石川の食 美味しいランチ

石川の食についての情報です

らーめん 二刀流

すしべん八幡のあったところが、しばらく串カツ屋さんだったのが、いつの間にか閉店して、「らーめん 二刀流」になっていました。
新しいラーメン屋さんができると最初は混雑するのが普通ですが、目立つ場所にありながら駐車している自動車が少ないので、なんとなく期待感が盛り上がらなくて入っていませんでした。
八幡すしべんの時は、住宅の前も駐車出来ていましたが、今は住宅の前には駐車できないようです。
今日は行こうと思っていた3店がいずれもやっていなかったので(水曜日定休なのかも)、入ってみました。
看板が「新旭製麺」と「らーめん 二刀流」の2つあって、ユニフォームは「新旭製麺」になっていました。
どちらが店名なのかネットで検索すると、「新旭製麺」が和倉でうどん屋をやってて、「らーめん 二刀流」はその系列店ということらしいです。検索した時にブラック企業と名指しされていたのは、少し気になりました。
店内はテーブル席とカウンター席がありましたが、カウンター席に座りました。冷たい水の入ったピッチャーとコップが置いてあって、自分で入れるようになっていました。
メニューを見ると、しょうゆとんこつらーめん、みそとんこつらーめん、しおとんこつらーめんがいずれも650円、餃子セット350円、唐揚げセット350円、春巻セット350円、らーめんセット700円、野菜らーめん70円高、チャーシューラーメン230円高などがありました。麺大盛150円高です。

今日はしおとんこつらーめん麺大盛を注文しました。
5分ほどで、しおとんこつらーめん麺大盛が出されました。
麺は、昔ながらの細麺でした。麺がくっついて塊みたいになっているところが、ところどころにありました。
スープは豚骨感はほとんど無く、どちらかというと昔ながらの塩ラーメン風ですが、塩っぱかったです。
チャーシューは厚かったのですが、あまり味がしませんでした。
不味くはないけど、全くインパクトの無いラーメンでした。お客にこういうラーメンを食べさせたいという情熱みたいなものは全く感じられませんでした。
リピートは無いと思います。

nitouryuu.jpg

らーめん 二刀流の場所はこちら  石川県七尾市国分町ラ

コメントする