金沢観光情報 【 きまっし金沢 】

金沢の観光    


金沢の観光は兼六園金沢城公園21世紀美術館ひがし茶屋街長町武家屋敷跡主計町茶屋街,忍者寺,尾山神社が中心になります。忍者寺の拝観は予約制なので注意が必要です。金沢の伝統芸能の体験も人気のようです。
金沢の観光の穴場ということでしたら,ひがし茶屋街からすぐ近くの卯辰山山麓寺院群や忍者寺近辺の寺町寺院群野田山墓地などがお奨めです。
兼六園 金沢城 ひがし茶屋街
長町武家屋敷跡 主計町茶屋街 金沢21世紀美術館

金沢の人気の観光スポットは徒歩圏に集まっており散策しながらの観光が楽します。金沢の観光ではひがし茶屋街にしても長町武家屋敷跡にしても駐車場が少なく自動車で周るのは,かなりストレスを感じることになります。バスなどを利用して周るほうが効率よく周れるようです。

金沢の観光地と観光地との距離は,それほどありませんが,金沢駅から主な観光地へはそこそこな距離があります。金沢を観光する場合は最初の目的地まではバスを利用して,観光地間の移動は徒歩やタクシーを利用するのが良いと思います。
金沢の観光地を公共交通機関で周るには金沢の主な観光地を巡る城下まち周遊バスや路線バスを有効利用するのが良いです。北鉄の路線バス(区域限定)、金沢城下まち周遊バスも含めての金沢市内観光フリー乗車券900円(1日間),1回200円の金沢城下まち周遊バスを1日間何度乗っても500円のフリー乗車券もあります。但し,金沢城下まち周遊号は乗車定員が少なく混みあって乗れない場合もありますので注意が必要です。
金沢では土日祝日に金沢駅と香林坊の間を100円で乗車できるバスも運行されているので利用するのも良いでしょう。香林坊から尾山神社,長町武家屋敷跡,金沢城公園,兼六園,21世紀美術館は徒歩圏です。
位置関係やバスの便から考えて,ひがし茶屋街や主計町茶屋街のバス停橋場町からバスの便の良いのは兼六園下バス停近くの兼六園・金沢城くらいです。
最初にひがし茶屋街や主計町茶屋街を見てから兼六園・金沢城に行って,その後に21世紀美術館や忍者寺,長町武家屋敷跡に寄るか,最初に21世紀美術館や忍者寺,長町武家屋敷跡を見た後に兼六園・金沢城に行って最後にひがし茶屋街や主計町茶屋街に寄るのが効率の良い周り方です。

金沢駅でレンタサイクルを借りての観光も,意外な発見ができたりして良いです。
毎週土曜日にはライトアップされている金沢の施設を周るライトアップバス(何回乗っても300円)が運行されるので利用するのも良いでしょう。

金沢には,ひがし茶屋街を中心に金沢市が運営する文化施設が15施設ありますが,1日500円で16施設を何度でも入館できる1DAYパスポートなどの金沢の観光にお得な割引券を有効に利用すると良いです。

金沢の観光での宿泊地としては香林坊近辺の宿がお奨めです。兼六園・長町武家屋敷・尾山神社が徒歩範囲で早朝無料開放の兼六園や夜の尾山神社を楽しむのに便利ですし,魚が美味しい居酒屋も多い地域です。高級な一流ホテルでのリッチな宿泊が希望の場合はJR金沢駅前での宿泊になります。料理が評判の湯涌温泉に泊まるのもお奨めです。きまっし金沢の宿のページでは石川県の観光に便利な地域ごとの宿泊施設の宿予約サイトの料金比較や人気の有無や施設内容を一目で見ることができます。

東海北陸自動車道が全線開通して金沢と飛騨高山のアクセスが随分良くなりました。金沢や能登飛騨高山福井を組み合わせて旅行するのも良いでしょう。金沢への交通アクセスとしては空の便として小松空港を利用することになりますが,小松空港と金沢はかなり離れています。高速直通バスが運行されてますが,空港に行くまでの時間や,空港には余裕を持って行かないといけないなど時間の無駄が多いので,金沢の観光を考えているのでしたらJRのほうが便利だと思います。北陸新幹線が開業して、東京から金沢へは2時間30分で来ることができるようになりました。小松空港と能登空港の石川県の2つの空港を有効に利用して金沢と能登の両方を楽しむという選択もあります。
安く旅行するということでしたら、金沢に停車する高速バスも多いので利用するのも良いと思います。

金沢では四季を通じて,いろんなイベント季節の花を楽しめます。それに合わせて金沢に訪れると,より有意義な金沢観光を楽しめます。特に四季の季節ごとに開催される兼六園ライトアップは無料で見ることが出来るので見逃せません。時期によっては週末日中に,ひがし茶屋街などで,金沢芸妓の芸を見ることができる企画もあり人気です。

金沢では1年を通じて海の幸を楽しめますが,海の幸が最も美味しい季節は冬です。特に11月6日より1月10日に食べられる香箱蟹はお奨めです。
金沢で新鮮な魚を気軽に楽しめるということでしたら回転すしが人気です。金沢の回転すしのお店は以前は郊外にしかありませんでしたが,最近では近江町市場や金沢駅前の金沢フォーラスにも回転すしのお店ができました。金沢では新鮮な魚が食べられる反面,ラーメンなどのB級グルメでは魅力のあるお店は少ないです。

金沢のお土産は伝統ある和菓子や伝統工芸品が中心になります。兼六園近くの石川県観光物産館や金沢駅の百番街では金沢のいろんなお土産を買えるので便利です。




金沢の観光地図の印刷用PDFファイル(780KB)

詳細地図は
マウス左クリックで地図のスクロールも可能です。     金沢の観光の詳細地図の印刷用PDFファイル(約4.5MB)

飛騨高山観光Web 福井観光Web 京都紅葉Web 富山県の観光情報 滋賀県の観光情報