは赤味噌が濃くて、ほとんど飲み干せませんでした。味噌煮込うどんは今回で2回目ですが、以前食べた時と同様、決して美味しいとは思いませんでしたが、数年後に名古屋に寄った時には再び食べるのだろうなあ?
途中で、漬物のお替りは良いですかと聞かれたり、水を飲み干してあるのに気づいて追加で入れてくれたりして接客は良かったです。

山本屋本店の味噌煮込うどん

夕食はJR名古屋駅うまいもん通りにある中国台湾料理 味仙に入りました。中国台湾料理 味仙は台湾ラーメンの元祖だということです。台湾ラーメンということですが実際には台湾には台湾ラーメンなるんものは存在しないそうです。入ったのが16:00だったので空いていました。店員は全員中国系の人のようでした。女性の店員は美人揃いでした。メニューを見ると台湾ラーメン810円、ラーロージャンメン972円、味仙台湾麺918円などがありました。
今日は台湾ラーメンを注文しました。5分ほどで台湾ラーメンが出されました。容器が小さくてびっくりしました。ちょっと大きめの御飯茶碗って感じです。麺は細麺で、スープは激辛でした。辛すぎて途中で何度かむせましたが、めちゃ美味しかったです。他のお店で台湾ラーメンを食べた事はあるのですが、中国台湾料理 味仙の台湾ラーメンは格別だと思いました。また食べてみたいです。

中国台湾料理 味仙の台湾ラーメン

名古屋で食べたいものを食べたので、あとはお土産の購入です。
予定では小倉トーストラングドシャ、名古屋ふらんす、味噌おでんどて煮入りを購入するつもりでした。個人的に小豆の餡子とミルクとの組み合わせは大好きなので、小倉トーストラングドシャ、名古屋ふらんすは外せません。名古屋の有名なお土産は、名古屋駅にあるキオスクですべて購入できるので便利です。名古屋駅のキオスクは大きくて、何軒かあるのです。小倉トーストラングドシャ、名古屋ふらんすはすぐに見つけることが出来たのですが、味噌おでんどて煮入りは何処にも売っていませんでした。
替りに、大和屋の守口漬けを購入してきました。、大和屋の守口漬けは元々好きだったのです。

小倉トーストラングドシャは、クッキーの中に餡子味とミルク味を混ぜたクリームが入っているお菓子で、パッケージから想像されるものと全く違っていました。甘さも意外と控えめで拍子抜けしました。リピートは無しです。

languedechat1
languedechat2

名古屋ふらんすは、柔らかいガトーの中に餡子味とミルク味を混ぜたクリームとお餅が入っているお菓子で、こちらも餡子の味もミルクの味もはっきりしなく物足りなさを感じました。
こちらもリピートは無しです。

nagoyafrance1
nagoyafrance2

大和屋の守口漬けは昔からの名古屋お土産の定番ですがやっぱり美味しいです。でも昔はもっと甘めで美味しかったような気がします。

moriguti

今回の名古屋お土産はちょっと消化不良気味でした。味噌おでんどて煮入りが惜しかったです。せめて、みそたま(玉子のどて煮)を買って帰れば良かったです。

2015.08.30

沖縄のお土産 ジーマーミ豆腐

娘が沖縄に旅行に行って、沖縄名物のジーマーミ豆腐(ピーナッツの豆腐)とラフティ(豚肉の角煮)を買ってきてもらいました。
ラフティは前回、娘が沖縄に行った時にリクエストしたもので、ジーマーミ豆腐は今回新たにリクエストしたのです。
ラフティは通常のものと味噌味の2種類買ってきてくれましたが、味噌味のほうが美味しかったです。

okinawa1
okinawa2

ジーマーミ豆腐は暖めて食べるのが良いとの事だったので暖めて食べました。ご飯のおかずにもデザートにも合う感じでした。

okinawa3
okinawa4

2015.08.08

道の駅 狼煙(交流施設狼煙)

2015年8月8日

宝立七夕キリコまつりに行ったついでに、翌朝、禄剛埼灯台を見に行きました。以前は、自動車で禄剛埼灯台に行く場合は、バス運営会社の有料駐車場を利用しないといけないような雰囲気があったのですが、現在はその跡地に道の駅 狼煙(交流施設狼煙)ができて、そこの無料駐車場に駐車できるようになりました。道の駅 狼煙ではフリーWiFiの設備もあります。実際に使ってみたのですが、電波が強くて駐車場でもバンバン繋がりました。

norosi1

最初に、禄剛埼灯台に行ってきました。道の駅 狼煙にから禄剛埼灯台には徒歩で8分くらいですが、急坂を歩いて登らないといけません。この急坂は結構きついです。

norosi6
norosi7

早朝8:00なので、誰もいないと思っていたのですが、なんと禄剛埼灯台の横の広場で1人キャンプしている人がいて火を使って食事をしている最中でした。あんなところでキャンプしても良いのかなあ?
禄剛埼灯台はいつ見ても美しいです。

norosi8

禄剛埼灯台の崖下には「千畳敷」も見えました。海のほうの風景も眺めたのですが、天気は晴天でしたが海しか見えませんでした。海からの日の出と、海への日没の両方見えるということでも有名なようです。

norosi9

道の駅 狼煙は8:30開店ですが、時間前から営業していました。このあたりにサザエ丼が人気の東雲食堂があるはずなんだけど見るかりません。どちらにしても東雲食堂は9:00からの営業という事だったので、まだまだ時間があるのですけど・・・。
無料で駐車させてもらって、おまけにインターネットまでさせてくれた道の駅 狼煙では、何か買わないといけないということで、入ってみました。
事前にしらべて、豆腐が名物だということで、購入することにしました。豆腐には絹ごし豆腐と木綿豆腐とおぼろ豆腐の3種類があり、四角いパック(一般的に売られているものと同じ大きさ)に入れられたものが1個350円でした。一般のものと較べると高いのですが、珠洲特産の「大浜大豆」と珠洲天然にがりを使っているので美味しいのでしょう。おぼろ豆腐を2丁購入しました。

norosi2

豆乳も売られていたので500cc入り350円も購入しました。

norosi3

店内を周っていると、イカの一夜干しが4匹入って400円だったので購入しました。

norosi4

道の駅 狼煙の店員さんに、近くにサザエ丼が人気の東雲食堂ってお店があったと思うのですがと聞くと、東雲食堂は1年ほど前に営業をやめて閉店したということでした。
近くの道路に、案山子がいっぱい立てられていました。

norosi5

道の駅 狼煙の場所はこちら   石川県珠洲市狼煙町テ-11

2015年8月9日

さっそく「おぼろ豆腐」を食べました。最初に、何もつけないで食べました。「おぼろ豆腐」は豆腐の味が濃く普通の豆腐とは明らかに違います。醤油を少しつけて食べましたが、せっかくの豆腐の味の濃さが損なわれるのでやめました。少し塩をつけて食べてみましたが、やっぱり何もつけないで食べるのが一番良さそうです。でも、また買いたいとは思いませんでした。個人的にはスーパーの豆腐で充分です。

豆乳も飲んでみましたが、不味かったです。コップ一杯の豆乳を飲むのが苦痛でした。よく考えたら今まで無調整の豆乳を飲んだことは無かったのでした。調整した豆乳があたりまえと思っていた自分の浅はかさに苦笑しました。
ネットで調べると、温めてコーヒーと混ぜると美味しいということなので試してみたのですが、やっぱり美味しくありません。そのうえ砂糖も加えましたが、やっぱり美味しくありません。
豆乳と牛乳を半分づつ入れて飲むと、抵抗無く飲めるようになりました。それに醤油を適量たらすとまた違った味を楽しめました。

2015年8月22日

イカの一夜干しは柔らかかったですが、塩気が強すぎでした。

2015.05.21

「フォルマ(FORMA)」のチーズケーキ

東京に行ったお土産に東京駅グランスタにある「フォルマ(FORMA)」に行きました。
「フォルマ(FORMA)」は大阪が本店なのですが、東京駅エキナカ GRANSTA店には東京駅限定のチーズケーキ6種類セット(カールスルーエ、クリームチーズノーランド、カマンベールロワイヤル、完熟チーズケーキ、エメンタール、帝塚山フロマージュ)1944円があるので購入しました。
翌日、家族で6種類のチーズケーキを少しずつ食べました。どのチーズケーキも美味しくて、いろんな味のチ-ズケーキを楽しめて幸せでした。東京に行ったら、また購入してきたいと思います。3時間分の保冷剤は無料でつけてくれました。それ以上の時間の保冷剤は有料だったのですが、3時間分だけ付けてもらいました。
フォルマ(FORMA)東京駅エキナカ GRANSTA店は22:00まで営業しています。

forma

フォルマ(FORMA)東京駅エキナカ GRANSTA店の場所はこちら   東京都千代田区丸の内1-9-1 東京駅 グランスタ B1F 

マシュマロエレガンス

東京に行ったお土産に東京駅グランスタにあるマシュマロ専門店「マシュマロエレガンス」に行きました。マシュマロ専門店「マシュマロエレガンス」のマシュマロ-ズ1080円とグミマロ1080円を購入しました

マシュマロ-ズはラズベリー&ヨーグルトとオレンジ&マンゴーの2種類あります。マシュマロ独特な食感とほのかな甘さが特徴です。賞味期限は1ヶ月ほどありました。

masyumaro1
masyumaro3

グミマロはラズベリー味、マスカットソーダ味、ラムネ味、ピーチレモネード味、グミマロ マンゴーの5種類が入っていました。マシュマロをグミでコーティングしてあり、2種類の違った食感を楽しめます。賞味期限は1ヶ月ほどありました。

masyumaro2
masyumaro4

両方ともオシャレなパッケージで珍しい食感のお菓子なのでお土産には受けると思います。個人的にはマシュマロ-ズのほうが気に入りました。
「マシュマロエレガンス」東京駅グランスタ店は22:00まで営業しています。

「マシュマロエレガンス」東京駅グランスタ店の場所はこちら  東京都千代田区丸の内1-9-1 JR東京駅構内B1 グランスタ内

2015.03.29

新湊きっときと市場

「新湊きっときと市場」に行ってきました。「新湊きっときと市場」は海の幸を豊富ということなのですが、着いたのが15:20ということで、新鮮な海の幸はあまりなくて冷凍物が目立ちました。「新湊きっときと市場」には飲食店がいろいろあって、いろんな物を少しずつ食べました。家族で行くとこういう時には便利です。

kittokito4

最初に全国コロッケフェスティバルで優勝したというホワイトコロッケ(4個入り200円)を注文しました。4人なので1人1個です。とろろ昆布がたっぷり入っているそうです。注文を受けてから揚げるので時間がかかりました。その間、市場で売られている物を見学しました。

kittokito5

10分ほど待ってやっと出来上がりました。1個の大きさは小さいのですが、熱々で滑らかな食感でとても美味しかったです。写真を撮るのを忘れました。

kittokito1

次に母親が焼き牡蠣を食べたいというので、「浜焼き 浜風」に入りました。残念ながら焼き牡蠣は季節外れという事で無かったのですが、昆布の上で剥き牡蠣を焼くというカキ昆布瓦焼き(4個入り1000円)というのがあったので、2つ注文しました。メニューをよく見ると、白エビ刺身550円とホタルイカ刺身550円というのもあったので1つずつ注文しました。生の白エビとホタルイカは是非食べたかったので嬉しかったです。
カキ昆布瓦焼きは焼き方を丁寧に教えていただきました。固形燃料のコンロの上で焼きあがるのを待ちます。途中で1回だけ裏返して、固形燃料が終わる頃が食べごろという事です。牡蠣は小粒でしたが、昆布の味が滲みていてとても美味しかったです。残った昆布も美味しかったです。昆布は薄いですが最高の昆布を使っているとの事でした。

kittokito2

白エビ刺身とホタルイカ刺身も美味しかったのですが、ホタルイカは冷凍物だったようで、少しシャキシャキ感がありました。ちょっと残念でした。まだホテルイカは時期的に早いようです。ホタルイカの最盛期には冷凍でないものが食べられるのかもしれません。

kittokito3

ホタルイカの沖漬けをお土産で買いました。

2015年4月1日

新湊での白エビ漁の解禁は今日だったようです。結局白エビ刺身もホタルイカ刺身も冷凍物だったんですね。結局、白エビもホタルイカも牡蠣も時期ハズレだったんですね。

2015.01.21

サン・フラワー・マリヤマ(モンゼン)穴水店

2012年4月18日

穴水町のスーパー「サン・フラワー・マリヤマ(モンゼン)穴水店」はお気に入りのスーパーで冬に穴水に行った時には、穴水産の牡蠣、モズク、ナマコを買って帰ります。穴水産の牡蠣、モズク、ナマコは、とっても美味しくて大ファンなのですが、意外に入手が困難です。穴水町の魚屋さんに行っても売ってないことが多いのです。以前購入できる魚屋さんが1軒だけあったのですが閉店してしまいました。
他のスーパーでは穴水産のものは売ってないのですが、サン・フラワー・マリヤマ(モンゼン)穴水店では入手できるのです。

道の駅赤神で売っている「門前味噌(室惣)」が美味しくて気にいっているのですが、なかなか門前まで行くことが出来なく、どこかで購入できないかと思っていたのですが、門前と関係の深いお店だから、ひょっとしたら売っているかもと探してみたら「サン・フラワー・マリヤマ(モンゼン)穴水店」にありました。さっそく購入してきました。「門前味噌」は1kgが525円です。

2012年5月30日

サン・フラワー・マリヤマ(モンゼン)穴水店に門前味噌を購入するついでに穴水町地元のかぶと味噌(高尾商店)598円と総持寺とうふも買ってみました。総持寺とうふはすぐに食べたのですが、豆腐の味がしっかりした美味しい豆腐でした。サン・フラワー・マリヤマ(モンゼン)はスーパーととうふ・こんにゃく製造が主な業務ということで総持寺とうふは自社製品のようです。

2013年1月16日

サン・フラワー・マリヤマ(モンゼン)穴水店に門前味噌を購入するついでに穴水産の牡蠣、モズク、ナマコを買おうと思ったのですが、穴水産の牡蠣、ナマコは売っていませんでした。時期が早いのかなあ?モズクは少量入りのパックは売られていましたが高そうだったので買いませんでした。西海水産(富来)の丸干いか(5匹入り580円)が売られていたので購入しました。門前の道の駅赤崎で買った丸干いかが美味しかったので期待しています。輪島朝市で買った丸干いかは美味しくなかったなあ・・・

2013年1月23日

西海水産(富来)の丸干いか(5匹入り580円)は身(臓物?)が少なくて美味しく無かったです。
今日も穴水産の牡蠣を買いに行ったのですが、売っていた牡蠣は七尾産でした。なまこも七尾産でした。ひょっとして時期が早いのかなと思って、他の魚屋さんに行ってみたら穴水産の牡蠣が売られていました。さっそく購入しました。1袋450円で2袋買いました。
サン・フラワー・マリヤマ(モンゼン)穴水店の魚屋さんが変わったのかなあ?

2013年1月30日

今日はサン・フラワー・マリヤマ(モンゼン)穴水店に穴水湾の牡蠣が売られていました。地物のナマコとモズクは売られていませんでした。サン・フラワー・マリヤマ(モンゼン)穴水店で穴水湾の牡蠣の販売をやめた訳では無いようで安心しました。

2013年2月13日

今日はサン・フラワー・マリヤマ(モンゼン)穴水店に穴水湾の牡蠣、ナマコ、モズクが売られていました。モズクは少量包装だったので、まだ出荷の本番では無いようです。ちなみに牡蠣は1袋498円で魚屋さんより高かったです。

2014年2月5日

今日はサン・フラワー・マリヤマ(モンゼン)穴水店に門前味噌を買いに行ったのですが売れ切れていて、穴水町地元のかぶと味噌(高尾商店)を1つだけ買いました。かぶと味噌(高尾商店)は以前も購入したことがあり、美味しい味噌なんですが、ちょっと塩辛いんです。
ついでに、穴水湾の牡蠣を購入しようとしたら、なべ用の牡蠣しか売られていませんでした。がっかりです。
仕方ないのでナマコ、モズクを購入しました。
ナマコはさっそく食べましたが、大きくて硬かったです。そういえば去年買ったナマコも同様でした。以前、魚屋さんで買っていた時には、いつも美味しいナマコだったのに・・・・。その魚屋さんはもうありません。
サン・フラワー・マリヤマ(モンゼン)穴水店では、ナマコはもう買いません。

2015年1月21日

今日もサン・フラワー・マリヤマ(モンゼン)穴水店に門前味噌を買いに行きました。
ついでに、「遠藤さん家のカキ貝」を買ってきました。「遠藤さん家のカキ貝」は大相撲の遠藤の実家が養殖している牡蠣です。殺菌処理済と書いてありました。1袋(200g)税抜き498円でした。2袋買いました。
カキフライをして食べましたが、ぷりぷりして美味しかったです。

遠藤さん家のカキ貝
遠藤さん家のカキ貝

サン・フラワー・マリヤマ(モンゼン)穴水店の場所はこちら    石川県鳳珠郡穴水町字川島レ-25-1

2014.11.15

今年も京都の紅葉を見に行きました。

2014年9月13日

今年も京都の紅葉を見に行こうかなと思います。
今回は京都紅葉旅行の最後になるかもしれないので、家族を連れて自家用を利用して京都まで行き、自動車を駐車場に入れて、それから紅葉の見所を周るという作戦です。
まずは京都で一番紅葉が美しい神護寺を家族に見せるというのが目的です。それから醍醐寺ライトアップを見る。この2つを基本に、もう一箇所周るということで予定を立てようと思います。
神護寺は10分間、階段を登らないといけないので体力の消耗を考えないといけないですし、醍醐寺も駅から10分の徒歩が必要なので、他ではなるべく体力の消耗が少ないのスポットを選びたいです。

5:30金沢出発
高速道路で京都東 3時間  3990円
9:00京都東寺近辺で駐車  1000円程度
近鉄または徒歩で京都駅 京都観光一日乗車券1200円購入
地下鉄で京都駅から四条(210円)  5分
市バスで四条から高雄(520円)  1時間
神護寺(500円)・西明寺(500円)
市バスで高雄から福王子(310円)  15分
京福電鉄で宇多野から嵐山(200円) 途中乗換えで15分程度
宝厳院(500円)・宝筐院(400円)
JRで嵯峨嵐山から二条(200円) 15分
地下鉄で二条から醍醐(320円)  25分
醍醐寺ライトアップ 18:00から20:50 醍醐寺ライトアップは事前申し込み(1000円)
地下鉄で醍醐から京都駅(320円)  27分
駐車場
高速道路で金沢西から京都東  3990円

嵐山をやめて東福寺にする場合
市バスで高雄から太秦天神川駅前(310円)  20分
地下鉄で太秦広隆寺から京都駅(210円)  15分
JRで京都駅から東福寺(140円)  5分
東福寺(400円)
JRで東福寺から山科(200円)  20分
地下鉄で山科から醍醐(260円)  10分
醍醐寺ライトアップ 18:00から20:50 醍醐寺ライトアップは事前申し込み(1000円)
地下鉄で醍醐から京都駅(320円)  27分
駐車場
高速道路で金沢西  3990円

一応11月22日を予定しています。

2014年11月8日

京都東寺近辺より、もっと手軽な駐車場の場所を見つけました。地下鉄東西線「椥辻駅(なぎつじえき)」付近には安いコインパーキングがいくつかあります。椥辻駅は金沢からは京都市街地より近いので、早く駐車場に入れるし、渋滞に巻き込まれる可能性も低いです。

5:30金沢出発
高速道路で京都東 3時間  3990円
地下鉄東西線「椥辻駅」付近で駐車
京都観光一日乗車券1200円購入
地下鉄で椥辻駅から四条(290円) 24分
市バスで四条烏丸から高雄(520円)  1時間
神護寺(500円)・西明寺(500円)
高雄茶屋で昼食(神護寺途中)
市バスで高雄から太秦天神川駅前(310円)  20分(渋滞の可能性有り)
 
 
プラン1
地下鉄で太秦天神川から山科(290円) 21分
毘沙門堂(500円)  徒歩20分 山科駅からタクシー利用可
地下鉄で山科から醍醐(260円)  8分
JR山科駅から京阪バス(1番乗り場22,22A系統 1時間に3便 220円)醍醐寺まで直通 20分
 
プラン2
京福電鉄で太秦天神川駅前から嵐山(200円) 12分  
嵐山散策  宝厳院(500円)・宝筐院(400円)  宝厳院は徒歩15分
JRで嵯峨嵐山から二条(200円) 15分
地下鉄で二条から醍醐(520円)  25分
 
プラン3
市バスで高雄から四条烏丸(310円)  1時間(渋滞の可能性有り)
市バスで四条烏丸から祇園もしくは四条河原町(230円)  6分(渋滞の可能性大)
長楽寺(500円)・高台寺(600円) 長楽寺は祇園から徒歩10分
市バスで祇園から東山三条(230円)   5分(便数多いが渋滞の可能性大) 
地下鉄で東山から醍醐(290円) 16分
四条河原町から京阪バス(醍醐快速230円 17:01 三条京阪16:53)もあり  40分

プラン4
地下鉄で太秦天神川から京都駅(210円)  15分
JRで京都駅から東福寺(140円)  5分
東福寺(400円)  徒歩10分
JRで東福寺から山科(200円)  20分
地下鉄で山科から醍醐(260円)  10分

プラン5
地下鉄で太秦天神川から五条(260円)  17分
東本願寺  渉成園(500円)  徒歩7分(京都駅から徒歩10分)
夕食は、はなまる串カツ製作所 京都駅前営業所  16:00より
地下鉄で京都から醍醐(320円)  30分
京都駅八条口(逆側)から京阪バス(山科急行線300円 17:20 17:47 18:00 18:40 19:20) 30分
バス停烏丸七条から京都駅行きは便数が多いが混雑の見込み

醍醐寺ライトアップ 18:00から20:50 醍醐寺ライトアップは事前申し込み(1000円) 駅から10分の徒歩。
醍醐駅から醍醐コミュニティバス4号路線 地下鉄醍醐駅前 17:40 18:00 18:40 19:00 19:40  4分

地下鉄で醍醐から椥辻駅(210円) 4分

オプション
醍醐寺のライトアップを見ないで高台寺のライトアップを見る
地下鉄で太秦天神川から東山(260円)  13分
市バスで東山三条から祇園(230円)  5分(便数多いが渋滞の可能性大)
長楽寺(500円) 長楽寺は祇園から徒歩10分
圓徳院・高台寺のライトアップ(共通券900円) 
市バスで祇園から東山三条(230円)  5分(便数多いが渋滞の可能性大)  
地下鉄で東山から(260円)椥辻駅 12分

見頃情報を調べると、神護寺は見頃で、毘沙門堂と醍醐寺は色づき始めになっています。
11月22日だと神護寺はもう遅いかもしれません。醍醐寺のライトアップは15日からです。

椥辻駅付近の駐車場
山科椥辻駐車場 36台  入庫後24時間迄600円
タイムズパ-ラ-ダイアナ山科店  86台  24時間 最大料金600円
タイムズ椥辻駅前   16台  24時間 最大料金700円
タイムズグルメシティヒカリ屋山科店   327台  24時間 最大料金600円 
山科区総合庁舎来庁者  39台  8時から18時の間最大料金500円 18時以降60分100円

持ち物
ソニーのCyber-shot DSC-HX50V、PENTAX K5カメラ、シグマ18-200mm F3.5-6.3 DC、リモコン、折畳三脚、充電池、デジカメバック、リュックサック、クーラーボックス、携帯電話、財布、歩きやすい靴、登山ズボン、オーバージャケット、ペットボトルホルダー、資料、バスのマップ、栄養ゼリー、カーナビ登録、折畳椅子2個、速乾下着

2014年11月13日

母親は、体調が万全ではないので行けなくなりました。予定を大幅に変更することにしました。

5:30金沢出発
高速道路で京都東 3時間  3990円
地下鉄東西線「椥辻駅」付近で駐車
京都観光一日乗車券1200円購入
地下鉄で椥辻駅から四条(290円) 24分
市バスで四条烏丸から高雄(520円)  1時間
神護寺(500円)・西明寺(500円)
高雄茶屋で昼食(神護寺途中)
市バスで高雄から太秦天神川駅前(310円)  20分(渋滞の可能性有り)
地下鉄で太秦天神川から京都市役所前(260円)  10分
市バスで京都市役所前から四条河原町(230円)  6分(便数多いが渋滞の可能性大)
高島屋 京都店
祇園散策  花見小路通
圓徳院・高台寺のライトアップ(共通券900円) 
市バスで祇園から東山三条(230円)  5分(便数多いが渋滞の可能性大)  
地下鉄で東山から(260円)椥辻駅 12分

高島屋 京都店(美玉屋、出町ふたば、蓬莱、満月)
おたべ祇園遠藤魁春堂
高台寺 洛匠   9:00~18:00

2014年11月16日

今年も京都の紅葉を見に行きました。
前日、睡眠薬を飲んで21:00に寝ました。目覚ましをかけるのを忘れましたが4:00に目が覚めました。
5:15に自宅を出て、椥辻駅近辺の駐車場にカーナビをセットして京都に向かいました。5:15には真っ暗だったのですが6:10には少し明るくなって日の出の時間6:30には完全に明るくなりました。いつものように敦賀を過ぎたあたりから霧が出始めました。
8:20に京都東インターを出ましたが、国道1号線は混雑がひどくて最後の800mで5回以上信号待ちになりました。このまま京都中心街に向かうと大変な事になっていたと思います。
椥辻駅近辺に行くには、渋滞になる直前の山科大塚で左折して県道35号線に入って渋滞を避けるのが賢明です。

渋滞に巻き込まれながらも8:50には椥辻駅近辺に着きました。
京都市街地に入るのにかかる時間を考えると、中心街まで地下鉄で25分ほどかかりますが椥辻駅近辺のコインパーキングを利用するほうが時間の節約にも有効です。
カーナビがかなり大まかな場所で案内をやめて当惑したのですが、目に付いたコインパーキングに入る事にしました。駐車したタイムズグルメシティヒカリ屋山科店は、327台駐車できる巨大なコインパーキングで、この周辺でも最も大きい駐車場です。24時間利用で最大料金600円と激安です。タイムズグルメシティヒカリ屋山科店は、グルメシティヒカリ屋山科店の開店前ということもあってガラガラでした。タイムズグルメシティヒカリ屋山科店ではグルメシティヒカリ屋山科店(スーパー)で買い物すれば2時間駐車無料になっていました。
タイムズグルメシティヒカリ屋山科店は、椥辻駅周辺の駐車場の中では、椥辻駅から比較的離れているほうですが、それでも地下鉄の入口からすぐの場所に位置します。

地下鉄椥辻駅で京都観光一日乗車券1200円を購入しバスマップも貰いました。
9:30に地下鉄四条駅に着き、高雄行きのバス停(四条烏丸)がある京都銀行前に着きました。
バス停の時刻表を見ると、次の出発時間は9:53でした。通常は高雄行きのバスは1時間に1本ですが、紅葉の時期は臨時便が出ていて時間によって土曜日は1時間に2本、日曜日は1時間に3本に増便されます。
バスの出発時間になると、列をついている人が増えてきました。四条烏丸は始発なので、列をついている人は全員座れましたが、空き席は無くなっていて、他のバス停から乗車した人は座れなく立ったまま1時間バスに乗る事になりました。
10:55に高雄に着きました。最初に西明寺に行ったのですが、高雄の紅葉全体が、あまり綺麗ではありません。神護寺の紅葉の見頃は京都の中でも早めで、10日前から紅葉情報で見頃だというのが出ていたので、早すぎるというはずは無いのですが、緑の葉や枯れた葉ばかりが目立ち、本当に綺麗なモミジはあまりありませんでした。

takao

500円支払って西明寺に入りましたが、西明寺の境内のモミジもあまり綺麗ではないのです。

saimyouji

神護寺の麓の清滝川周辺のモミジもみすぼらしいのでがっかりました。前回来た時の高雄の紅葉の美しさに感動し、京都ではNo1の紅葉の名所だと思っていたので当惑しました。

takao2

せっかく来たので、神護寺には行くことにしました。神護寺に行くのは階段を10分ほど登らないといけないですし、昼食時だったので、休憩も兼ねて、階段の途中にある高雄茶屋に入ることにしました。ネットで事前に調べて高雄茶屋が美味しくてコストパフォーマンスも高いと聞いていたので行く予定にしていたのです。
高雄茶屋は想定外に小さいお店でびっくりしました。美味しいと聞いていた「もみじうどん」800円を注文しました。
もみじうどんは、麺自体は好みでは無かったのですが、山菜や柚子、モミジの形のかまぼこが入っており、具の入ったいなり寿司も2個付いていて美味しかったです。

takaotyaya

ちょど良い休憩になって階段を登って行ったのですが、もう一軒高雄茶屋がありました。こちらのほうは、綺麗なモミジがたくさん植えてあって、とても良い雰囲気のお店でした。店名が同じでメニューも一緒だったので系列のお店なんだと思います。おなじ値段で同じものならば、綺麗なモミジに囲まれて食べたほうが良いかなあと少し後悔しました。

神護寺に入ると、青葉もかなり残っているカエデもありましたが、何本も綺麗なモミジがあって美しかったです。息子に、かわらけ投げもさせて、それなりに満足して帰りました。
最初、PENTAX K5カメラ、シグマ18-200mm F3.5-6.3 DCで撮影していたのですが、どうも暗めに映るので、マニアル調整で撮影しました。途中からソニーのCyber-shot DSC-HX50Vで撮影することにしました。Cyber-shot DSC-HX50Vを使ってシャッタースピードを固定して撮影すると、モミジも実際の色と同じ色で写り、今まで苦労して調整していたのが馬鹿のようです。

singoji

ちなみに神護寺周辺の駐車場は混雑していながらも、空きはあちこちであったようです。
紅葉の早い高雄でこの状態だと、他の場所に行っても美しい紅葉は期待できるとは思えないので、紅葉めぐりを諦めて、四条河原町近辺でお土産どを買ったりして、高台寺のライトアップの時間まで時間をつぶそうと思ったのですが、一応息子に希望を聞くと、清水寺に行きたいというのです。修学旅行で京都に行っているはずなので清水寺に行っていると思っていたのですが、グループでプランを立てて希望の施設に行くシステムになっていたので清水寺に行ったことが無いというのです。清水寺は地下鉄で行くには都合の悪い場所に位置します。

高雄のバス停に行くと、凄い列になっていて、とても全員が乗れるような感じではなかったです。ほとんど待つ事無く四条烏丸行きのバスが着きました。突然小雨が降りだしました。京都の天気予報は降水確率0%で椥辻駅周辺に着いた時も快晴だったので自動車に傘を置いてきたのです。雨の中を30分待つ事はできないので当惑しましたが、なんとか待っている人全員が乗車することができました。本当にぎゅうぎゅう詰め状態で、もう1人も乗れないような感じでした。
それでも、途中のバス停から乗ろうといた地元の人を乗車拒否する事無く、乗車させていました。なんとかなるものですね。びっくりしました。紅葉時期に地元の人がバスに乗れないと言う事はあってはなりません。

太秦天神川駅前で下車して地下鉄に乗り換えました。東山で下車してバスに乗り換えました。バス停の場所を探すのに苦労しましたが、それほど待つ事無くバスに乗れました。東山三条から祇園・清水寺に行くバスは便数が多いのです。14:20でしたが、バスも混んでいなかったし道路も混んでいませんでした。紅葉の時期には、まだ早すぎて混雑してないのかもしれません。

清水道で下車して、清水寺を目指しました。清水道で下車したお客は、それほど多くなかったです。
清水道を通って清水寺を目指すと、参道は人であふれていました。それこそ歩くのも不自由なほどの混雑です。いつも感じるのですが、皆さん清水寺に行く時は、どこから行くのだろう。
参道には、おたべの店や、土井志ば漬のお店もあったので帰りに買っていくことにしました。
清水寺は参拝料が300円と他の施設と較べると安いです。当然の事ですが、清水寺は境内も大勢の人で溢れていて凄い混み具合です。建物の修復工事があちこちでされてたりしていたし、紅葉はまだまだでしたが楽しめました。縁結びの神社のブースには若い女性でいっぱいでした。

kiyomizudera

他に寄る予定は無かったので、帰りは2年坂・産寧坂を通って徒歩で高台寺に行くことにしました。2年坂も大勢の人が歩いていました。土井志ば漬で試食をしながら漬物を選んだのですが、大好きな柚子大根は渋くて美味しくはなかったし千枚漬けも渋くて美味しくはなかったです。山芋の柚仕立てと別樽仕込み千枚漬け(5枚入り1000円と高級です)が美味しかったので購入しました

清水寺には祇園方面から産寧坂・2年坂経由で行く人が多いということに気づきました。産寧坂に入ると、阿闍梨餅の満月のお店があったので阿闍梨餅も購入できました。
おたべ、漬物、阿闍梨餅を買えたのでお土産は万全です。
清水寺から高台寺は想像以上に近く産寧坂・2年坂も楽しく散策できる町並みで徒歩が苦になりません。
まだ明るかったので、時間つぶしをしなければならないのですが、できれば、歩くのを避けたいです。 
 
当初、圓徳院・高台寺の共通券を購入して、高山寺に待たずに入場する作戦だったのですが、紅葉が期待できないので圓徳院に行くのはやめて高台寺の拝観チケットを先に購入しておくことにしました。
拝観受付で先にチケットを購入しておく事は可能ですかと聞くと、チケット売り場で前売りのチケットを下さいと言ってくださいというので、その通りにすると一般入場券(通常と同額の600円)を渡してくれました。これで並ばずに拝観できます。
ライトアップは日没後ということでしたが何時からですかと聞くと17:00からライトアップは始まりますということでした。
後から考えると京都観光一日乗車券のマップには高台寺の100円割引特典がついていたので本来なら500円で購入できたのでした。
一般入場券では高台寺掌美術館の入場券も付いていたので見学してきました。

時間つぶしに歩かないでも済む方法を考えて、近くの甘味処「高台寺 洛匠」に寄ることにしました。「高台寺 洛匠」は草わらび餅が美味しいと知られているのです。「高台寺 洛匠」には、待っている人が行列を着いていました。他に行く所もないので待つ事にしました。後で気づいたのですが「高台寺 洛匠」で待っているのは、行列を着いている人だけではなくて池のある庭にも10人程度待っていました。しばらくして、庭のほうに案内されました。庭には長椅子が置いてあるので座って待てます。池には巨大で美しい錦鯉が何匹も飼われていて見事です。

rakusyou

その内にテーブル席でも良いかと聞かれて案内されました。さっそく草わらび餅720円を頼みました。草わらび餅と一緒に熱いお茶も出されました。もう気温も下がっていて、外で待たされましたので、熱いお茶は嬉しかったです。草わらび餅は甘さ抑え気味で素朴な味でした。暗くなるまで時間をつぶそうと思っていたのですが、草わらび餅だけでは時間をもたせられません。外で待っている人もいなくなっていたのですが暗くなる前に出ることにしました。

rakusyou3

少し時間が早いですが、高台寺は昼とライトアップで入れ替えが無いので、早めに入ることにしました。17:00頃に入館したのですが、行列をついて待っている人は、ほとんど少なかったです。拝観受付をしてすぐ入った所にベンチがあったので、暗くなるまで待つ事にしました。日の入は16:52のはずですがまだ明るかったのです。20分ほど待って入ることにしました。
高台寺の順路は一方通行で戻る事はできない構造になっているのですが、独特なライトアップが行われる方丈前庭に行くまでには暗くなり、ちょうど見頃になっていました。高台寺のライトアップは毎年内容が変わっているようですが、今年は傘を題材にしたライトアップで斬新な映像とのコラボレーションは行われていませんでした。ちょっとがっかりしました。その分、拝観者も少なくゆっくり拝観することができました。

koudaijil1
koudaijil2

高台寺のライトアップも最初、PENTAX K5カメラ、シグマ18-200mm F3.5-6.3 DCで撮影していたのですが、シャッタースピードを固定して、撮影すると、暗すぎて綺麗ではないので、途中からソニーのCyber-shot DSC-HX50Vでシャッタースピードを固定して撮影することにしました。三脚を使えばPENTAX K5カメラ、シグマ18-200mm F3.5-6.3 DCでシャッタースピードを長くして撮影することで綺麗に撮影できるのですが、京都の寺院では三脚や一脚は使用禁止なので柱などにカメラを固定して撮影するのですが、あまり長いシャッタースピードは使えません。
ソニーのCyber-shot DSC-HX50Vでは綺麗な色で撮影できました。今までCyber-shot DSC-HX50Vでは暗い所ではブレが目立つのですがシャッタースピードを固定すれば結構使えます。

高台寺のライトアップを楽しんで、まだ18:10過ぎと時間も早かったので息子の希望で祇園を散策することにしました。祇園と言ってもメインストリートではなく置屋の面影が残る花見小路に行ったのです。このあたりはある意味京都らしさが最も残る地域ですが人通りは少ないです。

hanamikouji

その後、祇園の王将餃子に入ろうと思ったのですが、息子が気乗りしないようだったので、何を食べたいか聞くと肉を食べたいというので椥辻駅まで行ってから食事をとることにしました。
祇園から三条東山までバスに乗って地下鉄東山から椥辻駅に行きました。地下鉄東山近辺は地下鉄の出入り口やバス停は目立たないので戸惑います。
それにしても紅葉の時期にバスも道路もこれほど空いているのは珍しいです。紅葉のピークは22日から24日と29日30日なのかなあ。
椥辻駅近辺には王将餃子や焼き鳥屋さんや串カツさんなどがありますし、自動車で京都東インターに向かうとドンキーコングや和食レストランも目に付きました。
今回は串カツの「まねき串」に入りました。「まねき串」に入るとカウンター席に空いた席が4つ並んでいました。荷物を下ろそうとしたら空いている席に荷物を置いていただいてもよろしいですと言われました。
メニューを見ると串カツが50円からあり、「まねき串セット」といのもありました。「まねき串セット」は牛ヘレ130円、豚バラ110円、鶏90円、エビ140円、シシャモ50円、ウズラ玉子90円、野菜串50円の7種のセットで620円と少しお得なセットです。
とりあえず飲み物と620円を頼みました。最初に飲み物と付け出しの煮物と生キャベツが出されました。串カツをつけるソースは湯のみのような容器に入れられていて、2度付けもOKです。
2種類の塩と辛子味噌、辛子、ニンニクなどの調味料も用意されています。
「まねき串セット」は揚げたてが少しずつ出されるので、常に熱々の串カツを楽しめます。
「まねき串セット」の野菜串はタマネギでした。どれも美味しかったのですが、個人的には牛ヘレ、豚バラ、ウズラが美味しかったです。追加で赤ウインナー50円、イカ110円、さつまいも110円、チーズちくわ130円、カマンベールチーズ200円、すじ串煮込み(土手焼き)160円などを注文しました。カマンベールチーズにはブルーベリーチーズがかけられていて違和感を感じたのと、すじ串煮込み(土手焼き)が塩っぱかったのは馴染めませんでしたが、さつまいも、チーズちくわは美味しかったです。
お酒は飲めないので、ご飯セット280円を注文しようと思ったのですが、息子がご飯セットはいらないと言って串カツを山のように注文したので想定外のお勘定になっていまいました(苦笑)

駐車場に戻ると、駐車している自動車はほとんどありませんでした。駐車料金は600円で済みました。交通費は京都観光一日乗車券で全てまかなえましたので追加料金は必要ありませんでした。
京都までの往復高速道路料金とガソリン代は13000円程度なので駐車料金を考えても、高速バスの往復料金は8000円程度という事を考えると、2人だと十分元がとれます。紅葉の時期の高速バスの予約はなかなか取れないし天気が悪くても融通がききませんですしね。
複数人数で京都紅葉旅行をするのに椥辻駅周辺のコインパーキングを利用するのは渋滞回避、時間の節約、費用、食事、地下鉄までの距離の近さなど、すべての面でお奨めです。
20:15にコインパーキングを出発して、途中休憩をとりながら金沢に着いたのは23:30でした。

2014.09.15

大阪ちよ子

娘が大阪に遊びに行ったお土産に「大阪ちよ子」を買ってきました。
あみだ池大黒という会社がつくっているお菓子で、見た目おこしかなと思ったのですがクランチチョコレートでした。
通常のチョコとホワイトチョコのと2種類入っているのですが、両方ともサクサクして程好い甘さで美味しいです。
大阪って意外とお土産に苦労するのですが、日持ちもして大勢で食べられるのでお土産に最適だと思います。

oosakatiyoko

2014.08.15

道の駅白鳥

郡上おどりに行って、利用した駐車場で車中泊をしたのですが、5:00に目が覚めたので、自動車内を整理して、道の駅白鳥に行きました。トイレや歯磨きなど済ませて、お土産の購入のため開店を待ちました。
ネットで調べると、国土交通省中部地方整備局道路部計画調整課や岐阜県庁県土整備部道路維持課の情報では7:00が開店でしたが、ウィキペディアでは8:30開店、その他のサイトでは9:00開店になっていたので心配はしていたのですが、7:00を過ぎても開店の雰囲気はありません。
仕方ないので、先に阿弥陀ヶ滝の撮影に行ってきました。阿弥陀ヶ滝へは以前行ったことがあるのですが道の駅白鳥からは徒歩も含めて30分くらいで行けるのです。
道の駅白鳥に戻ったのは8:30を過ぎていましたが、もう開店していました。
道の駅白鳥には、レストラン、物産館、芝生公園、テニスコート、パターゴルフ、白山文化博物館などがあります。
瓶に入った牛乳と明宝ポークソーセージとタキスイーツの踊るプリンと季節限定の苺ジャムがついたプリンを購入しました。
お店の人に開店時間を聞いたら7:30ということでした。インターネットの情報って信用できないとつくづく感じました。

牛乳はすぐに飲みましたが、普通の牛乳でした。
家に帰ってから、タキスイーツの踊るプリンと季節限定の苺ジャムがついたプリンを食べましたが、踊るプリンは美味しかったです。踊るプリンは3層のプリンということでしたが実際には2層のプリンにカラメルソースを含めて3層でした。普通のプリンを2層のプリンとは言いませんよね。でも美味しかったです。
苺ジャムがついたプリンは、プリンと苺ジャムの組み合わせは全く合わなくて美味しくなかったです。ハズレでした。
明宝ポークソーセージは、どうってことがない普通のソーセージでした。

タキスイーツの踊るプリンタキスイーツの苺プリン

道の駅白鳥の場所はこちら  岐阜県郡上市白鳥町長滝402-19

2014.05.22

デリチュース Delicius

娘が大阪に行ったお土産にデリチュースを買ってきてくれました・・・というより注文したのが今日届いたのです。
デリチュースはお店の名前でもあり、チーズケーキの名前でもあります。人気がありすぎて、店頭ではなかな買えなくて、生産数が限られるので、送ってもらうのも順番待ちでやっと届いたのです。
今回は2度目なのですが、パイ生地にレアチーズのような柔らかいベイクドチーズが乗せられていて、杏ジャムがかけられています。食感と味の両方が絶妙で美味しいです。
なかなか買えないけど、大阪でのお土産には最適だと思います。大阪お土産って、なかなか適当なものがないんですよね。
デリチュースは本店は箕面ですが、大阪駅構内とJR大阪三越伊勢丹の地下2階にもお店があります。

dericius1

dericius2

dericius3

2013.11.25

東福寺近辺の窯元もみじまつりで湯呑み茶碗を買いました

光明院から東福寺の前を通って泉涌寺へ行く途中、窯元もみじまつりが開催されていました。この辺りでは50軒の窯元があるそうで、窯元もみじまつりは11月23日から12月1日の土日祝日に開催されていたようです。窯元もみじまつりでは陶器を格安で販売したり食べ物を販売したりする地元の人による露店がいっぱい出ていました。おでんの盛合わせもあったので朝食にすることにしました。朝食抜きでの10:45だったので、お腹は空いていたのですが、空きすぎて食欲がありませんでした。おでんは暖かくて美味しかったです。おでんを食べたら元気がでました。

momijimaturi1

窯元もみじまつりには気に入った湯呑み茶碗があったのですが荷物になるので、泉涌寺の帰りにもう一度寄ることにしました。

momijimaturi2

今熊野観音寺、善能寺、来迎院、泉涌寺を周ってから、窯元もみじまつりの露店に戻りました。泉涌寺に行く時に見て気に入った湯呑み茶碗を改めて見ましたが、どうしても欲しくなりました。裏を見ると2800円のシールが貼られていました。湯呑み茶碗で2800円は高いなあと思って迷っていたのですが、「2500円でダメ?」と聞くと満面の笑みでいいですよと言われたので購入することにしました。

momijimaturi3Amomijimaturi3B
momijimaturi3Cmomijimaturi3D

本当はもっと安くてもOKだったのだと思います。販売していたのは若い男性でしたが、個人ですか?お店ですか?と聞くと個人ですと言っていました。将来、有名な陶芸家になるかもしれないので、作者の写真を撮ってきました。

momijimaturi4

他のお店で可愛い絵柄の湯飲みを見つけたので嫁さん用に購入しました。茶碗は、着替えたフリースやヒートテックで包んでリュックに入れて持ち帰りました。

momijimaturi5

窯元もみじまつりの場所はこちら

2013.06.02

寿司工房大辻のます寿し

称名滝に行ったついでに、ます寿しを購入するため「寿司工房大辻」に行きました。一口にます寿しといっても、富山県では、いろんなお店がそのお店独自の味のます寿しを作っています。ます寿しは「源」が駅弁などで有名ですが、地元では「源」のます寿しは買わないということです。
最近富山に行った時にはいろんなお店で、ます寿しを購入してるんです。今回は贅沢して鱒を約2倍使用している高級な「幻のますの寿し」1800円を購入しました。「ぶりの笹巻き寿し」130円も美味しそうだったので購入しました。
自宅に帰って、さっそく家族で食べました。幻のますの寿し」はますが肉厚で味付けも絶妙でとても美味しかったです。「ぶりの笹巻き寿し」は昆布やニンジンやかぶらが入っていて美味しかったです。個人的には「ぶりの笹巻き寿し」が気に入りました。

楽天でお取り寄せもできます。

ootuji1
ootuji2

2013.04.16

福井県大野市の朝市に行った

2012年4月24日

今日、福井県大野市に行ったついでに、朝市通りを見学してきました。9:50くらいだったのですが5人ほど出店してました。自動車を運転しながら、何を売っているかなと見ていたのですが、こごみ(山菜)が売られていたので自動車から降りて購入しました。1パック150円で2パック購入しました。他のお店も見ると、季節外れの里芋も売っていました。1kg600円だというので、大きめの里芋を下さいというと、大きいのを選んで袋に入れてくれました。
こごみは天ぷらと胡麻和えにして食べました。とても美味しかったです。やっぱり1年に1回ぐらいは食べないとね。

2013年4月16日

今日、福井県大野市に行ったついでに、山菜目当てで朝市通りに行きました。10:00頃でしたが3軒しか営業していませんでした。こごみ(山菜)1パック200円を2パック、原木しいたけ1袋100円を2袋、たらの芽1パック300円を購入しました。
どれも、とても美味しかったです。

2012.12.04

「京都くりや」の栗納豆金の実

「くりや」の栗納豆金の実が美味しいと聞いていて、いつか食べてみたいと思っていました。
くりやは京都府には何軒かお店があるのですが、百貨店や京都駅では購入できないので、「京都くりや」に行くことにしました。今回はレンタサイクルだったのでちょうど良かったです。
栗納豆金の実を購入しました。10個入り2583円なのでかなりの高級品です。ついでに栗どらも購入しました。
栗どらは、すぐに食べました。あまり栗の味はしなくて普通のどら焼きでした。
栗納豆金の実は、最高に美味しかったです。でも1個250円以上は高すぎです。リピートはありえません。

京都くりやの場所はこちら   京都府京都市中京区丸太町通油小路西入大文字町42

2012.12.03

茶洛のわらび餅

以前から茶洛のわらび餅を食べてみたいと思っていましたが、茶洛のわらび餅は髙島屋京都店でも火曜日限定で販売されている以外は茶洛まで買いにいかないと購入できません。茶洛は11:00開店で、すぐに売り切れてしまう事も多いと聞いていたので、11:00に行くことにしました。
日曜日ということもあって、茶洛には開店5分前だというのに20人ほど列が出来ていました。茶洛のわらび餅には抹茶とニッキの組み合わせと抹茶と生姜の組み合わせの2種類ありました。抹茶とニッキの1200円のわらび餅と抹茶と生姜の800円のわらび餅を購入しました。
賞味期限は当日ということでした。
購入した日の深夜に金沢に帰って、抹茶とニッキのわらび餅を食べました。もともと、わらび餅には粉がまぶしてあるのですが、食べる時に袋に入った粉を加えて食べます。
茶洛のわらび餅は、ふわっとした食感で独特なものでした。甘さはそれほど無くて大人の通好みなわらび餅です。個人的にはリピートは無いです。
翌日、抹茶と生姜の800円のわらび餅を食べましたが、特に食感が変わっているわけでもなく問題なく食べる事ができました。


茶洛の場所はこちら 京都市上京区今出川大宮西入る元北小路町147

2012.11.25

三井寺力餅

三井寺仁王門前にある「れすとらん風月」の売店で三井寺力餅を購入しました。緑色のきな粉がたくさんついているお餅ですが、きな粉がかなり甘めでした。ベンチで食べたのですが、粉がぽろぽろ落ちてズボンやカメラにまでかかってしまい大変でした。

2012.07.11

宝達志水町のいちじく直売所

2010年9月8日

能登へ行く途中(宝達志水町)にいちじく直売所があるので,先週買ってきました。めちゃくちゃ甘いというわけでは無かったのですが,上品な甘さで美味しかったし1パック(4個から5個入り)250円と安いので今日も買ってきました。
今日は台風が上陸したということで,早めに収穫したということと,水に濡れたということで1パック200円と150円になっていました。
先週も美味しいのを選んでって言って購入したのですが,今日のは,それほど良いのが無いんだけどと150円のを2パック選んでくれました。正直な人です。水に濡れたので早めに食べてくださいと言われました。
母親に渡したら,今日のは先週のより甘くて美味しいと言っていました。どうも母親は熟れているいちじくが好きなようです。

2010年9月14日

今日は予約の分だけ残っていて売り切れでした。値段も1パック250円と300円に戻ってました。先週のは台風前の出荷で数が多かったので特別に安かったようです。

2011年9月14日
今年も9月に入ってから,宝達志水町のいちじく直売所で毎週買ってきてるのですが,それほど甘くなくてがっかりしていたので,お店の人にその旨話したのですが,宝達志水町のいちじく直売所で売っているいちじくでも生産者によって美味しいのと美味しくないのがあるということのようです。
直売店なのだから,生産者の名前を明記して販売すれば良いと思うのですけど・・・
今日は試食させてくれて,とても甘かったので2ケース購入しました。
ちなみに先週は1パック300円で美味しくなく,今日は1パック250円で美味しかったです。

2012年7月11日
今日、宝達志水町の直売所でプラムを購入しました。Sサイズが1パック250円、Mサイズが1パック300円、Lサイズが1パック350円でした。今回はMサイズを購入しました。完熟状態で収穫したので甘くて美味しいということです。

宝達志水町のいちじく直売所の場所はこちら 

2012.05.11

大阪屋の葡萄紀行と万代太鼓

新潟に行く事になったのですが、新潟では魅力的なお土産が無くそれほど楽しみが無いのです。それでもネットを調べて大阪屋の葡萄紀行が美味しいとの情報があったので購入することにしました。
大阪屋はJR新潟駅のCoCoLo本館とCoCoLo万代に店舗があるのですが、他の目的もあったのでCoCoLo本館に行くことにしました。
大阪屋に行くと葡萄紀行は、それほど売れ筋ではなくて万代太鼓だということだったので、万代太鼓と葡萄紀行の小さめのを購入しました。

葡萄紀行は10個入り1450円でした。葡萄紀行はクッキーの中にレーズンの生クリームが入っています。
葡萄紀行は2週間程度の賞味期間があるのでお土産としては手軽です。実際に食べてみたのですが、あっさりとしたソフトな味です。個人的には六花亭マルセイのバターサンドのほうが好きです。

万代太鼓は1週間の賞味期間で6個袋入りが530円でした。万代太鼓は生クリームをバームクーヘンで包んであるような感じのお菓子です。

大阪屋のお菓子は両方とも美味しかったのですが、再び購入したいというほどではありませんでした。

加島屋のさけ茶漬

新潟に行く事になったのですが、新潟では魅力的なお土産が無くそれほど楽しみが無いのです。それでもネットを調べて加島屋のさけ茶漬と鮭ときのこ御飯の素が美味しいとの情報があったので購入することにしました。
加島屋はJR新潟駅のCoCoLo本館に店舗が有ります。
加島屋でさけ茶漬、鮭ときのこ御飯の素を探したのですが鮭ときのこ御飯の素が見当たりませんでした。お店の人に聞いたら鮭ときのこ御飯の素は売り切れたそうです。
仕方が無いのでさけ茶漬200g便詰め2310円だけを購入しました。輸入物のキングサーモンを使って焼酎、食塩、昆布・鰹節エキスパウダー、醤油で味付けがされているそうです。
ネットで調べると、お茶漬けにするよりも、御飯にかけて食べたり、おにぎりにして食べたほうが美味しいということで、御飯にかけて食べました。とても美味しかったです。これなら再び購入しても良いかなと思いました。

2012.04.18

汐風(しおかぜ)の市場滝みなと

今日は、時間の余裕があったので、羽咋市滝町の海農産物直売所「汐風(しおかぜ)の市場滝みなと」に寄ってきました。国道249号線に「汐風の市場滝みなと」の案内板が出ていたので、近いのかと思っていましたが、かなり距離があって随分遠回りになりました。
「汐風の市場滝みなと」は漁港のすぐ近くに位置して、こじんまりしたお店でした。店内には山菜や海産物、農産物、調味料などの加工品などがおいてありました。
生のわかめ600円とたらの芽300円を購入してきました。値段は、それほど安いって感じはしませんでした。
どちらかというと、志賀町の「道の駅・ころ柿の里 しか」に隣接する「旬菜館」のほうが安くて品揃えがよく魅力的です。

たらの芽は天ぷらにして食べましたが美味しかったです。
生のわかめは、さっと茹でて冷凍しておくと良いと言われたのですが、買った当日に食べたワカメは磯の香りがして美味しかったのですが、冷凍したワカメを後日食べたのですが、なんのへんてつもないワカメになってしまってました。

汐風(しおかぜ)の市場滝みなとの場所はこちら  石川県羽咋市滝町レ99-112 

2012.04.02

道の駅赤神

去年のお盆に道の駅赤神で購入した「イカの丸干し」と「門前味噌」が美味しかったので、また買ってきました。「門前味噌」は1kg500円で値段も手頃です。最近、いろんなところで味噌を買っているのですが、その中でもトップクラスの美味しさです。
道の駅赤神は18:00までの営業です。

道の駅赤神の場所はこちら   石川県輪島市門前町字赤神壱110

2012.02.24

大多屋の鱒の寿し

富山に行く用事ができて、せっかくだから鱒の寿しを買ってこようということで、評判の良い鱒の寿しを調べたら大多屋の鱒の寿しが美味しいということで、カーナビに登録しておいて購入してきました。
丸くて笹に包んで桶に入れられています。大多屋の鱒の寿しは、減農薬栽培米の富山県産こしひかりを100%使用、厳選された鱒を使い、化学調味料、合成保存料、着色料などは一切使われていないそうです。一重1250円、2重2430円、笹巻半月630円、包み鱒の寿し1790円などの種類があります。包み鱒の寿しは上下側面と全部鱒で包まれています。
今日は一重を購入しました。お店の人は感じの良い人でした。

家に帰って5人で分けて食べました。美味しかったのですが、今まで食べたことのある鱒の寿しと、それほど違いがわかりませんでした。

2012.02.21

フリードリッヒ・バルテルスのバームクーヘン

娘の東京土産としてフリードリッヒ・バルテルスのバームクーヘンを買ってきてくれました。
本場ドイツの味ということです。フリードリッヒ・バルテルスのバームクーヘンは少し固めでしたが、周りのコーティングは絶妙な味です。
今まで食べたことのあるバームクーヘンとは一味違います。
新宿の伊勢丹で購入できるようです。日本では他にJR大阪伊勢丹でも購入できるようです。
 

2012.02.18

タント・マリーTante Marieのカマンベールチーズケーキ

娘が東京に行ったお土産にタント・マリーTante Marieのカマンベールチーズケーキを買ってきてくれました。12cmで2500円なのでちょっと高いです。
チーズの味が濃厚で少し固めです。チーズとチーズケーキの中間といってもよいくらいチーズの味が濃いです。
タント・マリーTante Marieのカマンベールチーズケーキは、とても美味しいチーズケーキでした。 

 
東京丸の内オアゾ店や上野駅改札内にもお店があるので購入しやすいです。東京に行った時の定番お土産にしようかなと思います。

2011.05.22

やよいのちりめん山椒

評判の良い京都名物のお土産について試してみようということで,やよいのちりめん山椒を買ってきました。
やよいのちりめん山椒は,宮崎や徳島の特選ちりめんと兵庫県丹波地方の実山椒をしょう油で炊き上げたものだそうです。
やよいは本店は祇園の八坂神社の近くにあるのですが,八坂神社の南楼門を南へ50mと,ちょっと奥まった所にあります。
やよいはJR京都伊勢丹,高島屋京都店にも出店しているので,今回はJR京都伊勢丹で購入しました。
やよいのちりめん山椒は100g1050円でした。日持ちがして小さくてかさばらないので手軽なお土産です。

やよいのちりめん山椒を御飯にかけて食べました。上品な薄味で京都っぽい味だと言えばそうなのですが,特にどうという事の無いちりめん山椒でした。

やよいの場所はこちら  京都市東山区祇園下河原清井町481

満月の阿闍梨餅(あじゃりもち)

評判の良い京都名物のお土産について試してみようということで,満月の阿闍梨餅(あじゃりもち)を買ってきました。
満月の阿闍梨餅(あじゃりもち)は高島屋京都店,JR京都伊勢丹でも購入できるので今回はJR京都伊勢丹で購入しました。JR京都伊勢丹ではお土産用の箱入りの他に,バラ売りもあってバラで10個購入しました。バラの袋入りのほうが箱代がかからないのでお徳です。満月の阿闍梨餅のバラは1個105円です。購入したのはお昼でしたが夕方にはバラ売りは売り切れていて箱入りしかありませんでした。
満月の阿闍梨餅は賞味期限は5日間の期限があるようです。

満月の阿闍梨餅を食べてみました。満月の阿闍梨餅は中に丹波大納言小豆の粒餡が入っていて,一見,普通の饅頭のようですが衣が餅米をベースにしたいろいろな素材を練り合わせた生地でモチモチっとして独特な食感です。美味しかったです。お土産としてお奨めです。

満月本店の場所はこちら     京都市左京区鞠小路通今出川上る    

緑寿庵清水(りょくじゅあんしみず)の金平糖

評判の良い京都名物のお土産について試してみようということで,緑寿庵清水の金平糖を購入してきました。緑寿庵清水は日本でただ一軒の金平糖の専門店です。味のついた金平糖というのは極めて珍しいようです。
緑寿庵清水は京都大学の近くにありますが,ついでに行くには都合の悪い所にあるのですが,高島屋京都店,JR京都伊勢丹,清水老舗小路でも購入できます。
今回はJR京都伊勢丹で購入しました。緑寿庵清水の金平糖は全部で約50種類あるようですが,JR京都伊勢丹では10種類くらいの金平糖が売られていました。どれにしようかと目移りしましたが,パインとメロンとサイダーの金平糖を購入しました。いずれも1袋525円です。

緑寿庵清水の金平糖の賞味期限は10ヶ月くらいあるので長持ちします。
緑寿庵清水の金平糖を食べてみました。カリカリっと気持ちよい食感で確かにパインとメロンとサイダーの味がしました。噛まないと,3分ほど味を楽しめますが,途中で味が無くなります。味がしなくなると色も無くなっていました。

緑寿庵清水の場所はこちら     京都市左京区吉田泉殿町38番地の2

出町ふたばの豆餅

評判の良い京都名物のお土産について試してみようということで,出町ふたばの豆餅を買ってきました。
出町ふたばの豆餅は滋賀県産の最高峰のもち米を使って丁寧に作られた御餅と薄い塩味の赤えんどうと控えめな量のこし餡の調和が絶妙と言われています。
出町ふたばの豆餅は高島屋京都店(10:00と14:00入荷)やJR京都伊勢丹(月・水・金・日の12:00入荷)でも購入できますが確実に購入したいということで,北大路バスターミナルからバスに乗って葵橋西詰で下りて出町ふたばの本店に行きました。
平日の15:30くらいだったのですが12人の行列ができていました。でも店員がたくさんいるので,それほど待たなくて購入できました。その場で食べる分とお土産の分を購入しました。出町ふたばの豆餅は1個160円でした。

出町ふたばの豆餅も当日中にお食べくださいということでした。その場で1個食べたのですが,御餅も柔らかく中の餡子も豆も絶妙に美味しかったです。出町ふたばの豆餅以上の豆餅は存在しないと言っても良いかもしれません。でも,しょせんは豆餅で豆餅以上の美味しさは期待してはいけません。

翌日のお昼に出町ふたばの豆餅を食べましたが,やっぱり御餅がすこし固くなっていて,買ってすぐに食べた豆餅と較べて,かなり味が落ちていました。出町ふたばの豆餅もやっぱり購入してから早めに食べることをお奨めします。出町ふたばの豆餅について家族は餡子が入っているのが気に入らなかったようです。豆餅は豆とお餅の美味しさだけで楽しみたいということでした。
ちなみに出町ふたばでは餡子が入っていない豆餅も販売されています。

出町ふたばの場所はこちら   京都府京都市上京区出町通今出川上ル青龍町236

洛匠の草わらび餅

評判の良い京都名物のお土産について試してみようということで,洛匠の草わらび餅を買ってきました。
洛匠の本店は高台寺の近くにあるのですがJR京都伊勢丹でも販売しているのでJR京都伊勢丹で購入しました。洛匠の草わらび餅は240gの箱入りが525円です。
JR京都伊勢丹で探したのですが,どのブースで売っているかが判りにくく,案内所で2回も聞いてやっと見つけることができました。洛匠のわらび餅は,京都名店という小さいブースにいろんな物が並べれれているので,お店を捜しても見つからないのです。洛匠の草わらび餅は要冷蔵で翌日までに食べてくださいということでした。
夕方に行ってもお土産が買えるかの確認のため,再び伊勢丹地下に行って来ました。洛匠のわらび餅はもう売り切れでした。先に買っておいて良かったです。
翌日夕食後に洛匠の草わらび餅を食べました。洛匠の草わらび餅は柔らかくて,程よい甘さで,口の中に入れると餅が溶けて口の中でまとわりつくような感じでした。美味しかったです。洛匠の草わらび餅は翌日でも食べられるし京都土産に重宝します。京都土産の定番になりそうです。

洛匠の本店の場所はこちら  京都市東山区高台寺北門通下河原東入鷲尾町516

美玉屋の黒みつだんご

評判の良い京都名物のお土産について試してみようということで,美玉屋の黒みつだんごを買ってきました。
美玉屋の本店はついでに行くには都合の悪い所にあるのですが,JR京都伊勢丹と京都高島屋でも曜日限定で販売しているのです。JR京都伊勢丹では木曜と土曜11時から販売,京都高島屋では木~月(火・水以外)に販売ということです。そういうことでJR京都伊勢丹で探したのですが,どのブースで売っているかが判りにくく,案内所で2回も聞いてやっと見つけることができました。美玉屋の黒みつだんごは京都名店という小さいブースにいろんな物が並べれれているので,お店を捜しても見つからないのです。美玉屋の黒みつだんごは当日中に食べてくださいということでした。美玉屋の黒みつだんごは10本入りのパックが1050円でした。

23:00に帰宅したら,子供たちが起きていたので黒みつだんごを食べました。

美玉屋の黒みつだんごは串にさした3個の御餅に黒蜜をつけて,その上から黄な粉をまぶしてあるお菓子です。黒蜜は沖縄県八重島の黒砂糖から作られていて吉野の葛粉も混ざっているそうです。団子は米粉、餅粉、くず粉など数種の粉をブレンドしたもので,国産の大豆で作ったきな粉を使用と素材にこだわっているようです。
美玉屋の黒みつだんごを食べたのは当日ですが,購入して12時間たっていたので,ほんのちょっぴり餅が固くなっていました。それでも,団子の部分は充分柔らかく,黒蜜の部分がぷりぷりとゼリーのようなとろりとした食感で,きな粉もたっぷりで,ほとよい甘さを感じ美味しかったです。

ちなみにもう寝てしまった家族は翌朝食べたのですが,御餅が固くなっていたようで,それほど評判が良くなかったです。美玉屋の黒みつだんごは買ってから早めに食べることをお奨めします。今度は購入してすぐに食べてみようと思います。

美玉屋の場所はこちら  京都府京都市左京区下鴨高木町西入ル下鴨東本町18-1

村上重(むらかみじゅう)本店の漬物

評判の良い京都名物のお土産について試してみようということで,村上重(むらかみじゅう)本店の漬物を購入してきました。村上重は創業1832年の老舗です。
村上重の漬物は四条河原町の高島屋京都店でも購入できますが,村上重本店も高島屋京都店すぐ近くにありますので村上重本店へ行ってきました。

この季節は漬物にとっては,特に季節特有の漬物が無い時期です。有名な「すぐき」や「千枚漬」は冬季限定です。でも,いろんな種類の漬物がありました。今回は柚子味噌大根と,こぶ大根を購入しました。柚子味噌大根はパック詰めのものをレジに出したのですが,樽出しのものがあって,出来立てで量も多いというのでそっちのほうを購入しました。パック詰めは1袋420円でしたが樽出しのものは600円でした。村上重では包装に保冷剤を入れてくれました。

村上重の柚子味噌大根は素朴な手作りの味って感じの漬物です。村上重の柚子味噌大根は柚子の味も甘さも控えめです。

村上重のこぶ大根は昆布のねっとり感があり,素材の味を生かした控えめの味でした。

村上重の漬物は,どれも自然な味の漬物ですが,こればっかりは好みがあります。人工的な甘みを強調した漬物が好きな人には向かないかもしれません。

村上重本店の場所はこちら  京都市下京区西木屋町四条下る船頭町190番地

おうすの里の梅干

評判の良い京都名物のお土産について試してみようということで,おうすの里で梅干を購入してきました。
先日京都旅行をしてきた娘がおうすの里の梅干を買ってきてくれたのです。娘が買ってきたのは献上梅という種類の梅干だったのですが,美味しかったので他の種類の梅干も食べたいということで行ってきたのです。

おうすの里は祇園の四条通りにあるので場所が判りやすいです。

おうすの里には,いろんな味付けの梅干があって,こんな味の梅干があるのかと驚かされます。おうすの里の店内では,梅干や梅ジュースなどを試食させてくれます。おうすの里の梅干は日持ちもしますし1176円から1365円でポリ製の壺に10個ほど入ったものが手軽に購入できて良いです。手軽に買えるといっても1個100円以上の梅干ということで,かなりの高級品です。おうすの里の梅干は祇園本店以外にも二年坂(高台寺と清水寺の間)や嵐山にも店舗がありますが,京都のデパートでは購入できません。
今回は蜜な梅という梅干(1260円)と梅茶(735円)を購入しました。蜜な梅は,良質の梅に天然蜂蜜をたっぷりと漬け込んだ梅干で梅の酸味と蜂蜜の甘さがひとつになった風味豊かな梅干ということです。

おうすの里の場所はこちら  京都市東山区四条通祇園町北側262番地

2010.11.28

原了郭(はらりょうかく)の黒七味と香煎

2010年11月28日
京都の紅葉を見に行ったついでに原了郭へ行って竹筒入りの黒七味(7g840円)と袋入りの香煎を購入してきました。香煎はスタンダートな御香煎(14g347円)と青紫蘇香煎(17g347円)と志そ香煎(17g347円)を2袋ずつ購入しました香煎は随分前に1度買った事があるのですが気にいっていたのです。
原了郭は18:00に閉店しますし,何度か前を通ったのですがビルの少し奥まったところにあるのでお店が見つからなかったのです。昔はもっと見つけやすかったのです。ネットで調べたら京都駅の伊勢丹(20:00まで)や四条河原町の髙島屋(20:00まで)でも入手できるようです。

原了郭の場所はこちら   京都市東山区祇園町北側267

2010年12月2日
志そ香煎を飲んでみました。量が少なかったせいかもしれませんが,ちょっと味が薄かったです。次回はもうちょっと濃くしてみようと思います。
黒七味を煮物につけてみました。山椒の香りがして良い感じです。

2010.10.11

井波屋のぷりん大福 城端

城端を出る前に井波屋で,クッキーシュー150円とお土産用にぷりん大福200円を買いました。ぷりん大福は3つしかなかったので,ごまぷりん大福と生チョコぷりん大福を加えて購入しました。
クッキーシューは,すぐに食べました。クッキーシューはクッキーのようなサクサクした衣のシュークリームでクリームが甘くて美味しかったです。
ぷりん大福は,コシのあるお餅の中にプリンが丸ごと入っているのですが,あまりインパクトが無く物足りない感じがしました。3種のるりん大福の中では生チョコぷりん大福が一番良かったです。ちなみに中に入っているプリンは3種とも違うプリンでした。

井波屋のクッキーシュー井波屋のプリン大福

井波屋の場所はこちら   富山県南砺市城端573

2010.05.25

菓匠三全 萩の月

仙台に仕事で行くことになり,お土産を何にしようか随分悩んだのですが,ネットで「菓匠三全」の「萩の月」がお土産の定番ということだそうです。
「菓匠三全」の「萩の月」は仙台駅の中では,どこでも買えるというくらいどのお店でも販売しました。
「菓匠三全」の「萩の月」は,東京バナナの中のクリームがカスタード味になっているだけって感じで,ちっともありがたみがありませんでした。
日持ちがするのでお土産に向いているのだと思うけど,美味しさという意味では「お茶の井ヶ田・喜久水庵」の「喜久福」や「菓匠 榮太郎」の「生どら」と較べると見劣りします。

菓匠三全の萩の月

2010.05.24

菓匠 榮太楼の生どら

仙台に仕事で行くことになり,お土産を何にしようか随分悩んだのですが,ネットで「菓匠 榮太楼」の「生どら」が美味しいという情報を見つけて買ってこようと決めていました。菓匠 榮太楼といえば東京の榮太楼總本鋪が有名ですが,こちらの「菓匠 榮太楼」は塩釜が本店で,仙台駅でも S-PAL B1Fで20:30まで購入できます。

お土産を先に買って,ロッカーに入れておこうと思ったのですが,一緒に買おうと思っていた「お茶の井ヶ田喜久木庵」の「喜久福」が,要冷蔵で5時間以内に冷蔵庫に入れないといけないと言われたので,お土産は夜に買いに行くことにしました。「菓匠 榮太郎」の「生どら」も今日中に食べてくださいと言われたので,どちらにしても買うのは夜にしないといけなかったのでした。
「菓匠 榮太郎」ではバスの中で食べようとお土産用「生どら」の他に,ラムレーズン入りの「生どら」も買いました。ラムレーズン入りの「生どら」は,とても美味しかったです。

「菓匠 榮太郎」の「生どら」は生クリームと餡子が混ざったクリームが入ったドラ焼です。生クリームと餡子が入ったドラ焼は今ではシャトレーゼなどでも購入できるので珍しくは無いですが,「菓匠 榮太郎」の「生どら」はめちゃめちゃ美味しかったです。また食べたいです。

,菓匠 榮太郎の生どら

お茶の井ヶ田・喜久水庵

仙台に仕事で行くことになり,お土産を何にしようか随分悩んだのですが,ネットで「お茶の井ヶ田・喜久水庵」の「喜久福」が美味しいという情報を見つけて買ってこようと決めていました。

お土産を先に買って,ロッカーに一緒に入れておこうと思ったのですが,買おうと思っていたお茶の井ヶ田喜久木庵の喜久福が,要冷蔵で5時間以内に冷蔵庫に入れないといけないと言われたので,夜に買いに行くことにしました。ちなみに仙台駅の茶の井ヶ田喜久木庵は21:00まで営業しているということでした。
保冷パック105円も購入してバスの収納ボックスに入れて帰りました。
ちなみに仙台駅には仙台駅構内2階改札口前と仙台駅構内3階(新幹線のりば中央改札口右側)とエスパル地下1階で購入できます。

「お茶の井ヶ田・喜久水庵」の「喜久福」は大福餅の中に生クリームと抹茶のクリームが入っているお菓子で,モチクリームやシャトレーゼの生クリーム大福など同じようなお菓子はどこにでもあるのですが,「お茶の井ヶ田・喜久水庵」の「喜久福」は際立って美味しかったです。
購入してから10時間後に冷蔵庫に入れましたが,特に問題無かったです。

お茶の井ヶ田・喜久水庵の喜久福

2010.03.01

飛騨清見和牛ビーフカレー

平湯大滝氷結ライトアップへ行った時に「飛騨清見和牛ビーフカレー」をお土産に買ってきました。
「飛騨清見和牛ビーフカレー」はTBSの「ランキンの楽園」の全国激うまレトルトカレーランキングでギャル曽根が第3位に選んだカレーです。定価525円のはずですが道の駅「細入」では630円で販売されていました(多分そうだったと思う)。
トマト味ですが,それほど強い酸味はなく,牛肉も柔らかくて食べやすいです。全体的に美味しかったのですが,再び買ってこようというほどの魅力は感じませんでした。
飛騨清見和牛ビーフカレー飛騨清見和牛ビーフカレー

2009.12.01

古川日登堂の彦根大名焼

彦根城へ行って,お土産を買ってこようと思って調べたら,彦根には大変美味しいどら焼があるということで古川日登堂へ行ってきました。
夢京橋キャスルロードに寄ってから行ったのですが,ちょっと場所がわかりにくかったです。
古川日登堂は思っていたより小さいお店で,誰もお客がいなくて,どの雑誌にも紹介されているお店なのに拍子抜けしました。
店頭に誰もいなかったので大きな声で,こんにちはと声をかけるとお店の人が出てきました。
地味めな和菓子が並んでましたが,評判の彦根大名焼を10個買いました。リュックサックに箱入りでは収納出来なかったので,袋入りで購入しました。彦根大名焼は1個130円でした。
彦根大名焼の賞味期限が12月3日と6日間の余裕があったので,ゆっくりと食べました。まわりのカステラもふっくらとして,餡の中に栗が入ってます。小豆の味も美味しかったです。最高に満足しました。美味しいと言ってもしょせんはどら焼なので期待しすぎてがっかりされても困るのですが,世界一美味しいどら焼だと言われても納得します。彦根に行く事があれあば,また買いに行きたいと思います。
古川日登堂の彦根大名焼

古川日登堂の場所はこちら   滋賀県彦根市中央町6-22

2009.11.29

三中井のオリンピア

彦根城に行って何をお土産に買って帰ろうか,事前に随分調べたのですが,地元の人のための地元のガイドブック「滋賀本」を入手して三中井のオリンピアを購入しました。三中井は彦根城近くの京橋キャスルロードにあります。京橋キャスルロードというのは町家風のショップが並んだ通りで歴史は感じさせませんが素敵な商店街です。
三中井の看板洋菓子がオリンピアで果物がたっぷり入ったロールケーキです。自転車に乗ってで小さいリュックサックを担いでの移動でしたが,なんとかリュックサックの底に収納しました。1本1575円でした。最初から6個にカッティングしてありました。
家に買えって食べましたが,ケーキスポンジは少し硬めでバームクーヘンのような食感でした。生クリームは甘さが無くあっさりした味です。果物は新鮮さが感じられました。全体的な感じとしては,珍しい食感を経験できましたが,1度食べれば,もう良いかなという感じでした。
minakai

三中井の場所はこちら  滋賀県彦根市本町1-6-28