自動車所有にかかる経費
自動車を持つと,自動車の代金のほかに経費がいろいろとかかり,こんなはずではなかったと青ざめることがあったりします。
実際にかかる費用については,自動車の代金の他に駐車料金,自動車取得税,2年に1回の車検時の費用(自賠責保険,自動車重量税他),自動車税,任意保険などがかかります。
条件によっても違いますが,車検,自動車税,任意保険だけで2年間で24万円(1ヶ月平均で1万円)程度かかります。


自動車取得税
自動車取得税は購入した時に支払う税金で,取得価格が50万円以下の場合は非課税です。普通車は5%のようです。中古車の場合は、新車時の価格を基本として、経過年数により残価率をかけて計算した価格が取得価格になります。実際に購入した価格ではありません。
新車を購入する時,付属品を最初からつけずに,後から購入すると付属品分の自動車取得税5%は節約できます。
自動車税
自動車税は毎年4月1日時点での所有者に自動車の排気量によって課税されます。途中で新車を購入した場合は月割りで計算されます。中古車の場合は購入時には払う必要は無いです。オークションの場合は自動車税を月割りにして支払うという条件の場合もあるようです。軽自動車の自動車税は安いです。
自動車重量税
自動車重量税は車検時にかかる税金で自動車の重量(車検証上の重量)によって課税されます。中古車の場合は車検が残っていれば支払わなくても良いです。オークションの場合は自動車重量税を月割りにして支払うという条件の場合もあるようです。13年経過した自動車は自動車重量税が10%高くなるようです。自動車重量税は事業用の場合は安いようです。軽自動車の自動車重量税は安いです。
自賠責保険
自賠責保険は車検時に自動車にかかる保険です。自賠責保険料は乗用車の場合は均一料金ですが軽自動車の場合は安いです。
車検費用
車検について,自動車重量税と自賠責保険の他に法定検査料1700円と整備手数料がかかります。整備手数料はディーラーの車検と車検専門の業者の車検では料金が随分違います。車検専門の業者の車検では整備手数料は12000円程度のようです。ディーラーの車検の場合は,整備手数料が高いのに加えて社内規定により走行距離に従って部品を交換するので車検費用はかなり高くなります。ただ,消耗部品を交換することによって安心感を得られるということで,どっちが得かは考え方次第だと思います。
車検の切れた中古車を購入する場合,中古車のお店で車検して引き渡しになるのが一般的ですが,車検費用は車検専門の業者の車検と較べて割高になるのは致し方ない事でしょう。
リサイクル料
新車購入時には,廃車の時の費用「リサイクル料」がかかります。中古車の場合には平成17年1月以降の最初の車検時に負担しているので,基本的にはリサイクル料を払っていない自動車は無いはずです。
リサイクル料は最後の所有者が負担しなければいけない費用なので,通常は中古車を買う場合に元所有者に払うことになりますが,個人同士の売買の場合は相談して決めれば良いと思います。
リサイクル料は自動車のメーカーや装備によって費用が違います。だいたい1万円程度のようです。
任意保険
自動車を所持する場合,任意保険に入っていないと,事故を起こした時には大変な事になります。自分だけではなく,被害車の人生もめちゃくちゃにしてしまうことになりかねないので,必ず任意保険に入っておきましょう。任意保険に入れないくらいなら自動車を持つのはやめましょう。
自動車の任意保険はネットの損保会社のほうが安くて保障内容も充実している場合が多いようです。