麺屋 輝之介 - 福井の食 美味しいランチ

福井の食 美味しいランチ

福井の食べ物についてのブログです

麺屋 輝之介



今日は「麺屋 輝之介」に行きました。店内はシャレた感じで、普通のカウンター席と、窓側のカウンター席とテーブル席がありました。
1人だという事で、カウンター席に案内されました。
すぐに、冷たい水と、箸が出されました。箸は使い捨てでない箸でしたが、先はちゃんと紙の包装をして出されていました。カウンターには割りばしも置いてありました。他人と同じ箸を使うのに抵抗を感じる人もいるんでしょうね。その後ですぐに冷たい水が入れられたピッチャーも出されました。

メニューを見ると、中華そば720円、大盛820円、白とんそば(魚介、濃厚豚骨)830円、大盛970円、赤とんそば(赤唐辛子、濃厚豚骨)830円、大盛970円、黒とんそば(焦がしにんにく油、とんこつ)830円、大盛970円、つけそば各種920円、大盛1060円などがありました。

今日は、赤とんそば(赤唐辛子、濃厚豚骨)大盛970円を注文しました。
7分ほど待って、赤とんそば(赤唐辛子、濃厚豚骨)が出されました。
麺は極太で、スープはドロドロで濃いです。赤唐辛子は粉では無く、オイル状なっていました。それほど辛くはないです。スープといいうよりタレっていう感覚です。
メンマはマチク (麻竹)の原形をとどめていて甘めの味付けがされていました。味玉子も1個入っていてしっかりとした味付けがされていました。チャーシューはトロトロで厚く、あぶってあるので程よい香りがします。
他で味わった事のないオリジナル性を強く感じたラーメンですし、すべてにおいて拘りを感じさせるラーメンでした。
でもスープは飲み干せませんでした。
美味しかったのですが、しょっちゅう食べたくなるタイプのラーメンではありませんでした。

terunosuke.jpg

麺屋 輝之介の場所はこちら  福井県福井市菅谷2丁目10−22

コメントする