金沢観光情報 【 きまっし金沢 】

富来八朔祭礼(志賀町)の見どころ


富来八朔祭礼は志賀町富来で毎年8月第4土曜日と翌日の日曜日に開催されています。
富来八朔祭礼の1日目はキリコが主役で2日目は途中からキリコも加わりますが神輿が祭りの主役になります。
今回は富来八朔祭礼の2日目に行ってきました。インターネットとか見ると八朔祭りと読んでいるのですが,地元の看板や書類には八朔祭礼と書かれていたので正しくは八朔祭礼なのだと思います。
富来八朔祭礼が行われる両日富来の街中は車両通行止めになりますので注意が必要です。
12:30に住吉神社に行きましたが,神輿も人もまだそれほど集まっていませんでした。住吉神社の付近を散歩していたら,神輿を積んだトラックが神輿を下ろしている現場に遭遇しました。神輿をトラックで運ぶという発想が無かったのでびっくりしました。国取り物語の曳山も見ることができました。この曳山はキリコや神輿のように決まった経路を巡回するのではなく,子供たちが大勢で長いロープを引っ張って,そのあたりを移動するだけのようです。途中,キリコや神輿と合流する場面もあります。
能登の祭り 能登の観光情報 能登の宿

富来八朔祭礼の地図
富来八朔祭礼の地図のPDFファイル   
2日目住吉神社に神輿が集結
富来八朔祭礼の2日目は富来の各神社から神輿が住吉神社に集結します。12:30に住吉神社に行きましたが,神輿も人もまだそれほど集まっていませんでした。
神輿は太鼓とセットになって巡回します。太鼓は奇妙な踊りをしながら打ち鳴らします。
13:15頃から神輿が集まりだし,13:45から神事が行われました。14:12に全ての神輿が集まり,14:15に子供たちによる太鼓の演奏が始まりました。太鼓を演奏する子供は女の子のほうが多かったです。
14:30に太鼓の演奏が終わり,住吉神社内を神輿の太鼓が1台ずつ乱舞して順々に住吉神社を出て行きます。住吉神社内では2台の神輿が同時に乱舞するという光景も見られたようです。

富来八朔祭礼の住吉神社での画像 富来八朔祭礼の住吉神社での画像 富来八朔祭礼の住吉神社での画像
富来八朔祭礼の住吉神社での画像 富来八朔祭礼の住吉神社での画像 富来八朔祭礼の住吉神社での画像
2日目神輿が富来の町を巡回
神輿と太鼓は住友神社を出て増穂浦の海浜の方に向います。15:00から増穂浦海岸に神輿や太鼓が集まり始め長い休憩にはいります。神輿は全部で11台ありました。過疎化の影響も有り神輿の数も段々減ってきているそうです。
15:35分に浜を出て,富来の市街地の巡回が始まります。神輿や太鼓と一緒に周り写真を撮っていたら,祭りの人からお酒を勧められましたが,自動車で帰らないといけない旨話して丁重にお断りしました。神輿や太鼓の巡回時に祭りの人達はビールやお酒やその他の飲み物を飲んだりするのですが,ゴミ収集のための曳き車も巡回しゴミを残さないようにしていました。
キリコは神輿とは別のルートで先回りして,領家の大鳥居のところに集結しお弁当を食べて神輿が来るのを待ちます。キリコは完全に車輪付のものとか、車輪を簡単に外せる組み立て式のものとか、全く車輪が付いていないものとかバラバラです。車輪が外せるキリコは領家の大鳥居のところまでは車輪付きで移動して、大鳥居のところで車輪を外して、富木八幡神社まではちゃんと担いで行くようです。
キリコの関係者の人の話も聞けたのですが,八朔祭礼の1日目はキリコが主役で,2日目は神輿が主役なので,2日目の今日はキリコの数が少ないということでした。最終的には約10台のキリコが巡回したようです。
神輿を担ぐのは男性だけですが、キリコは女性も担いでいました。キリコは18:30に灯りがともり領家の大鳥居を出発しました。

富来八朔祭礼の神輿の町内巡回の画像 富来八朔祭礼の神輿の町内巡回の画像 富来八朔祭礼の増穂浦海岸の画像
富来八朔祭礼の増穂浦海岸の画像 富来八朔祭礼の増穂浦海岸の画像 富来八朔祭礼の神輿の町内巡回の画像
富来八朔祭礼の神輿の町内巡回の画像 富来八朔祭礼の神輿の町内巡回の画像 富来八朔祭礼の神輿の町内巡回の画像
2日目キリコと合流し冨木八幡神社で乱舞
17:50に最初の神輿が領家住宅バス停近くに到着し食事休憩に入ります。その後キリコが待機している領家の大鳥居に合流し18:30に最初のキリコが出発するのに続いて一緒に冨八幡神社を目指します。
途中休憩をしながら最初のキリコが冨木八幡神社に着くのは21:45でした。
冨木八幡神社へ入る前には神社の鳥居の前で、1台ずつの乱舞が行われ、大きなキリコは何度も入場を試みながらも入場できず,その度に引き返し,
なかなか入場しません。八朔祭礼には特にクライマックスという場面は無いのですが、この時が一番の見所と言えるのかもしれません。
キリコや神輿は鳥居を潜らず、横の坂を登って神社の境内に入場します。冨木八幡神社の境内では1台ずつ乱舞をして神社の拝殿を伺います。乱舞は次のキリコや神輿が来るまで続けられます。冨木八幡神社の境内の乱舞を見る一等席は冨木八幡神社内の階段を登った欄干の部分ですが、さすがに部外者は入りにくく、獅子の石像の横(神社から離れている側)に待機しました。この場所は獅子の石像があるため、これ以上はキリコや神輿が迫って来ないし、3脚を一番縮めると石台に立てられるので撮影には便利でした。
冨木八幡神社に全ての神輿が揃うだけでも2時間くらいかかり冨木八幡神社での乱舞は延々と3時過ぎまで続くということですが、翌日は仕事なので22:50に冨木八幡神社を後にしました。
冨木八幡神社から50分かけて市役所支所の駐車場に戻りました。冨木八幡神社から市役所支所まで近道はあるようですが、地理に疎いので仕方ありません。
途中、冨木八幡神社へ向かう地元の人が何人もいました。最初のほうに冨木八幡神社にキリコや神輿で着いた人は、1度自宅へ戻って休憩してから再び冨木八幡神社へ戻っていくようです。

富来八朔祭礼のキリコの町内巡回の画像 富来八朔祭礼のキリコの町内巡回の画像 富来八朔祭礼のキリコの町内巡回の画像
富来八朔祭礼のキリコの町内巡回の画像 富来八朔祭礼のキリコの町内巡回の画像 富来八朔祭礼のキリコの町内巡回の画像
富来八朔祭礼の富木八幡神社の画像 富来八朔祭礼の富木八幡神社の画像 富来八朔祭礼の富木八幡神社の画像
富来八朔祭礼の富木八幡神社の画像 富来八朔祭礼の富木八幡神社の画像 富来八朔祭礼の富木八幡神社の画像