石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

のた家

今日は「のた家」に行きました。
相当マイナーな場所で、ついでに通る事のない道路に面していて、しかも看板が無いに等しいので、偶然見つけることは、まず無いと思われます。
ネットの情報も皆無に等しく、でもFacebookはあります。但し1月以降はFacebookの更新されていません。
お店には駐車場が3台(後ろに停めれば6台)しかなく、最初13:00過ぎに行ったのですが、4台駐車してあって諦めました。近くに適当なお店がないかと探したのですが見つからず、13:20に再訪したら駐車場が空いていたので入りました。
駐車場で、お店の人と目が合いました(笑)
まだランチやっているか心配だったのですが、小さくOPENとかかれた掲示があったので入店しました。
ドアを開けると、靴を脱いで入るようになっていました。
店内ではJAZZがかかっていて座卓が4つ置かれていてました。
ランチやっていますかと聞くと、やってますというので空いている座卓に座りました。
黒板にメニューが書いてあり、日替わりランチ1000円(デザート付きは+300円)、ケーキセット500円、ドリンク(コーヒー、紅茶、オレンジジュース)300円、おかわりのドリンク100円がメニューのすべてのようです。
日替わりランチを頼むと、今日はポークソテーですが大丈夫ですかと聞かれたので、それでお願いしますと答えました。ドリンクを何にするか聞かれました。アイスコーヒーはありますかと聞くと、まだありませんという事だったのでホットコーヒーを頼みました。

8分くらい待って日替わりランチが出されました。
日替わりランチにはポークソテー、五穀米、海藻のスープ、キッシュ、フレンチドレッシングがかけられた野菜サラダ、アボガドとチーズ入りの野菜サラダ、ニンジンの辛し和え、ダイコンのトマトソース炒め、キューリとナスの炒め物が付いていました。
これでもかこれでもかと野菜料理が付いています。とてもヘルシーです。
ポークソテーは味付けが良くとても美味しかったし、海藻スープと、ニンジンの辛し和えも美味しかったです。
いろんな味を楽しめて良かったです。
どの料理も心がこもっていました。
食後のコーヒーもタイミング良く出されました。

notaya1.jpg
notaya2.jpg

のた家の場所はこちら    石川県河北郡津幡町 太田ろ41-4

焼肉食堂 百万石

今日は焼肉食堂 百万石に行きました。
13:30と遅めだったのでお客はいませんでした。
カウンター席に座るとタオルのおしぼりと冷たい水が出されました。
定食としては、とんちゃん定食810円、ホホ肉定食810円、豚バラ定食918円、若どり定食918円、牛肉定食1242円、牛タン定食1242円、百万石定食1620円などがありました。
今日はホホ肉定食810円を注文しました。
ホホ肉と一緒に、すりにんにくと辛子味噌が出されました。
ホホ肉定食には、ホホ肉と漬物3種、ご飯、豚汁、もやしのナムル、冷たいお茶が付いていました。ホホ肉の焼肉ともやしのナムルは美味しかったです。

焼肉食堂 百万石では、とんちゃんうどんも人気のようです。ちょっと食べてみたいかな・・・

hyakuman1.jpg
hyakuman2.jpg

焼肉食堂 百万石の場所はこちら  石川県河北郡津幡町太田ラ60

与市

今日は、与市で昼食をとりました。
店内には靴を脱いで入ります。1人だと言うと4人掛けのテーブル席に案内されました。すぐに、熱いお茶と、紙のおしぼりが出されました。
ランチは1080円で、お造り膳、天ぷら膳、焼魚膳、海老フライ膳、カキフライ膳、ステーキ膳、豚カツ膳、鶏唐揚げ膳、チゲ鍋膳があります。
今日は、ステーキ膳を頼みました。
10分ほどしてステーキ膳が出されました。
ステーキ膳には、ステーキ、野菜サラダ、焼き鯖、ワカサギの南蛮漬け、筋子、タラバガニの味噌汁、キムチが付いていました。食後にコーヒーかアイスクリームもつきます。
1080円で、この内容は驚きです。
ステーキはお肉が硬めで味付けも濃いめでした。筋子の味付けも塩っぱくて濃いめでした。焼き鯖は冷えていました。
そういう突っ込み所があったとしても、この内容で1080円というのはインパクトがあります。他のランチも食べてみたいと思いました。
津幡のお店のランチって本当にクオリティが高いです。

yoiti.jpg

与市の場所はこちら    石川県河北郡津幡町北中条4丁目11

和食レストラン えん

今日は、珍しく火曜日に能登へ出かけたので、ゲストハウスがやっているカフェに行ったのですが、たまたま臨時休業していて、仕方なく、こちらも水曜日定休の「和食レストラン えん」に行きました。
店頭に日替わり定食の値段と料理内容が掲示してあり安心して入れました。
店内にはカウンター席があり、その他に個室や座敷があるようでした。津幡の和風料理屋さんはこういう感じのお店が多いように思います。
カウンターに座ると、冷たいお茶と、紙のおしぼりが出されました。
お昼のメニューには、日替わり定食(限定15食)800円、おまかせ定食(日替わり定食の小鉢が刺身になっている)1000円、親子丼定食870円、カツ丼定食1230円、焼き魚定食1540円、お造り定食1850円などがありました。ご飯お替りは+100円で、最初からご飯大盛というのもあるようです。
今日は、おまかせ定食(日替わり定食の小鉢が刺身になっている)1000円を注文しました。
7分ほどして、おまかせ定食が出されました。おまかせ定食には、刺身の盛り合わせ、鶏の柳川、大根煮、味噌汁、ご飯がついていました。食後にコーヒーも出されました。
どの料理も美味しかったのですが、刺身3種盛り合わせに入っていたマグロのトロは絶品でした。
津幡の飲食店のランチのレベルって相当高いと改めて感じました。
料理は良かったのですが、入店時から食事を終えてカウンター席で新聞を読んでいた客が、俊の食事中にタバコを吸い始めて、タバコの煙の臭いを感じながらの食事になったのは不愉快でした。
だからカウンター席は嫌いなんです。

en.jpg

和食レストラン えんの場所はこちら  石川県河北郡津幡町津幡ニ558−3

季節料理 和 (やわらぎ)

今日は、季節料理 和 (やわらぎ)に行きました。
店内には、大きなカウンター席があり、その他は個室になっています。個室にはテーブルの部屋や座敷の部屋もあるようです。
メニューを見ると、刺身定食2200円、日替わり定食800円、お子様定食1000円、やわらぎ定食(日替わり定食+刺身)1100円などがありました。日替わり定食と和らぎ定食は平日の昼のみです。
すぐにお茶とタオルのお手拭きが出されました。
今日はやわらぎ定食(日替わり定食+刺身)1100円を注文しました。
5分ほどで、やわらぎ定食が出されました。
やわらぎ定食には、ナスとエビのフライ、野菜サラダ、こんにゃくとゼンマイの煮物、刺身盛り合わせ(イカ、甘エビ、フクラギ)、漬物、御飯、味噌汁、お茶が付いていました。
どの料理も美味しかったですが、刺身の新鮮さは特筆ものでした。特に甘エビは玉子付きで、とろっとした甘さは、そんじょそこらで口にできるものではありません。ランチでこれほどの甘エビの刺身を食べられることは滅多にありません。
満足できる食事でした。
津幡って、美味しいお店が多いなあって思います。

yawaragi.jpg

季節料理 和(やわらぎ)の場所はこちら  石川県河北郡津幡町字加賀爪ル201

焼肉・ステーキ ほがらか

今日は「焼肉・ステーキ ほがらか」に入りました。
店頭にランチメニューが掲示されていました。
ランチメニューはステーキランチ(150g)1500円、ヒレステーキランチ(150g)2000円、ヒレステーキランチ(180g)2200円、サーロインステーキランチ(200g)3600円などがありました。
普段、ランチで1500円は使わないのですが、やっぱりお肉は好きなんですよね。ちなみにランチ営業は平日のみで13:30までです。
店内に入ると、カウンター席もあったのですが、お好きな席にどうぞと言われたので、小上がりの席に座りました。
冷たいお茶と、紙のお手拭きが出されました。
今日は、ステーキランチ(150g)1500円を注文しました。ニンニクはどうしますかと聞かれたので、入れないで下さいと答えました。御飯は大盛と普通と小がありますがどうしますかと聞かれたので大盛を頼みました。
最初にサラダが出されて、しばらくして御飯と味噌汁と漬物が出されました。その後、焼野菜とステーキがのせられたプレートが出されました。
タレに付けて食べて下さいと言われたのですが、最初少しだけ言われたとおりに食べていたのですが途中で、タレをかけて食べました。お肉はそれほど良い肉ではなかったのですが、美味しく食べさせていただきました。野菜(もやしが中心)も量が多く、御飯が大盛だったこともありお腹いっぱいになりました。
食後にオレンジジュースかコーヒーかを選べてコーヒーを頼みました。

お茶は飲み干してあったのですが追加で注いでくれました。

hogaraka1.jpg
hogaraka2.jpg

焼肉・ステーキ ほがらかの場所はこちら  石川県河北郡津幡町庄ヘ71−4

藤よし

今日は津幡の藤よしに行きました。藤よしも水曜日が定休日なので、なかなか行けませんでした。
13:00頃でしたが駐車場がほぼ満車で、1台分だけ空いていたので入れました。
ついでで通るような道では無いのに人気があるんだと思います。
店頭に、ランチメニューが掲載されていたので安心して入れました。
ランチメニューには、Aランチ1000円、Bランチ1500円、Cランチ1800円、ちらしランチ1800円、にぎりランチ1000円、湯豆腐ランチ1000円などがありました。
店内はカウンター席と小上がりの席と、個室形式になったテーブル席がありました。
駐車場は満車でしたが、店内はまだ余裕がある感じで、空いているカウンター席に座りました。
すぐにタオルのお手拭きと、熱いお茶が出されました。お茶は寿司屋定番の熱々の緑茶でした。お寿司屋のお茶はこれでなくっちゃ。
今日はAランチを注文しました。
10分程度でAランチが出されました。藤よしのAランチには、魚のフライとモズク酢と野菜サラダ、貝の味噌汁(写真の外になっちゃいました)、ガリ、柑橘系のフルーツ、寿司盛り合わせがついていました。魚のフライは熱々で美味しかったし、その他の料理の味付けも良く美味しかったです。味噌汁の貝は大きかったです。寿司は、新鮮なものとそうでないものの差が出やすい素材のものは無かったのですが、どの寿司もとても美味しかったです。
これで1000円とは驚きです。満足しました。

藤よしは「能登の食 美味しいランチの飲食店」の1つ星に登録する事にしました。かなり2つ星に近い1つ星です。

hujiyosi1.jpg
hujiyosi2.jpg

藤よしの場所はこちら   石川県河北郡津幡町潟端393−2

洋食とデザートのお店 miel(ミエル)

今日は能登方面の仕事が早く終わったので、昼食は津端の洋食とデザートのお店 miel(ミエル)に行きました。
随分前から、miel(ミエル)の存在は知っていたのですが、昼食時間に津端に行くというのは困難だったのです。
miel(ミエル)は津端のアルプラザのすぐ横にありますが、幹線道路からは外れているので目立ちません。miel(ミエル)のお店には窓にデカデカと「ミシュラン掲載店」という貼紙がしてありました。気持ちはわかるけど、こういうみっともないのは止めたほうが良いと思いました。店頭から本日のランチ980円の掲示が見えるようになっていました。今日は、ふわトロオムライス極上デミグラスソース ポテトグラタンのせ、スープ、ミニサラダ付でした。
店内に入ると、こじんまりした感じで小さいテーブル席とカウンター席がありました。
13:30を過ぎていたので、お客は数組だけでした。1人だと言うと2人掛けのテーブル席に案内されました。すぐに冷たい水と紙のおしぼりが出されました。テーブルにはメニューが置いてありましたが、改めて本日のランチの内容が書かれたメニューを持って来てくれました。こういう気配りは嬉しいです。
今日は本日のランチを注文しました。

最初に、スープとミニサラダが出されました。スープの味には特筆するものはありませんでしたが、ボリューム満点でした。ミニサラダのドレッシングは辛子がきいていて美味しかったです。

miel1.jpg

テーブルの上に、ひといきバイキングって書かれたメニューが目立つように置かれていて、食事+130円 自家製パウンドケーキ(抹茶、チョコ、バナナケーキetc)、自家製ムース、HOTコーヒー、HOT紅茶って書かれていたので、どれか1つで130円ですかと聞くと、どれでも好きなだけで130円ですというので、そちらも頼みました。

ふわトロオムライス極上デミグラスソース ポテトグラタンのせは、デミグラスソースがとても美味しくて、今まで食べたオムライスの中でも最上級の美味しさでした。しかもボリューム満点です。ポテトグラタンのせは、あまりインパクトがありませんでした。

miel2.jpg

お腹いっぱいだったのですが、デザートは別腹ということで、残っていた3種のパウンドケーキ(抹茶、ストロベリー、紅茶)、自家製ムース(生クリーム)、HOTコーヒーをとってきました。今日のひといきバイキングのメニューも掲示してありました。ちなみに、ひといきバイキングはセルフです。

miel3.jpg

今日のパウンドケーキには紫いもとコーヒーもあったようですが、品切れになっていたようです。
個人的にはストロベリーのパウンドケーキと生クリームのムースが美味しかったので、お替りしました。

お水は、減っていたのですが、追加で注いでくれました。

ひといきバイキングが無くても満足したと思いますが、ひといきバイキングがあった事は凄いインパクトでした。

洋食とデザートのお店 miel(ミエル)を、能登の食 美味しいランチの飲食店3つ星に登録することにしました。

洋食とデザートのお店 miel(ミエル)の場所はこちら  石川県河北郡津幡町北中条2-15