自動車のヤフオクは要注意
自動車のオークションのなかで一般に公開されているヤフオクなどの場合は,自動車の運搬や名義変更などの手続きなどの必要がありますが,Yahooプレミアム会員ならば誰もが参加できます。ヤフオクで自動車を購入した場合、落札価格のほかにリサイクル料金1万円程度と自動車税の月割り(1ヶ月分が3000円程度),陸送料が1万円から4万円程度の負担が必要です。自分で名義変更する場合は,その他の諸経費は5000円程度ですみます。通常の中古車会社の上乗せ価格と較べると比較にならないほど安く購入できます。車種も多いので希望の自動車を探す事ができる可能性が大きいです。その反面、ヤフオクの自動車出品者には悪質な業者が多くなんでもありの世界なので注意が必要です。新しめの人気車種でメインキーがなくスペアキーのみの中古自動車は盗まれるリスクが大きいという話も聞きます。

ヤフオクの自動車出品には不正が横行。
ヤフオクの場合、開始時の価格が1万円とか極端に安い価格から始まっているオークションはお得な価格で購入できるチャンスがある反面、複数IDでの入札で値段を吊り上げたり、希望の価格まで届かない場合はオークション自体を取り消したりする事例が多々見受けられます。
開始時の価格が1万円とか極端に安い価格から始まっているオークションについて、ウォッチリストに登録して終了後にウォッチリストで確認します。スタート金額からかなり高くなっているのに入札履歴がゼロ(0)になっている場合は、希望の価格まで届かなくてオークション自体を取り消したということです。
開始時の価格が1万円とか極端に安い価格からスタートしている出品者について、その出品者が出品している他のオークションをウォッチリストに登録して、終了予定時間に入札履歴をコピーして保存しておきます。その出品者のどのオークションにも同じIDでの入札がある場合は、値段をつりあげていると判断できます。その出品者の評価から過去の出品商品の入札履歴を調べて、どの出品物にも同一IDによる入札があるかどうかを調べても値段をつりあげているかどうかを判断できます。
ryo0806kaede というIDの出品者は複数のID(ari*****、mok*****、g0m*****)を使用して値段をつりあげて、そのIDでの入札以上の価格での入札者が現れなかった場合はオークションを取り消しています。
yjm3n というIDの出品者は1つのID(roa*****)を使用して値段をつりあげて、そのIDでの入札以上の価格での入札者が現れなかった場合はオークションを取り消しています。
komododoragon2007 kconnectionjp ma9109 bu48lls というIDの出品者は値段こそ吊り上げていませんが希望価格以上の入札がなかった場合はオークションを取り消しています。

この点についてYAHOO側に問い合わせしましたが、そういう行為は容認していないと返事は来るのですが、指摘した出品者がその後も同じ行為を繰り返していることからしてYAHOOのほうも容認していると判断されます。


2013年11月にヤフオクでは、1度でも入札があったオークションを取り消すと出品取消システム利用料が設置され、それにともない自動車のオークションについては、1度でも入札があったオークションを取り消すと出品システム利用料3024円が返金されなく、再出品した場合にも新たに出品システム利用料がかかる(自動再出品ではかからない)というシステムに変更になり、、出品したものが予想していた落札金額より安くなりそうな時に入札を取り消すという不正は随分少なくなったようです。

2015年11月に、デジタルメーターでも改ざんできる特殊な機器を使い、自動車修理業者に走行距離を実際の約21万キロから約3万8千キロに改ざんさせるなどして、1日のうちに車検を2度受け、ネットオークションを通じて販売していた事件もありました。軽乗用車を中心に計170台を販売していたということのようです。 「二重車検」(検察)で、実際の走行距離が隠され、車検証に嘘の走行距離が記載されれば、車の購入者が詐欺だと気付くのは不可能に近いとの事です。

日本自動車査定協会(JAAI)に現車を持ち込めば、中古車オークション出品歴のある自動車は手数料1500円で過去の走行距離履歴を調べてくれるそうです。ヤフオクなどに数多く出品する人は、中古車オークションで自動車を入手してヤフオクに出品する場合が多いので、中古車オークションの出品歴のある自動車の過去に登録されている走行距離の履歴を調べることによって、過去に走行距離の改ざんがあったか推測されるということです。
過去に非常に悪いの評価がある出品者には要注意。
ヤフオクで自動車を購入しようと入札する場合は、出品者の悪い・非常に悪いの評価がないか確認しましょう。悪い・非常に悪いの評価がある場合は、評価の内容を確認し、不具合があるのに申告しないで出品した経歴が無いか調べて、いかがわしい出品者からは購入しないようにしましょう。
@車選び.comのオークションは余分な経費を請求される。
ヤフオクで自動車を出品している業者にもいろいろありますが、@車選び.comとして出品している業者は、通常の中古車業者と同様で落札金額の他に諸経費がかなりかかるのでオークションで購入するメリットは感じられません。
最低落札価格ありの出品は安く買える可能性はない。
ヤフオクで最低落札価格ありとの表示の出品は、安く購入できる可能性は皆無です。最低落札価格ありと即決価格の両方設定されている場合は即決価格に限りなく近い価格が最低落札価格に設定されています。こういう出品もオークションで購入するメリットは感じられません。最低落札価格ありで安い価格からオークションを始める制度が必要な理由がわかりません。この値段より高ければ売るという出品は全て、その価格からオークションをスタートすれば明瞭で良いと思うのですけど。
走行距離の状態が不明やわからない自動車は購入しないほうが無難。
ヤフオクで走行距離の状態が不明やわからないと表示されている自動車は、メーターが改ざんされている事が疑われます。こういう自動車には手を出さないほうが無難です。今度自分が売る場合に詐欺罪で訴えられる事も考えられます。
修復歴がある自動車は避けたほうが無難。
ヤフオクで修復歴がある自動車は、外観が綺麗に修復されていても、ハンドルが自然にとられてカーブするなどのトラブルがあったります。修復ありの場合は、修復内容をよく確認し、今後の不具合に結びつかどうか判断して自動車を選びましょう。
点検簿があると安心。
ヤフオクについて点検簿が残っている自動車は少ないのですが、過去の整備履歴がわかったほうが今後のメンテナンスにおいて安心です。オートマチックの自動車の場合、オートマオイルは交換したほうが良いのですが走行5万kmまでにオートマオイルの交換をしなかった自動車は,もうオートマオイルの交換はしないほうが良いということもあります。
車検切れの自動車は避けたほうが良い。
車検切れで予備検査付の自動車の出品があります。軽自動車の場合は手続きが簡単なのですが、普通自動車の場合は陸運局へ自動車を持ち込まないといけないので一般の人には手続きが難しいです

Yahooオークションで自動車を購入した体験記